プロフィール

yamadori0250

Author:yamadori0250
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

20世紀には100年かけて3倍に増えた人口が21世紀の100年をかけてまた3分の1近くに減るのです。

続きを読む
スポンサーサイト
10/30のツイートまとめ
yamadori0250

出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て女を奪ひ返して山の中へ走り込んだ。:『…http://t.co/u3c2nWeFi4 #yaplog
10-30 18:34

『出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て女を奪ひ返して山の中へ走り込んだ。』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/yRkCAlPCNO
10-30 18:18

出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て女を奪ひ返して山の中へ走り込んだ。 http://t.co/kjsi06yOWQ
10-30 18:16

いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て女を奪ひ返して山の中へ走り込んだ。 http://t.co/r0AVX0WXTM
10-30 18:14

ブログを更新しました。 『出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、』⇒ http://t.co/BXNatkoKNf
10-30 18:11

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て http://t.co/5pZBEqna8I
10-30 18:08

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いき http://t.co/vLxTPyvL0X
10-30 18:06

[exblog] 出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て女を奪ひ返して山の中へ走り込んだ。 http://t.co/cAOFILMrfU
10-30 18:03

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いき... http://t.co/suRxQKLQIK
10-30 17:56

『2014年10月29日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/NDLT3uyRAL
10-30 05:01


出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと強いて手を取つて山を下り漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て女を奪ひ返して山の中へ走り込んだ。


『村落伝承論』    『遠野物語』から
三浦佑之        青土社  2014/6/24



<神隠しと境界――封じ込められる神>
・『遠野物語』には、山の中で山男や山女に出会うという猟師たちの体験談が満ち満ちている。それらの伝承に正面から立ち向かって山人論を展開させようという準備も勇気もないのだが、『遠野物語』の山人譚をみてゆくと、それらの話群には二つの傾向があることに気づく。一つは、山に入ってあちら側の者、山男や山女・大坊主・天狗などに出あう話であり、もう一つは、山の中で、以前に里からいなくなった娘に出あい山人との生活の様子を聞くという類の話である。

<1 神隠しに遭う女>
・ある日猟師が、村から突然いなくなった若い娘に、山中で出あう。娘は、隠された後の山男との恐ろしい生活を語り、早く立ち去れ、誰にも言うなと言う。『遠野物語』の神隠しの話はどれもこのような語り方で、ほぼ一定の説話的様式性をもって語られている。たとえば、次のような話である。

A 遠野郷にては豪農のことを今でも長者と云ふ。青笹村大字糠前の長者の娘、ふと物に取り隠されて年久しくなりしに、同じ村の何某と云ふ猟師、或日山に入りて一人の女に遭ふ。怖ろしくなりて之を撃たんとせしに、何をぢでは無いか、ぶつなと云ふ。驚きてよく見れば彼の長者がまな娘なり。何故にこんな処には居るぞと問へば、或物に取られて今は其妻となれり。子もあまた生みたれと、すべて夫が食ひ尽くして一人此れの如く在り。おのれは此地に一生涯を送ることなるべし。人にも言ふな。御身も危ふければ疾く帰れと云ふままに、其在所をも問ひ明らめずして遁げ還れりと云ふ。
                      (『遠野物語』六話)

・神隠しに遭った女は、一度だけ村人の前に姿をみせて、それまでの恐ろしい生活を語るというのが、こうした話のきまった語り口である。『遠野物語』でこの話の次に並べられた第七話の話もほとんど同じかたちで語られているし、『山の人生』にも同様の話は数多く引かれている。ここでは、「長者の娘」と語っているが、これは不思議に出あう女たちに共通する。豪農や豪家など恵まれた家の女たちが狙われるのは、たぶん、神話的な、選ばれた家筋、神に血筋をもつ家の娘=神を迎えることのできる巫女的な存在としての女に繋がっているのが、これらの神隠し譚における娘たちだからであろう。巫女を説話的に語れば、美しく豊かな家の女というふうになるのが、説話表現の様式性である。出あった猟師がすぐに鉄砲を撃とうとすると語るのも、この類の話には多いのだが、そこには山中で不思議に出あった猟師たちの恐れの言語化があると読める。だから娘に出あって話を聞いただけで逃げ帰るといった類型化された展開をとる話が多くなるのである。

・女の語る境遇も、よく似た語られかたをする。いずれの場合も怖ろしいものの妻になっており、だから当然子供も生まれたという。しかしその子は「すべて夫が食ひ尽して」しまったと語る。第七話でも女は、「子供も幾人か生みたれど、我に似ざれば我子非ずと云ひて食ふにや殺すにや、皆何れへか持去りてしまふ也」と語っている。
 
・子供を食ってしまう(らしい)という共通した語り口をとるが、それは、「自分には並の人間と見ゆれど、ただ丈極めて高く眼の色少し凄し」(第七話)と語られている相手の男が、普通の男のようでありながら、ただの人間ではないということを語るための象徴的な描写だということを示している。たとえば、昔話で、山の中の一軒家に棲む山ん婆が囲戸裏に架けた鍋の中で赤ん坊の肉をぐつぐつと煮ており、押し入れのなかには人の骨をいっぱいに押しこんでいたなどと語るのと同じことなのである。
 もちろん、いつも一人で逃げ帰るのではなくて、勇気のある猟師が、出あった女を連れ帰ろうとしたというふうに語られる場合もある。

B 女は猟人に向って、お前と斯うして話して居る処を、若しか見られると大変だから、早く還つてくれと謂ったが、出逢って見た以上は連れて還らねばすまぬと、強いて手を取つて山を下り、漸く人里に近くなったと思ふ頃に、いきなり後から怖ろしい背の高い男が飛んで来て、女を奪ひ返して山の中へ走り込んだ。          (『山の人生』)
 
・一度山に入り、恐ろしきものの妻になった女は、二度と元の里にはもどることができないのである。ただ一度だれかに出あうのは、彼女たちが確かに怖ろしきものの妻であることの存在証明なのだ、と説話表現の面からはいえるだろう。

・殊に自分たちが大切な点と考へるのは、不思議なる深山の婿の談話の一部分が女房にも意味がわかつて居たといふことと、其奇怪な家庭に於ける男の嫉妬が、極端に強烈なものであつて、我子をさへ信じ得なかつた程の不安を与へて居たことである。即ち彼等は若し真の人間であつたとしたら、あまりにも我々と遠く、もし又神か魔物かだつたといふならば、あまりにも人間に近かつたのであるが、しかも山の谷に住んだ日本の農民たちが、之を聴いて有り得べからずとすることが出来なかつたとすれば、そは必ずしも漠然たる空夢ではなかつたらう。誤つたにもせよ何等かの実験、何等
かの推理の予め素地を為したものが、必ずあつた筈と思ふ。
 
・相手の男は、人のようで人でなく、人里に出れば人に紛れてしまう(第七話)と語るように人間に近い存在で、そう語ることで山人への恐怖は増幅されているのだが、そのあたりのことを柳田はうまく表現している。そして、彼がこうした話の背後に「何等かの実験、何等かの推理の予め素地を為したものが、必ずあつた筈」だと考えたのは、<日本の先住民としての山人>の実在を考えていたからである。


『秘密結社』
綾部恒雄  講談社    2010/10/13



<異人と祭祀的秘密結社>
・メラネシア又はポリネシアの社会生活の概念となるものはいわゆる秘密結社である。

・そのようなメラネシアやポリネシアの秘密結社の考察は、その様相、変型、フォークロア化の点で、日本文化史に与える暗示はきわめて深いと述べている。

1. 異人が幾度にか、季節を定めて訪来したこと。
2. 異人は先住民より亡魂、又は死者そのものと考えられたこと。
3. 異人は海の彼方から、来るものと信じられたこと。後には、山中の叢林より来るとも信じられるに至ったこと。
4. 異人は畏敬されつつも平和的に歓待されたこと。
5. 異人は食物の饗応、殊に初成物を受けたこと。
6. 異人は海岸地に住まずして山中の叢林に住みしこと。
7. 異人はdual organization の構成の原因となりしこと。
8. 異人が土民の女と結婚する必要ありしこと。
9. 異人とその女との間に出来た子供が特殊な社会的宗教的性質を有せしこと。
10. 異人は入社式、男子集会所の起源をなしたこと。
11. 異人はその異人たることを表徴する杖、及び「音」を有せしこと。
12. 仮面が男女二つあること。女異人が山中に住むということ。
13. 異人が訓戒、悪事摘発をなし、豊作をもたらし、又はもたらさしめんことを任務としたこと。
14. 異人が季節殊に収穫季、冬至に関係したこと。 
15. 異人は季節が来ると、その出現を期待されたこと。
16. 異人若しくは神は常に村にとどまらないと信じられたこと。
17. 異人の出現の際は女子、子供は閉居したこと。
18. 異人のタブーが財産の起源となったこと。
19. 異人がフォークロア化して遊行歌舞伎団となったこと。
20. 遊行人は異装し、杖と音とを有し、饗応を強制し、或は掠奪を敢えてし得ること。
21. 遊行人が神話、神の系譜を語り、或は之を演技で表現すること。多く季節と関係して。
22. 遊行歌謡団から伊達者(man―woman)が発生したこと。
23. 彼等は民間信仰に於いては、侮蔑されつつも亦高き階級に属すとされたこと。

・すでに触れたように、岡の考察はメラネシアの社会史を範例として行われたのであるが、これらの異人にまつわる表象、状況、発展について暗示された諸項目は、アフリカの祭祀的秘密結社の成立の事情を辿ることによっても、確認することができるのである。
                                                                                     

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・「山人」や「異人」の正体は分かりませんが、「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ということから、オリオン星人かその末裔の可能性もあるそうです。戦後、米国に現れたMIB/メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)はオリオン星人で人類に5万年進化しているともいわれています。その超能力はすさまじくテレポート(瞬間移動)もしたそうです。オリオン座は、神々の故郷であるとともに、羽の生えたドラコ人や長身のグレイ・タイプのリゲル人など「暗黒の勢力」のオリオン・グループの経由地としても知られているようです。爬虫類的異星人(レプティリアン)も進化の程度が進んでおり、人間タイプは知性的な顔をしているそうです。昔の天狗もオリオン星人系列の宇宙人だったようです。

・『遠野物語』の異人や山人も異次元のアストラル界に出入りしていたのかもしれません。オリオン星人は幽体離脱が自由に出来て、幽体でアストラル・トリップして、アストラル界の住人となっているのかもしれません。またオリオン星人は非常に階級意識が強いともいわれます。さらわれた女もアストラル界に引き込まれたのかもしれません。神智学で言うアストラル界やエーテル界は細かい粒子の世界の異次元で神々や天使のような進化した宇宙人が住んでいるようなのです。またモンスター・タイプの宇宙人も住んでいるともいわれています。

・「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」ということで、宇宙人によるアブダクション(誘拐)の事例だったのかもしれません。異類婚姻譚の話も昔からありますが、異類混血を進めていたのかもしれません。とにかく、近代警察ができた明治時代からでも全国的に“神隠し”は多かったそうです。

・「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」、「神々も市井の人となり普通の生活をしている」ともいわれ、進化している宇宙人(神々や天使)は、人間の肉体や精神体に憑依して誰も分からないようです。現代の神話もアバブ・トップシークレットでタブーのようです。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/29のツイートまとめ
yamadori0250

金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か。山男はこの童話以外にも「祭りの晩」「紫紺染について」など賢治の他の作品に登場しまた柳田国男の『遠野物語』でも幾度か触れられているように:http://t.co/BNKqmHmwEA #yaplog
10-29 16:45

金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か http://t.co/KDA4pziOF3
10-29 16:36

ブログを更新しました。 『金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か』⇒ http://t.co/cXH12rhclN
10-29 16:34

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か。 http://t.co/Uwj8xuKjFv
10-29 16:30

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か。山男はこの童話以外にも「祭りの晩」「紫紺染について http://t.co/ZmAcdoa9Sv
10-29 16:29

[exblog] 金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か。 http://t.co/TB36sSYHMG
10-29 16:26

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か。山男はこの童話以外にも「祭りの晩」「紫紺染について... http://t.co/FZcFAQ8aqj
10-29 16:17

『2014年10月28日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/trhoD7UWsK
10-29 05:02


金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か。山男はこの童話以外にも「祭りの晩」「紫紺染について」など賢治の他の作品に登場しまた柳田国男の『遠野物語』でも幾度か触れられているように東北地方の民間伝承につたえられる人のようで人でない妖怪のようなものである。





『コレモ日本語アルカ?』    異人のことばが生まれるとき
金水敏     岩波書店   2014/9/11





<宮澤賢治の「山男の四月」>
・宮澤賢治の童話「山男の四月」は、有名な童話集『注文の多い料理店』(1924年刊)に収められている。「どんぐりと山猫」「注文の多い料理店」「鹿踊りのはじまり」等、よく知られた作品がいくつも収められているなかで、「山男の四月」は今日、他の作品に比べてかなり知名度が低い。

・「山男の四月」の粗筋を振り返っておこう(「青空文庫」などインターネットで全文読むことができる。短い童話なので、ぜひご一読いただきたい)。

兎をねらって歩いていた「山男」だったが、兎はとれないで山鳥がとれた。日あたりのいい南向きのかれ芝の上に寝ころび、仰向けになって碧い空やふわふわうるんだ雲を見ていると、「なんだかむやみに足とあたまが軽くなつて、逆さまに空気のなかにうかぶやうな、へんな気もちに」なった。そして「雲助のやうに、風にながされるのか、ひとりでに飛ぶのか、どこといふあてもなく、ふらふらあるいて」七つ森までやってきた。まもなく町へ行くが、町へ入っていくとすれば、化けないとなぐり殺されるので、木樵のかたちに化けた。町の入り口にある、いつもの魚屋の前で章魚の立派さに感心していると「大きな荷物をしよつた、汚ない浅黄服の支那人」が支那反物か六神丸を買わないかと声をかけてきた。山男は「どうもその支那人のぐちやぐちやした赤い眼が、とかげのやうでへんに怖くて」しかたがない。買う買うと言うと支那人は見るだけでもいいと言い、さらに赤い薬瓶のようなものと小指くらいのガラスのコップを取り出して、薬をのめと言い、自分もかぷっと呑んだ。山男は支那人の指も細くて爪も尖っていてこわいと思ったが、薬をのんでしまった。すると自分の体が六神丸になって、行李の中にしまわれてしまった。行李の中には、先に六神丸にされた別の男もいて、話を始めた。支那人が静かにするように言うと、山男は逆に人前で「どなつてやる」と脅かした。支那人はそれは困ると泣き出した。山男はかわいそうになって、町に入っても声をださないようにすると約束した。別の六神丸にされた男は上海から来たと言い、外の支那人は「陳」という名前であることを教えた。また、そばにある丸薬を呑めば体も元通りになることを教えた。山男は、陳がひとりの子供にまた薬を飲ませて六神丸にしようとしているのに気づき、丸薬を呑んで元の大きさに戻った。陳はびっくりして水薬をのまずに丸薬だけ呑むと、背がめきめき高くなって、山男につかみかかろうとした。山男は足がからまわりし、と
うとう陳に捕まれられようとしたとき、夢から覚めた。すべては春の日の夢の中の話だった。

 まず、この童話の主人公である、金色の目、赤い顔、赤い髪の毛をした山男とは何者か。山男は、この童話以外にも「祭りの晩」、「紫紺染について」など賢治の他の作品に登場し、また柳田国男の『遠野物語』(1910)でも幾度か触れられているように、東北地方の民間伝承につたえられる、人のようで人でない、妖怪のようなものである。『遠野物語』の山男が概して恐ろしい存在として語られているのに対し、「山男の四月」の山男は、にしね山で兎狩りをするが、兎はとれず山鳥がとれてしまい、でもそのことにすぐ満足してしまうようなのんびりした性格を持ち、町の人を恐れて木こりに化けるという小心なところがあり、また自分をだました「支那人」にさえすぐ同情してしまうような素朴な心を持った好ましい人格として造形されている。宮澤賢治自身の自我が投影されているところもあるのだろう。



・インターネットの電子図書館『青空文庫』で“宮澤賢治”も“柳田国男”も読めますので便利です。
________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・赤い顔をした「山男」の正体は不明のようです。岩手県の花巻市の童話作家、宮澤賢治については研究者も多いようです。amazonに「宮澤賢治」といれると270件が分かります。『遠野物語』でも「山男」や「異人」は、怪奇な伝承がつきまといます。この「山男」はフィクションですが、実際にはどうも正体が分からないのです。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」ということで、「人さらい」や「神隠し」の犯人として、怖れられ憎まれたようなのです。「異人殺し」もあったようです。「山男」や「異人」と山里の人間の関わり合いはいろいろとあったようなのです。また昔は全国的に河童と人間との関わり合いもあったようなのです。

・「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説があるそうです。そうすると「山男」や「異人」はオリオン星人かその末裔だったのかもしれません。現代の米国に現れたオリオン星人はいろいろと種類があるそうです。ハリウッド映画にもなった「MIB」「メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)」は、オリオン星人であったともいわれています。オリオン星人もいろいろと種類があり、羽の生えたドラコ人とかグレイの長身タイプのリゲル人とか、邪悪なオリオン星人と言われるグループもあるそうです。その昔「オリオン大戦」というスター・ウォーズもあったそうです。またプレアデス星人も昔から東北地方に来ていたそうです。

・アメリカのダルシィの秘密基地やアメリカ政府と異星人の密約については過去において、色々と書籍で報告されてきたようです。「(標準的グレイ族)=身長1メートル20センチ前後。レティクル座ゼータ星出身。(長身グレイ族)=身長2メートル10センチ前後。オリオン座リゲル系出身。(ドラコ族)=レプティリアン(爬虫類人)で身長2メートル前後。肌の色は白くて有翼。オリオン座ドラコ星系出身。基地全体を統括する支配階級。(レプトイド族)=身長2メートル前後。恐竜から進化した地球の先住民らしい」とのこと。以上の異星人については、詳しい情報は分かりません。アメリカ政府は、ラージノーズグレイと呼ばれるオリオン星人と秘密協定を結んだといわれています。

・オリオン星人は人類に5万年ほど進化していますが、人間タイプもいるらしいのですが、異類異形ということで、ひたすら情報は国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いのようでした。これらの異類異形の異星人は、日本の過去の歴史におきましては、神としての眷属の龍神、鬼、羽のある烏天狗や式神など、ヒューマノイドではない異星人のようです。『遠野物語』の異人は人間タイプのオリオン星人だったのかもしれません。また米国にいるオリオン星人は「人間の魂の交換」もできるともいわれています。いわゆる『暗黒の勢力』のオリオン星人の一派なのかもしれませんが正確には分かりません。

・ところが話が複雑になりますが、オリオン座は、「光の主達」の故郷であり、「銀河系委員会」の故郷でもあるそうです。つまりオリオン座は神々の故郷であり、アルクトゥルスを中継基地に使っているそうです。が、「『暗黒の勢力』は、自分たちの基地はオリオン大星雲にある、と私達に思いこませようとするが、彼らは、単にそこからやって来たにすぎない『落ちた者』で、依然として周辺にまつわりついているだけなのだ」ということです。「光の主達」と「暗黒の勢力」が複雑に絡み合っているようなのです。単純に言えば、神と悪魔がコンタクトしてる状態でしょうか。

・また「私達が、いる宇宙領域において、『暗黒の勢力』と彼らが支配する悪の帝国(正式名は『正義を任ずる諸世界帝国同盟』)の本拠地は大熊座にあり、ドラコニスを主要作戦センターとしている。私達の太陽系においては、冥王星を中継基地に使い、地球から見えない方の月面を地球への侵入基地に使っているが、両基地とも昔から存在している協定に違反している。地球ミッションの人員は『連盟』にしろ『帝国同盟』にしろ、比較的少なく、その役割も大半が「監視活動と互恵的平和維持活動」に限定されている」とのことです。

・「“透明人”とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人」といわれていますが、“透明人”というのが神々のようです。そして「シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である」ということで、天使のようなシリウス星人も神々に創造されたようなのです。“透明人”も地球に来ているのかもしれません。「ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれています。それにオリオン星人はテレポート(瞬間移動)も自在にできますが、これが私たち一般人は、理解不能だそうです。「進化した宇宙人は人間の肉体や精神体に憑依するので誰にも分からない」ようです。現代の神話は知覚できないようです。


***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/28のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月27日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/LVPQrtiJxB
10-28 04:57


10/27のツイートまとめ
yamadori0250

「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれを意味している。「承継こそ最大の戦略」なのである。:『100年経営』    世…http://t.co/DoPPdeQRNq #yaplog
10-27 19:21

『「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれを意味している。「承継こそ最大の戦略」なのである。』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/r8A8ESB6JM
10-27 19:12

「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれを意味している。「承継こそ最大の戦略」なのである。 http://t.co/fYJNcMsxJo
10-27 19:10

「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」 http://t.co/NWiG2iGoeL
10-27 19:08

ブログを更新しました。 『「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのは』⇒ http://t.co/M7Yzf4p2oy
10-27 19:06

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれを意味している。「承継こそ最大の戦略」なのである。 http://t.co/ciihWgRi1b
10-27 19:00

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれ http://t.co/nQX5e7j6tF
10-27 18:59

[exblog] 「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれを意味している。「承継こそ最大の戦略」なのである。 http://t.co/4C4yiJmOpM
10-27 18:57

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれ... http://t.co/erMUolzuRA
10-27 18:47

『2014年10月26日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/naU47iq71Q
10-27 04:58


「私のコンサルティング経験の約60%は本質的には事業承継にまつわる課題であった」と申し上げたのはこれを意味している。「承継こそ最大の戦略」なのである。



『100年経営』    世紀を超えるマネジメント
若松孝彦    ダイヤモンド社       2011/3/18



<7つの経営プログラム>
・100年先を見つめて、会社存続のために何をするべきか、「7つの経営プログラム」で会社の未来をつくる!
☑粗利益率40%・経常利益率10%・連続10年
☑1T3Dナンバーワンブランド戦略
☑究極の資源配分、承継こそ最大の戦略
☑社長を10人育てるサテライト組織
☑語り継ぐ経営システム
☑100年カレンダーをつくる
☑STSで変革をマネジメントする

<100年後、私はこの世にいない>
・私は経営コンサルタントとして、20年間で約1000社の会社に経営アドバイスをしてきた。中小企業から中堅・上場企業まで、企業再生や成長戦略の策定など、多くの経営の修羅場や戦略の現場を経験してきた。また潰れる会社、勝ち組企業、老舗企業など、企業の栄枯盛衰をそばで見てきた。「会社」とは、本当に不思議な生き物だと思う。
「会社は操業50年で老舗、100年で時代、200年で歴史になる」

<老舗企業の研究本ではない>
・「存続するために会社は何をすべきか」この悩みを少しでも持っているなら、その「問い」には真剣に答えたつもりである。

<変化をマネジメントできる会社>
・成長の前に変化ありき、経営資源の再配分のない成長は膨張である。100年経営を実現するためには、「変化をマネジメント」しなければならない。これが、会社存続の絶対的な経営技術となる。脱皮できない会社は消えるのである。

<会社を変えるチャンスは3回訪れる>
・「赤字」「不況」「継承」。会社を変えるチャンスは、3回訪れる。好況時の変化は、膨張である可能性が高い。不況時やピンチのときの変化が、真の成長である。

<日本経済の100年経営プログラムを考える>
・経営の現場から日本経済や地域経済を眺めたとき、大きな危機感が生まれてくる。本書で述べる100年経営プログラム(無借金経営システム、存続エンジンの開発、承継戦略のシナリオ、自律する組織デザイン、ミッションマネジメント、後継者育成カリキュラム、100年経営の階段)を、日本経済の運営に当てはめながらお読みいただくと、経済政策的な学び方ができるかもしれない。

・例えば、7つの経営プログラムでアプローチしたとき、「無借金国家経営システム(現実は借金漬け)」「存続エンジンとして3つ以上の世界ナンバーワン産業づくり(従来の競争力産業の地盤沈下)」「100年先まで世代継承できるシナリオ(人口減少と高齢化社会)」「ナンバーワン産業を生み出し続ける国と地方の組織デザイン(中央集権の組織体制)」「あるべき姿を描いた経営資源の再配分(使命感なき目先重視の政策)」「次代のリーダーを輩出して育成する仕組みづくり(頻繁に変わるリーダーたち)」「将来も日本が成功者であるための階段(破綻国家への下り坂)」となる。

・残念ながらカッコ内が現実であり、本書で提唱している100年経営プログラムとはあまりにもかけ離れている。これは何を意味するのか。このままでは、「日本経済の寿命が、会社の寿命を決める」ことになる。

<会社寿命はいつの時代でも「四択」>
・会社の運命は、4つのコースから選択しなければならない。存続、売却、廃業、倒産である。会社は「続けるか、売るか、やめるか、潰れるか」と常に隣り合わせの運命にある。その運命はリーダーの腕前、舵取り次第で決まる。

・私の約1000社の経営アドバイスの記録や記憶をたどると、およそ60%は事業承継が経営課題の本質であったように思う。

・タナベ経営の創業者・田辺昇一は、「会社は事業に成功して50点、承継ができて100点」と言った。事業承継は本当に難しい。将来を左右する重要事項でありながら、5年から10年に一度しか発揮しない経営技術だからである。同族企業であれば、20年に一度である。

<日本企業が直面する5つの新しい現実>
現実1 創業200年以上の会社は0.07%、100年では0.5%
現実2 創業5年以内に35%が消え、50年を迎えるのは5%
現実3 社長の高齢化
現実4 20年間で約100万社が消えている
現実5 倒産、廃業、売却の増加

<現実から見える未来>
・新しい5つの現実を線でつないでみると、次のような構図が浮かぶ。
「会社の業績が厳しい→経営の舵取りが難しい→現社長が経営せざるを得ない→社長の高齢化が進む→会社の将来性や魅力が乏しくなる→後継(候補)人材がさらに少なくなる→経営意欲の喪失→廃業(売却)
 私は、この悪循環の構図を「後継者不足の時代」と呼んでいる。「後継者不足」にはさらに3つの真因がある。「なり手不足」「少子化」「悲観論」である。

<社長業の「なり手不足」>
・業績の悪い会社は、例外なく借金が多い。特に中小企業の場合、会社を所有するオーナーと、会社を経営する社長が一体化しているため、社長には債務保証問題がついてまわる。
 同族・非同族にかかわらず、自宅を担保に差し出してまで会社を引き継ぐ人がいなくなっできた。この10年間で、中小企業と金融機関との取引スタイルが大きく変化したことも影響している。金融機関の不良債権処理の中、メーンバンクがそれにふさわしい役割を果たせなくなり、メーンバンクが会社を潰すことすら当たり前の時代になった。会社が倒産すれば社長は丸裸――。会社を起業しよう、社長になろう、社会を変えよう、という気概より、同族後継者ですら「社長という仕事は割に合わない」という意識が優先し始めている。後継経営者の「なり手不足」を招いている。深刻な原因である。

<「100年経営プログラム」を導入せよ>
プログラム1 無借金経営システム。無借金経営――粗利益率40%・経常利益率10%を連続10年以上続ければ、実質無借金になる。

<2つのシェア20%以上>
・次に取り組むべき倍数の「20」は、自社が取り扱う製品・サービス領域で、「2つの市場占有率(シェア)を20%以上にすること」だ。2つのシェアとは、「ターゲット市場におけるシェア」と「得意先内におけるインストアシェア」のことである。

〈存続エンジン 1T3D戦略(事業シフトの法則)〉
・「単品たらふく病気になる、バラバラ少々健康」。おいしいからと言って単品ばかり食べているとバランスを崩し、病気になる確率が高くなる。事業も人間の体と同じである。儲かっているからと言って、一つの事業ばかりをやっていると、いずれ経営のバランスを崩すことになる。
 
・これを予防し、正しく変化(シフト)する戦略を私は「1T3D戦略」と呼んでいる。「1T」とは、1つの「テクノロジー」、すなわち固有技術(真の強み)を意味する。「3D」のDは、「ドメイン」、つまり事業領域の頭文字であり、3つのターゲット事業領域の創造を意味する。

・以上を考慮すると、1T3D戦略の推進は、まず、①水平展開である新規チャネルの参入可能性を検討し、次に、②垂直展開による川下攻略を意識して、③自社ブランドを開発できるよう川上から付加価値コントロール力を構築し、最終的に④川下へ参入してブランド確立を実現する戦略シフトが基本となる。
 
・100年経営を目指す存続エンジンは、「固有技術を生かしてニッチ市場を創造し、“開発見込型ナンバーワンブランド事業”を垂直と水平の展開力で”3つ以上“開発せよ」となる。「会社(事業)の寿命は30年」と言われて久しい。一つ目の事業の柱で30年、三つの事業で90年、限りなく100年に近づくのである。

<次の時代へ新規事業の種をまく>
・1T3D戦略を遂行するためには、存続エンジンとなる「新規事業の種」を市場や組織内にまき、育てなければならない。「まかぬ種は生えない」のだ。

<兄弟経営は3代目までに80%が失敗する>
<承継の無責任――兄弟仲よく、平等に>
<兄弟経営が派閥経営になるとき>
<承継こそ最大の戦略>
・戦略とは、持てる経営資源の再配分である。実は、経営の中で最も大切な資源配分は、会社寿命の90%以上を決める「トップ人事」という資源配分である。

・「戦略の失敗は戦術ではカバーできない。しかし、承継の失敗は戦略でもカバーできない」

・承継の失敗は、会社の成長を5年以上停滞させる。5年間が企業戦略遂行の命取りになることは容易に想像できる。「私のコンサルティング経験の約60%は、本質的には事業承継にまつわる課題であった」、と申し上げたのはこれを意味している。「承継こそ最大の戦略」なのである。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・「天国でも経営コンサルタントが必要である」といわれるくらい経営コンサルタントの活躍のすそ野は広いそうです。私たち一般人は、経営コンサルティングの世界には詳しくはないのですが、企業の存続、サバイバルが難しくなっている状況は、人口減少で、ますますひどくなるのではないのでしょうか。経営コンサルタントを必要としない大企業は別として、動きが激しい現代では中小企業においては、誰かに経営アドバイスを受けたくなるようです。

・会社経営と国家経営は似ているようで違うようです。前者は、会社収益を柱とし、後者は公益、国益を柱とします。ミクロの会社とマクロの社会ということで、会社経営の方が、難しいようです。これからの日本は人口が減少し、2083年には半減のレベルまで到達することが予測されています。将来、国内市場は半減することになりますので、企業経営や国家経営には懸念材料となることでしょう。

・会社社会でもパートなどの労働形態が変わり、サラリーマンの雇用・転職など時代とともに大きな変化が起きているようです。「私のコンサルティング経験の約60%は、本質的には事業承継にまつわる課題であった」ということで、事業承継にも新しい時代の流れが押し寄せているようです。日本における職業の数は約2万8千種類だそうですが、人口減少の時代にむけてどのように変わっていくのでしょうか。


***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/26のツイートまとめ
yamadori0250

核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能なレベルなので、自粛するのが「吉」だろう。平たく言うと、とうてい、その資格がない。:…http://t.co/vwEAv1PpOb #yaplog
10-26 21:53

『核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能なレベルなので、自粛するのが「吉」だろう。平たく言うと、とうてい、その資格がない。』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/gaHP8CD5GM
10-26 21:32

核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能なレベルなので、自粛するのが「吉」だろう。平たく言うと、とうてい、その資格がない。 http://t.co/Q1SKJig6zU
10-26 21:28

核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが http://t.co/baCXNrqzxX
10-26 21:24

ブログを更新しました。 『核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不』⇒ http://t.co/AYQqG7Iats
10-26 21:18

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能なレベルなので、自粛するのが「吉」だろう。 http://t.co/lyNn5uI30a
10-26 21:09

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能 http://t.co/dkQhO5lSLA
10-26 21:05

[exblog] 核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能なレベルなので、自粛するのが「吉」だろう。平たく言うと、とうてい、その資格がない。 http://t.co/ULtYqLLxAU
10-26 21:01

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能... http://t.co/9wCHtiZdNK
10-26 20:41

『2014年10月25日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/DZsa40VoqS
10-26 04:56


核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能なレベルなので、自粛するのが「吉」だろう。平たく言うと、とうてい、その資格がない。


『兵頭二十八の防衛白書』
兵頭二十八    草思社   2014/7/19





<F-22が4機あればシナ軍機200機を始末可能だという現実>
・2014年2月に、太平洋コマンドの米空軍は、F-22戦闘機を4機ひとくみとして、千歳基地や嘉手納基地にローテーション派遣するだけで、中共軍が日本列島や台湾へ飛ばしてくる200機前後の戦闘攻撃機をぜんぶ撃退できるという自信のほどを示した。

<敵がいなくて困っている米空軍>
・空中では「数は力」ではない。いま、世界には。1万5000機もの軍用機が存在する。そのうち米軍機が占める割合は、数量の上では、19%に過ぎない。にもかかわらず、地球の空を支配しているのは米軍機である。たとえば、北朝鮮空軍は、カタログの上では世界の5番目の規模なのだが、誰も相手にはしていない。

<第2次大戦前の兵数に縮小する米陸軍>
・米陸軍は、52万人の現役兵を、2017年までに44万人にまで削減する。陸軍の州兵は33万5000人に減らし、陸軍の予備役登録者も19万5000人に減らす。すべてが完了すると、米陸軍の有事最大動員可能人数は97万人になる。概ね、本格規模の戦争を2方面で実行できる数だと言えるであろう。
朝鮮半島については、65万5000人の韓国陸軍と、450万人もの韓国人予備兵役がいるのだから、米軍は、海からの巡航ミサイルや、空からの爆撃で韓国軍の支援をしてやるだけでも、北朝鮮軍の南侵を撃退できるはずだと見積もっている。

〈兵站革命に直結する命中精度革命が進行中〉
・軍用GPSが実用化された1991年、軍事における新たな「命中精度革命」が始まった。
この最新の「命中精度革命」が、弾薬の消費量(したがって補給量)を長い間の標準量よりも劇的に節約してしまうという趨勢は、歩兵の擲弾発射器の世界にまで及んでいる。

・「命中精度革命」は、狙撃銃の世界でも、まだまだ進行中だ。2014年1月時点で、どんな初心者でも、初弾からいきなり7割の確率で、距離900m先の敵兵に命中させられるという狙撃銃システムが市販されていて、米陸軍がそれを6セット購入したという。

<歩兵の射撃戦闘はあと3年で革命的に変貌する>
<中国「軍による国の支配」と「間接侵略」>
<デタラメ公表軍事支出額についてどう考えるべきか>
・2014年の中共の軍事予算は、イギリス、フランス、ドイツの3ヵ国の軍事予算をあわせたよりも巨額である。もちろん、日本やロシアの軍事予算は、とうに凌いだ。
 GDPにしろ軍事支出にしろ、およそ北京政府の発表数値はすべて「化粧」されたものだ。いやしくも専門家、分析者ならば、その「化粧」の解説をしてくれなくては、存在する甲斐はないだろう。

<軍の腐敗>
・シナ軍は、所帯が大きいうえに古い兵器がやたらに多いので、それを更新するだけでも、精一杯なところがある。最新式の兵器のカタログだけは公表されても、それを支給されているのは、何年経っても、ひとにぎりの看板部隊でしかなかったりする。背景には、兵器刷新や訓練強化のために使われるべき予算が、軍幹部に途中で抜き取られ、将軍たちの私的なビジネスの運転資金に化けている問題もある。中共中央の文官たちは、これを知っていても、どうすることもできない。なぜならそれは最高指導層の文官たちならばみんなやっていることだからだ。

<「老人」という打倒できない敵>
・シナ社会は、1人の退職者を、11人の労働者が養っている。これが2050年までには、1人の高齢者を2人の労働者で支えなければならなくなる。シナの全人口に占める退職者の割合は、いまは13%だが、2050年には30%になる。彼らがひたすら貯金に励み、消費を避けるのは、当然だろう。
 中共指導層が怖れる事態は、やがて老人と若者が、互いに「階級の敵」というレッテルを貼って、マルクス主義的に敵対する未来社会の到来である。

<F-22への対抗は絶望的なロシア空軍>
・米空軍が何か新戦闘機や新爆撃機を採用すると、旧ソ連は必ず、その対抗品を開発して、少し遅れで装備化を果たしてきた。が、冷戦後は、その「鏡像的対抗」政策が、うまくいっていない。F-22ステルス戦闘機に対抗するはずの「T-50」ステルス戦闘機は、いつまでも仕上がらないであろう。

<概括>
・2011年の東日本大震災で痛感されたことも、2014年のクリミア事変で確認されたことも、「いざというとき、ものすごく頼りになるのは、精強でしかも数が多い歩兵だ」との赤裸々の真実であった。一国の非常事態がやってくれば、歩兵は、仮に30万人とか50万人いたとしても、誰も「多すぎる」とは感じないものだ。むしろ「歩兵が足りぬ。困った」と思う人が多いであろう。歩兵ならば、間接侵略も粉砕できる。戦闘機やミサイルやロボットには、そんな仕事はできない。

<核武装でもなくMD(ミサイル防衛)でもなく>
<核武装は自粛するのが「吉」>
・岡目八目と言われるが、東アジアの外側から眺めたら、日本政府がいままで核武装しないでいるのが合理的な政策だと誰も考えない。なにしろレッキとした核武装国で、ならず者国家でもある中共が、中距離核ミサイルで東京に照準をつけている。そしてまた北朝鮮は、その熱望に反して核武装をまだなしとげてはいないものの、もしいつかその核資源を韓国が接収することがあれば、すぐにでもダーティボムぐらいは造って、東京に投射する手段を考え始めるであろう。

・核抑止は近代言語理性に基づく真剣勝負であるが、いまの日本人はその言語理性があるという芝居すらも不可能なレベルなので、自粛するのが「吉」だろう。平たく言うと、とうてい、その資格がない。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・amazonに「核兵器」とうちこめば、786件の書籍が分かります。「兵頭二十八」と入れれば、100冊の書籍がでてきます。日本の核装備には専門家の数だけ見解があるようですが、多様です。5兆円という限られた防衛予算では、現状では核打撃力を米国に依存すべきだという考えが穏当な見解とされているそうです。

・通常兵器の戦闘から、エスカレートして核戦争に至るというシナリオよりも「将来戦の様相」は変化するものと思われるそうです。いきなり核戦争の危機も「20世紀の米ソの核戦争の危機」と同じく、全くないとはいえないそうです。私たち一般人は、軍事専門家ではないので、詳しくは分かりませんが、「日本は核武装すべきだ」というアメリカの有識者が増えているそうです。不思議な話ですが、合理的なアメリカ人らしい話でしょう。

・国会で爆撃装置と給油装置が外された航空自衛隊のF4ファントム戦闘機が北朝鮮の「拉致事件」に何らの「抑止力」がなかったのは残念です。歴史に「もし」ということはありませんが、日本が核兵器を持っておれば、北朝鮮も怖くて「拉致事件」を引き起こさなかったことでしょう。また日本が核兵器を作れば、拉致事件はすぐに全面解決するのかもしれません。それが「核の抑止力」というものだそうです。またロシアのように、領海を犯した不審船や漁船、スパイ船には、容赦なく機銃を浴びせるという戦術が徹底しておれば、多くの拉致事件の被害者は出なかったそうです。

・拉致事件の被害者の数字も多くの説があるそうです。この程度の問題解決に数十年もかかっているのは、政治家の非力が窺われ奇妙な話のようです。「犯罪事件」ですので、「外交交渉」するまでもないことでしょう。担当者は苦労しているようですが、早期に平和解決をしなければならない犯罪事件です。

・日本の核装備には多くの議論と障壁がありますし、タブーになっているので、政治的な議論にはならない日本的な状況のようです。通常兵器が陳腐化して「抑止力」がないので、時代遅れの中古兵器を多く抱えている国は、いきおい核兵器や「貧者の核兵器」といわれる「生物・化学兵器」の研究・生産に熱心になるそうです。

・日本でも「核兵器のリース」等、軍事専門家からさまざまな提言がありますが、核兵器周りの兵器を装備・準備していく必要があるそうです。たとえば、バージニア級の攻撃型原子力潜水艦とか巡航ミサイルとかを輸入かライセンス生産か国産にして徐々に兵器のレベルが上げていく必要があるそうです。私たち一般人も脳天気(ノー天気)で、「すぐそこにある危機」を感じていないそうです。「ソ連は、莫大な軍事費で崩壊した。それと同様に中国も膨大な軍事費で崩壊する」という説もあるようです。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/25のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月24日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/8t8qB0VoED
10-25 04:58


10/24のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月23日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/SyX2kQjg0q
10-24 06:44


10/23のツイートまとめ
yamadori0250

中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうかではなく「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている:『私の第七艦隊』   日…http://t.co/pq4zuvLgbg #yaplog
10-23 23:44

『中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうかではなく「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/3fKZYGAVdB
10-23 23:29

中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうかではなく「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている http://t.co/l3j9h9QEiS
10-23 23:24

国家崩壊が起きるかどうかではなく「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている http://t.co/L8lxTVZ1mV
10-23 23:23

ブログを更新しました。 『中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかど』⇒ http://t.co/tdBB36rta2
10-23 23:21

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうかではなく「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている http://t.co/2maA4INoE8
10-23 23:16

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうか http://t.co/YuaeO52ZGy
10-23 23:15

[exblog] 中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうかではなく「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている http://t.co/VDs2Kl3Gx4
10-23 23:12

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうか... http://t.co/dL5f7J9R1e
10-23 23:07

『2014年10月22日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/kIJdn4yaSg
10-23 04:59


中国共産党体制が崩壊して国家体制がいつ崩れ去るか分からないという危機にある。国家崩壊が起きるかどうかではなく「いつ」崩壊するかが焦点になって来ている

続きを読む
10/22のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月21日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/LxSZ5TqGCj
10-22 04:58

「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自身、超人をこの目で見たのだ。彼は勇敢で容赦なかった。私は彼を恐ろしく感じたよ」:…http://t.co/E9swGJRiYL #yaplog
10-22 04:33

『「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自身、超人をこの目で見たのだ。彼は勇敢で容赦なかった。私は彼を恐ろしく感じたよ」』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/c94WlWd3N3
10-22 04:25

「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自身、超人をこの目で見たのだ。彼は勇敢で容赦なかった。私は彼を恐ろしく感じたよ」 http://t.co/S8iTM9ZGRf
10-22 04:24

「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか http://t.co/aqSxDKZw4s
10-22 04:22

ブログを更新しました。 『「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この』⇒ http://t.co/R7AWtBPiDl
10-22 04:19

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自身、超人をこの目で見たのだ。 http://t.co/8hvBAy5n8A
10-22 04:17

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自 http://t.co/Z7091aV36T
10-22 04:16

[exblog] 「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自身、超人をこの目で見たのだ。彼は勇敢で容赦なかった。私は彼を恐ろしく感じたよ」 http://t.co/hhuuTFVaNp
10-22 04:13

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自... http://t.co/x4E7xvJEHF
10-22 04:09


続きを読む
「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自身、超人をこの目で見たのだ。彼は勇敢で容赦なかった。私は彼を恐ろしく感じたよ」


『フェローシップ』  知られざる宇宙の隣人たち
ブラッド・スタイガー   たま出版   1996/2




<ヒトラーの秘密の探索>
・1942年4月、ドイツのナチスは、幻想主義的な科学者達の遠征隊をある場所へ向けて派遣した。遠征隊は、「内部が空洞の地球」の空洞内にいるとされる軍から、その見解を聞くという目的で編成されたものであった。先端的知識を持つそうした科学者達が探索へと送り出されたとき、ドイツは第三帝国の建設に向けて連合軍打倒ムード一色であったが、当時ゲーリング元帥、ヒムラー長官そしてヒトラー総統は、この地球の空洞内にいる軍を探すという計画に、非常に熱心であった。ヒトラーは、地球はへこんだ皿のような凹状の形をしており、地球の地面の下には別の人間が住んでいるのだと、永いこと信じて疑わなかったのである。
 
・「地球空洞説」を信じていたナチスは、遠征隊をリューゲン島に派遣したときに、この疑似科学的な見解が正しいものであるという自信を確実なものにした。ヒトラー総統の側近達は、総統の考えに心酔していた。すなわち、リューゲン島で「地球の内側に存在する世界」への入り口を発見したという大成功について、ナチスこそが、空洞内に住む「指導者」達との間に混血種の子孫を残す資格を持つ、選ばれた人種の集まりであるということを、その「指導者」達にはっきりと理解してもらう絶好のチャンスであるという考え方である。

・ナチス神話の重要な特徴は、地下に隠れている、パワーに満ちた秘密の種族はその代表者を地上に送り出し、人類に紛れて生活しているという考えであった。選ばれたアーリア人のみの国家を創るという、ヒトラーの狂気ともいえる願いは、どの人種よりも高等な種族として選ばれ、地中に住む超人達との間に突然変異的な新種族を生み出し、英雄、半神的存在、さらには神としての人間を創り出したいという強迫的な願望によるものであった。

・作家のルイス・パウエルスとジャークバーギャーは、第三帝国時代ダンツィヒの統治者であったヘルマン・ラウシュニングの言葉を次のように引用している。ヘルマン・ラウシュニングはヒトラーとの会話の中で、超人とのミュータントを創り出そうというヒトラーの計画についてこう述べている。
「全く新しい人種が今我々の中にいるのだ!」とヒトラーは叫びました。「彼はここにいるのだ!それだけじゃ十分でないとでもいうのかね?君に秘密を教えようじゃないか。この私自身、超人をこの目で見たのだ。彼は勇敢で容赦なかった。私は彼を恐ろしく感じたよ」
ラウシュニングによると、ヒトラーが超人についてこのように話したとき、ヒトラーはある種の恍惚感を感じているようだったという。

・ヒトラーが霊媒師であった可能性を示唆する証拠があるという根強い噂も存在している。事実、彼の生まれたオーストリアの小さな村ブラナウは、昔からヨーロッパの心霊主義の中心地として知られていた。また、アドルフ・ヒトラーはその幼児期、ウィリー・シュナイダーと同じ乳母のもとで育っている。ウィリーは弟のルディーと兄弟二人で、後に世界的に有名な霊媒師として知られるようになった存在である。

・ラウシュニングはさらに「ヒトラーの側近」から、ヒトラーが夜中によく叫び声を上げて目を覚まし、ひきつけを起こしていたと聞いたと主張している。ヒトラーの使用人達の話によると、かつての独裁者は哀れにも小さく縮こまりながらしくしくと泣き声をあげ、「彼」が自分のためにやって来て部屋の隅のそこ(ヒトラーはその場所を指し示した)に立ったのだと大声をあげた。ヒトラーは、「彼」がヒトラーの寝室を侵略するために地下の王国からやって来たのだと、叫び声を上げながら訴えた。

・神秘的な存在の訪問を受けたと主張している為政者はアドルフ・ヒトラーだけにとどまらず、他にも存在する。そうした神秘的な訪問者は、ヒトラーが主張したような「新しい種族」というよりも、非常に古くからいる種族を代表する者達だったのではないだろうか。


『神々の予言』
(ジョージ・H・ウイリアムソン)(ゴマブックス) 1998/9/1



<はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響>
・「地球は、これまで、はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響を受け続けてきた。それは、東洋では『黒い竜』として知られる勢力であり、共産主義や全体主義を推進しているのは彼らである。

・そればかりか、彼等は今、地球の多くの王座、いや、全ての王座に座っているといってもいいだろう。

・あの夜、ベツレヘムの女は、知っていた。彼女は、ある神聖な使命を遂行し続けている者たちが、すでに地球にいることを知っていた。彼等は、遠い昔に地球にやって来て、今なおその使命の遂行に努めている。彼等は、ある偉大な教師に奉仕し続けてきた。その教師は、あるときは、『釈迦』であり、あるときは『ゾロアスター』だった。さらには、『メルキゼデク』であったり、『セム』であったり、その他の様々な賢者だったこともあった。そしてその女は、彼女自身のその生涯における目的が、完全に果たされるのは、地球が『偉大なる変容』を体験する。『ミカエルの日』のために『彼』が再び戻ってくるときであることも知っていた。

・『黒い軍隊』は、今や死の苦悶を体験している。その苦悶の中で多くのものが消滅するだろう。しかしやがて、その怪物は死滅する。そしてそのとき、神に奉仕する者たちは、高らかに喜びの声を上げるだろう」

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・ナチス・ヒトラーが金髪碧眼のアーリア人、ゲルマンの神々「超人」を崇拝していたそうです。そして金髪碧眼のアルデバランの異星人とコンタクトしていたようです。ヒトラーは異次元の「超人達」を感じて知覚していたのかもしれません。宇宙人は科学技術の進んだ国に現れるといわれます。戦後、米国政府が秘密協定を結んだオリオン星人は、人類に5万年進化しているといわれています。そして「人間の魂の交換」ができるそうなのです。

・ゲイは宇宙人の「人格転換」の結果であるともいわれますが、オリオン星人等に「魂の交換」をされたのでしょうか。異次元に宇宙人の多い地域にゲイが増えているそうです。超太古から、さまざまな宇宙人が、人間を創り、人口を増やしてきたそうです。そして、異星人の実験場といえる地球に空飛ぶ円盤に乗って飛来して、人類を観察し実験してきたようです。

・アルデバランの宇宙人も「神人種」ともいわれ、金髪碧眼の神々や天使の「原型のイメージ」になったともいわれています。当然、異次元にアガルタの「光の都市のネットワーク」を創っているとも言われております。ヒトラーもゲルマンの神々、アルデバランの「超人」を非常に恐れていたそうです。アルデバランの異星人も「アストラル界」から地上に出入りしていたようなのです。私たち一般人は、「アストラル界の住人が地上に出入りしている」という概念が理解できません。

・金髪碧眼のアルデバラン星人とか、金髪碧眼のノルディック、金髪碧眼のプレアデス星人、金髪碧眼のウンモ星人、金髪碧眼のケツアルコアトルという具合に「神や天使のイメージ」である、“金髪碧眼の白人種”がヨーロッパには多かったようです。当然、金髪碧眼の宇宙人は、種類が多いようで、混同されて認識されることも多いそうです。東洋人タイプの宇宙人も多いようですが謎のようです。

・ヒトラー・ナチスの「ユダヤ人のホロコースト(大虐殺)」も背景には金髪碧眼のノルディック(金髪碧眼のプレアデス星人)が黒幕としていたという話もあり、驚かされます。金髪碧眼とはかけ離れた風采を持つ、冴えない水彩画家だったヒトラー自身もアルデバランの異星人、ゲルマンの「超人」達から「人格転換」をうけたという説もあるそうです。

・「霊界から来た男、ヒトラーはホワイトブラザーフッド(白色同胞団)のメンバーだった」という奇説もあるそうです。アルデバランの宇宙人、ゲルマンの神々{超人}は、アストラル界を自由に出入りして、ヒトラー・ナチスにコンタクトしたようなのです。戦後も“ヒトラーの幽霊”が出たという話はいくつもあるそうです。

・アメリカ空軍の士官学校の教科書には宇宙人の種類が載っているそうです。アメリカ空軍は133種類の宇宙人を把握しており、エリア51等の秘密基地で「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の研究に余念がないそうです。宇宙連合のコンタクトがドイツから米国に戦後、移ったともいえるそうです。

・神と堕天使の争いから始まって宇宙の2大勢力の争いは、スター・ウォーズとして長く続いており、その反映である地上において、平和な時代よりも戦争の時代の方が長かった理由のようです。「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」、「「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人」とかの話も眼に見えない世界で、正体不明でなかなか地上界への影響は理解できないようです。スター・ウォーズの悪魔の「黒い軍隊」の正体も正確なことは分かりません。「天使は神の秘密諜報員である」といわれますが、オリオン星人は階級意識が非常に強く、いわば軍隊組織のような厳格な階級組織があるのかもしれません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうです。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/21のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月20日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/OQlmA3ffYg
10-21 04:50


「私はあなたが自分自身を知っている以上にあなたのことをよく知っているのです」そうレッド・マンはやさしく言った。

続きを読む
10/20のツイートまとめ
yamadori0250

奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える:『赤の書』C・Gユング    創元社   …http://t.co/36VL9TrxkL #yaplog
10-20 22:48

『奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/No6jhF9l5m
10-20 22:38

奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える http://t.co/c6sZN95lJW
10-20 22:35

赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える http://t.co/RGympPJNQa
10-20 22:33

ブログを更新しました。 『赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。これは悪魔だと考える(2)』⇒ http://t.co/vE7Hp68w58
10-20 22:30

ブログを更新しました。 『赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと(1)』⇒ http://t.co/qCWtWaybbd
10-20 22:27

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える http://t.co/fU63324cuR
10-20 22:21

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤 http://t.co/ZWh5zfVcfq
10-20 22:20

[exblog] 奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える http://t.co/QN8wDgKeG5
10-20 22:17

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤... http://t.co/an915d9gnU
10-20 22:08


続きを読む
奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて背の高い姿全体が赤色に包まれていて髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える



『赤の書』
C・Gユング    創元社   2014/8/21




<赤い男>
・私は自分がある城の一番高い塔の上に立っているのに気づく。それは空気からわかる――私は時間的にはるか昔に戻っている。畑と森とが交互に現れる寂しげな起伏のある土地へと、遠くに私の視線は漂う。私は緑の服を着ている。私の肩には角笛がぶら下がっている。私は塔の見張り番である。私は遠くを見やる。彼方に赤い点が見え、この赤い点は曲がりくねった道を近づいてきて、ときどき森に消えては、また表れてくる。それは赤いマントを着た騎手、赤い騎手である。彼は私の城にやって来る。彼は門を馬で通り抜けている。階段で足音が聞こえ、段がぎしぎしと音をたて、コツコツとノックの音がする。奇妙な不安が沸き起こってくる。すると赤い男が立っていて、背の高い姿全体が赤色に包まれていて、髪の毛さえ赤い。やっぱりこれは悪魔だと考える。(これは、このファンタジーの最初の場面のユングを描いたものである。)

・赤い男 「私が誰だと?あなたは私が悪魔だと考えている。予断はよしてください。私が誰だかわからなくても、私と話をすることができるだろう。すぐに悪魔のことを考えるとは、あなたは何と迷信深い若者なのか?」

・赤い男 「だとすると私はあなたのところにいるのが正しいことになる。長い間私はありとあらゆる国を放浪してきて、あなたのように高い塔に座って、見たことのない物を探している人を求めてきた」

・赤い男 「それは侮辱ではなくて、むしろその逆で、適切なところをついている。しかしながら、私はあなたが思っているような古代の異教徒ではない」
私 「私はそのように主張したいのではない。そういえるほどあなたは大げさでもラテン的でもない。あなたにはギリシア・ローマ的なところがない。あなたはこの時代の息子のようであるけれども、何か並外れたところを持っていると言わねばならない。あなたは本当の異端者ではなくて、われわれのキリスト教と並行して走っている異教徒だ」

私 「神の前では、いつもそのように真剣で、自分自身に対して忠実でありたいし、そう努めている。けれどのあなたの前にいるとそれが難しい。あなたは一種の絞首台の雰囲気をもたらす。あなたはきっと、異教徒と異教徒の子孫が有害な術を教えるサレルノの黒い学校出身の者であろう」

(赤い男はもっと赤くなっていくようで、衣服が灼熱の鉄のように光を放つ。)

・私 「あなたは私を完全には理解できないと思う。生きている人間の中であなたが知っている者と私を比べているのだろう。けれども本当のことを言うと、私はこの時代とこの場所に本来属していないことをあなたに言わねばならない。魔法のために私は久しくこの場所と時代に追い払われてきている。実際は、私はあなたの前に見えている者ではない」

・赤い男 「私はユダヤ人ではないけれども、ユダヤ人を擁護せねばならない。あなたはユダヤ人嫌いに思える」

・騎士の赤は淡い赤みを帯びた肉のような色に変容する。そして見よ、なんという奇跡であろう、私の緑の衣服から一面に葉が出てくる。

・「注意深い人は誰でも自分の地獄を知っているけれども、誰もが自分の悪魔を知っているわけではない。単に喜びの悪魔だけではなくて、悲しみの悪魔も存在する」

・ユングは、第1次世界大戦の前に、理解しがたい夢を見たり、圧倒されるようなヴィジョンを体験したりして、精神的な危機を迎える。そのようなヴィジョンを記録しつつ、後には自分から積極的にイメージを喚起するアクティブ・イマジネーションという技法を用いて、無意識から生じるイメージに関わっていった。その体験を書き留めたのが、本書でもしばしば参照される『黒の書』である。それに基づきつつも、そのヴィジョンや対話をさらに絵にしたり、自分の解釈を入れ込んだりする作業を加えて本に仕上げたのが『赤の書』である。




『ナポレオン・ミステリー』
倉田保雄  文藝春秋   2001/8


<フリーメーソンと情報網>
・半信半疑といった印象を免れないが、フリーメーソンが実在することは確かで、秘密結社だからメンバーのリストなどは発表されていないが、知られている創成期の名士としてフランスだけでも、シャトーブリアン、コンドルセ、モンテスキュー、ヴォルテール、スタンダール、ラファイエット、そしてナポレオンが名を連ねているのだ。

・たしかに、フランスで出版されている『フリーメーソンの辞典』の“ナポレオン一世”の書き出しには「ナポレオン一世がフリーメーソンに帰属していたかどうかは“歴史の謎”として残っている」とことわっている。
 そうした中で、有力説は、ナポレオンは1798年のエジプト遠征の際、マルタ島に加入儀礼を司る集会支部メーソンに加入したというのだが、これには、その当時、マルタ島に加入儀礼を司る集会支部が存在しなかったという反論もある。
いや、実のところ諸説紛々で、たとえば、
・フォンテンブローの森の中で1795年、ひそかに加入した。
・1796年にイタリアのロッジで見かけられた。
・1798、もしくは99年に、エジプトはピラミッドの下で加入儀礼がおこなわれた。
といった具合なのだ。
要するに帰属を示す決め手を欠くというわけだが、愛妻ジョゼフーヌ皇后をはじめミュラ将軍など多くの側近のメンバーシップが確認されていることを考えると、「極めてあり得ること」といえよう。

・では、なぜナポレオンはフリーメーソンにこだわったのかーという基本的な疑問だが、これについて著者はその理由として、ナポレオンにとっての利用価値をあげている。
 つまり、フリーメーソンという国際秘密組織はナポレオン大帝国の建設、拡張、運営に必要不可欠の存在だったということで、コラベリーは結論として、「フリーメーソン・コネクションなくして、ナポレオン大帝国は存在しなかったであろう」とまで言い切っている。

・そのコネクションというのは、国内では官僚と軍人の間のつながり、そして対外的には進攻先の国々における多様な協力者で、とくに協力的だったのは、ウェストファリア、イタリア、スイスのロッジだったそうだ。



『地底人王国』
(エリック・ノーマン)(大陸書房)  昭和51年6月


・地上の支配者の前に「世界の王」が姿を現したか、その使者が現れたという話は数多い。ナポレオン・ボナパルトには、三度に渡って「燃える赤い人」が訪れ、この大武人政治家に予言を与えている。

・「その夜、ナポレオンは、ぐっすりと眠り込んだが、夜明け近く、何か寝室内で動く気配がして、目を覚ました。ナポレオンは、強い光がひとつに集まって火炎の色をした人の姿になっているのを見た。その奇妙な訪問者は、気持ちの悪い声で言った。『私はフランスの赤い人だ。私は昔からフランスの支配者たちの前に姿を現してきた。私は、災厄の近いことを告げ知らせる者だ』」。

・「ナポレオンの不思議な訪問者と、その正確な予言のことについては、ナポレオンの側近や補佐役の人々も耳にしたり、目撃したりしている。その中のある者は、その奇妙な来訪者は、霊界からやって来た『幽霊予言者』だと言っている」。

・「多くのオカルト研究家たちが考えているように、その来訪者とは、迫りつつある破滅のことをナポレオンに警告するために、地球の内部のアガルタ王国から送られた『世界の王』の使者であったのかもしれない」。


『地球に来た神人』 
(ロベール・シャルー)  (大陸書房)  昭和59年


<ナポレオンと薔薇十字会>
・ボナポルト将軍は、そのエジプト遠征の間、テンプル騎士団の伝統を受け継ぐマルタ騎士団の軍事ロッジに入会を許可された。この結社の団長は、当時ホンペッシュの名で知られていたが、彼はあのサン・ジェルマン伯爵(数世紀生きたといわれる謎に包まれた18世紀の神秘的な人物)に酷似しており、神智学者C・W・レッドビーターは、目を惑わされることなく、確かに彼こそ「トランシルバニアの導師(サン・ジェルマンは、トランシルバニアの皇子だったという説がある)」と認めている。

・ 従って、ボナパルトとサン・ジェルマンとが個人的に直接に接触したということは、非常に限られた者だけに許されるテンプル騎士団の秘儀伝授が、サン・ジェルマンからボナパルトに伝えられたと考えられる。


『世界不思議大全』
 泉保也 GAKKEN   2004/6



<パリの「薔薇十字団」>
<完全なる世界の創造を目指した超人集団の謎>
・あらゆる魔術的叡智を体得し霊眼を開く
・人間の姿をとって物質界に現れた高次の霊的存在のローゼンクロイツ

<パリが興奮し時代の英傑が入団を希望した薔薇十字団>
<目に見える姿と目に見えない姿で、当市内に存在している>
・団員は天の周辺に住む神的な一団である。彼らは、分身の術を備えていて、意のままに姿を変えて現れることができる。また彼らは、自分の望む場所に移動することもできる。その他、団員は占星術によって地震を予知したり、都市の疫病の流行を遅らせたり、空中を歩いたり、どんな病気でも治すことができる。

・ヨーロッパ世界には、そうした超能力を持つミステリアスな人物に出会ったという説が無数に残っているのだ。

・17世紀の前半期、ヨーロッパに大旋風を巻き起こした薔薇十字団は、1648年頃、再び忽然とその姿を消してしまう。


『ハイヤーセルフにチャネリング!』
未来を予知したい時、迷った時の秘密の方法
上野正春  星雲社   2010/9/1


<心理学で立証されている「潜在意識」との対話>
・分析心理学は通称、ユング心理学ともいわれ、深層心理について詳しく研究がなされました。この「深層心理」こそ、「チャネリング」において、もっともっと重要な科学的根拠になります。
 ユングのいう深層心理とは「人間の中に秘められたコントロールや認識を超えた無意識の働き」を指し、「潜在意識」とも呼ばれます。

・前世から今世、そして来世へと時を超えても変わらない聖なる本質が「高我」であり、これを「ハイヤーセルフ」と定義します。

<チャネリングは「ハイヤーセルフ」との対話が本質>
・チャネリングは、通常の手段では連絡のとれない相手と会話などを交わすことを指し、その相手とは宇宙人であったり霊魂であったり、神や仏といった存在であったりもします。

・つまり、神の言葉を信者に伝える巫女(みこ=シャーマン)や、青森県の恐山(おそれざん)には「イタコ」や霊媒などの行為もチャネリングに当てはまり、彼女たちを指して「チャネラー」とも呼びます。

・先に記したように「自分の潜在意識」と対話する」という面において、チャネリングは心理学用語のひとつといっても言い過ぎでありません。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・ユングの書いたファンタジー物語ですが、ユングの「赤い男」は、ナポレオンの「燃える赤い人」を連想させます。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」という異人も顔が「赤い」という伝承もありました。また昔の赤鬼、青鬼も日本に来た宇宙人だったという説もあるようです。「宇宙人は見えない人間の精神に侵入してくる」といわれますが、不思議な現象のようです。

・フランス人のクロード・ボリロン・ラエルによると「リラ星人のエロヒムが人間を実験室で創った」そうですが、「人間の魂や精神」をどのように創るのか私たち一般人は、想像を絶します。人類に5万年進化しているオリオン星人は「人間の魂の交換」ができるそうです。ゲイは異次元に宇宙人の多い地域に多いとも言われますが、異次元の異星人の「人格転換」の結果なのでしょうか。見えない人間の精神体に「進化している異星人(神々や天使)」などが侵入できるようですが、マインドコントロールのメカニズムも不明のようです。エロヒムのリラ星人のサタン(悪魔)や堕天使ルシファーの名前は現代風に言いますと「遺伝子科学者の集団の名前だ」そうです。リラ星人も詳しくは分かりませんが、太古に地球規模で世界中に飛来していたのかもしれません。

・サン・ジェルマン伯爵は神人か異人で地球に現れたシリウス星人だったのかもしれません。ナポレオンも異人とのコンタクティだったようです。異人とのコンタクトがなければ、ナポレオンのように偉くなれなかったようです。異人がフリーメーソン組織と秘密裏に関係があったようです。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると「サン・ジェルマンの研究家によると、サン・ジェルマンは1984年から日本に滞在している」という荒唐無稽な与太話もあるそうです。amazonに「サン・ジェルマン伯爵」といれると32件が分かります。サン・ジェルマン伯爵はアセンディッド・マスターの一人ともいわれているそうです。

・異人や神人は秘密結社を通じて、多くの普通の人々の意識改革をしてきたようです。異人の存在は当時でも最高機密だったようです。秘密結社は、トップクラスの段階で、アストラル界に存在している異人や神人を巧みに隠しているそうです。最高幹部クラスが、たとえば、マスター(大師)クラスやアセンディッド・マスターとコンタクトできるのではないでしょうか。

・ナポレオンと「赤い人」。異次元の地球内部のアガルタ王国から送られた「世界の王」の使者に関しても多くの人が言及しているそうです。「赤い服を着た人」とも伝えられております。何が「赤い」のか不明です、日本の異人のように顔が赤いのでしょうか。「世界の王」という神人が存在するのでしょうか。「赤い人」は、異人か神人だったのでしょうか。

・「幽霊予言者」ということですから、突然現れて、突如として消えていったのでしょうか。神人とのコンタクト事例だったのでしょうか。ドイツの「幽霊ハンス」のような話です。「ヨーロッパ世界には、そうした超能力を持つミステリアスな人物に出会ったという説が無数に残っているのだ」と言うことですが、多くの異人や神人が当時のヨーロッパを徘徊していたのでしょうか。そうすると昔から人間社会には「異次元世界の分からないこと」が多いようです。

・またナポレオンの前に異星人がテレポートしてきたのでしょうか。ヨーロッパの謎に包まれた異人と異星人、フリーメーソンは、ヨーロッパ中世から色々な伝承を残しているそうです。そして、「中世ドイツの領主はほとんどが異人かその末裔だった」という話もあります。フリーメーソンと謎の異人たちは、諸説ありますが、正体は、“地球を定期的に訪れている異星人”つまり現代風に言えば、UFOにまつわる“メン・イン・ブラック(MIB)”のような異星人といえるのでしょうか。映画にもなった「メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)」も地球を去ったのでしょうか。「メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)」はテレパシーを使いテレポート(瞬間移動)ができて、天使や悪魔のように異次元世界に物質化、非物質化ができたそうです。

・メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)はオリオン星人といわれ、人類に5万年進化しているそうです。そのオリオン星人と米国政府が秘密協定を結んでいるようです。「グレイの後に金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジが来て、その後に東洋人タイプが来た」と米軍のアバブ・トップシークレット情報がリークされましたが、赤毛のオレンジも東洋人タイプも詳細は不明です。それでも金髪碧眼のノルディックは割合、知られているそうです。その「東洋人タイプ」には日本に関係する神々もいたのかもしれません。

・薔薇十字団についても多くの記録が消失しているようですが、“超人”などが来て人間の“難病”でも癒してくれればその超能力の凄さが認識されるでしょう。欧米は人種が混じっているので金髪碧眼のウンモ星人も社会に溶け込み、誰も分からないようです。近年では、クラリオン星人のコンタクティ、イタリアのマオリッツオ・カヴァーロが6冊の書籍を日本で出版していますが、ヨーロッパには潜在的な「沈黙のコンタクティ」が多いそうです。ゼータ・レチクル星人や爬虫類的異星人(レプティリアン)も遺伝子操作などで「人間化」がかなり進んでいるそうです。宇宙人が人間の肉体や精神に憑依して、だれも区別ができなくなってきたようです。

・「超能力を持つミステリアスな人物」も現代では、超能力を示さず、“全く普通の人”として社会にとけ込んでいるという話もあるようです。「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視調査し社会生活をしている」そうで、人間の精神体に憑依している場合は、寿命も人間と変わりがないため、誰も分からないようです。「神々も市井の人となり普通の生活をしている」そうで、誰にも認識できないようです。現代風の「神の登場」のパターンでしょうか。「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」ので、格別に問題されなくなっているそうです。

・「日本人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうです。欧米の王室や支配階層を統括するフリーメーソンは、上部ではイルミナティの異人とつながりがあるようなのです。「メイソン結社員でないと商売がうまくいかない」とも米国ではいわれているそうです。フリーメーソンの会員になれば、自分の利益のために秘密を守るので、本に詳細に書く人はいないそうで、本を書く人は結社員でない門外漢ばかりだそうです。

・ユングは心理学で有名ですが『空飛ぶ円盤』(ちくま学芸文庫)という本も書いています。その本はユングが83歳の時に書いた本で、生前に出版された最後の単行本だそうです。「ユングは、いわゆる空飛ぶ円盤を心理的、内的ファンタジーの投影と見る」とのこと。

・チャネリングの能力は超太古には、人は誰でも持っており天使と交信して生活していたそうです。現在でも、宇宙人とはテレパシー(精神感応)で意思疎通するといわれています。

・2012年のアセンションの時代が過ぎましたが、チャネラー(霊的交流者)も増えてきているのでしょうか。異次元の存在とのチャネラー(霊的交流者)が増えてきますと、人間は一段と進化したといえるそうです。

・米国などでは社会に紛れ込んでいるといわれている宇宙人の地球におけるネットワークは、マスコミでもつかめないようです。ハリウッド映画「メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)」のように宇宙人が人間社会に溶け込んでいるというハリウッド映画も多いようです。

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)などの様々な形態の超能力者がいるようですが、『街中の神々』などは、超能力を隠していると誰も分からないのでしょう。「神々も市井の人となり普通の生活をしている」という話もあり、進化した宇宙人は人間の精神体に憑依しますので、その実態が、ますますわからなくなるようです。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/19のツイートまとめ
yamadori0250

アレクサンドル・サン・ティーブ・ダルヴェードルは、アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」について詳しく書いている。:『…http://t.co/649BAqBqNV #yaplog
10-19 23:20

『アレクサンドル・サン・ティーブ・ダルヴェードルは、アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」について詳しく書いている。』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/Zu48Us12Km
10-19 23:09

マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」 http://t.co/8q78uE9cmY
10-19 23:06

アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」 http://t.co/zzwyI3jK0b
10-19 23:04

ブログを更新しました。 『アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下のアガルタ(2)』⇒ http://t.co/kzWXIAZeFW
10-19 22:59

ブログを更新しました。 『アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下のアガルタ(1)』⇒ http://t.co/sQJkO8eVPQ
10-19 22:58

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」について詳しく書いている。 http://t.co/KKmPjSekOe
10-19 22:54

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: アレクサンドル・サン・ティーブ・ダルヴェードルは、アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んで http://t.co/4k4jod3cDf
10-19 22:52

[exblog] アレクサンドル・サン・ティーブ・ダルヴェードルは、アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」について詳しく書いている。 http://t.co/MqUlBV4SpE
10-19 22:49

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: アレクサンドル・サン・ティーブ・ダルヴェードルは、アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んで... http://t.co/PKFvilf5xK
10-19 22:41


続きを読む
アレクサンドル・サン・ティーブ・ダルヴェードルは、アセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」について詳しく書いている。



『カルト・陰謀・秘密結社大辞典』
アーサー・ゴールドワグ  河出書房新社   2010/10/9




<コレシャニティなどの地球空洞化説>
・サイラス・ティード(1839-1908)が設立した宗教・政治・疑似科学カルト。

・末日生徒キリスト教会(モルモン教会)の創設者ジョセフ・スミス(1805-1844)の遠い親戚にあたるティードは、19世紀前半、宗教的熱狂を受けやすい傾向のあったニュ-ヨーク州北部で育った。南北戦争の間は陸軍の兵士だったが、ひどい日射病のため神経症の症状が出て、数カ月間入院した(おそらく後年の彼の精神状態を考えればこの診断は適切であった)。退院後、ティードはニューヨークで医学を修め、ニューヨーク州ユティカにある叔父の診療所に入所した。

・それからわずか1年後の1869年、彼は錬金術の実験の最中に感電し、その瞬間、美しい女性が彼の元に現れ、宇宙の秘密を明かす幻視を見た。死の14年後に出版された最高傑作『細胞宇宙論』(1922)のなかで、彼は宇宙の形が球体で、私たちはその球体の内側にへばりつくようにして暮らしており、太陽と星はこの宇宙球の中央に浮いている、と述べている。

・錬金術的・有機的(物理)世界、もしくは宇宙は、5つの金属、5つの鉱物、5つの地層からできた殻であり、その内部に土地と水のある居住可能な地表がある。このさかさまの地理学から、彼は測地神学を導き出した。
錬金術的・有機的宇宙を本当に解明することで、神の謎が明らかにされる。外部の、もっとも物質的な構造は、意識するしないにもかかわらず、この構造を生み出した精神的な原因が表明されたものにほかならない。したがって、この精神構造が表明され、明らかとなった言葉をきちんと理解することが、人類の起源や運命の歴史を解き明かすことになる。

・ティードは地球空洞説を唱えた最初の人物ではない。1692年、偉大なイギリスの天文学者で、数学者のエドモンド・ハレー(1656-1742)は『極地方の変則的な磁気変動の説明、地球の内部構造の仮説』というタイトルの論文を王立協会に提出し、地球の内部は堅い中心核と二層の中空の球核からできている、と主張した。それから1世紀以上経った後、アメリカのジョン・クリーヴス・シムズ(1780-1829)は、地球の内部には同心円状に4つの入れ子状に重なっている球体があるという理論を一般の人々に講義し、北極と南極にある大きな穴を通ってそこに近づくことができると主張した(各球体の内部にも、同じようにして入ることができる)。

・この考えはオハイオ州の政治家ジェームズ・マクブライト(1788-1859)がシムズの講演を筆記して出版した著書でさらに普及し、エドガー・アラン・ポーもこの説を『ナンタケット島出身のアーサー・ゴ―ドン・ビムの物語』で紹介し、一般にも広く知られるようになった。

・ウィリアム・F・ライオンズは1973年『空洞の地球、または世界の扇動者と調停者』という興味深いタイトルの本を出版した。科学、霊媒の能力、「自明の運命」(19世紀中ごろの思想で、アメリカの領土拡大は神の使命であるとした)といった内容が盛り込まれたこの作品のなかでは、人類が地球の内部にある宇宙を所有した瞬間、次の進化段階に進むことができる、と主張されている。

・オカルト主義者のアレクサンドル・サン・ティーブ・ダルヴェードル(1842-1909)はアセンディッド・マスター(悟りを得た人物)の住んでいるヒマラヤ山脈の下にある地下の空洞「アガルタ」について詳しく書いている。

・もちろん、ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』(1864)は読者もご存知だろうし、また、古典的キャンプホラー映画『モール・ピープル(モグラ人間)』(1956)もシムズの考えを下敷きにしている。エドワード・ブルワー・リットンは『ヴリル――来るべき種族のパワー』(1871)という作品のなかで、地下に住む超人的種族の物語を書いた。この種族は古代の大洪水の避難民で、究極のエネルギー『ヴリル』を利用している。この本の語り手は、ヴリルは今まで知られているものとは異なる自然の力であるといえるが、「これは電気と呼ぶべきだろう」と説明している。
 
・この地下の哲学者たちは、ファラディーなら「大気磁気」と呼ぶであろうヴリルを操作することで、気温――ひらたくいえば気候――を変えることができる、と断言している。また動物磁気、生物電気、オド・パワー
などと似たものだが、指導者がヴリルを科学的に応用し操作すれば、神秘的な恋愛とまではいかないが、人間の精神や肉体にも影響を及ぼすことができる。
 これらをはじめ多くの理論が、デヴィッド・スタンディシュの事典のような『空洞の地球――想像上の不思議な土地、空想上の生き物、進歩した文化、地表の下の驚くべき構造』(2006)のなかで、詳しく説明されている。

・ティードは、空洞の地球(ヒトラーもこの考えに惹きつけられていたという)を仮定した最初の(または最後の)人物ではなかったとしても、空洞説から本格的な宗教を生み出した最初の人物であることは間違いない。奇妙で、一般人には信じられないかもしれないが、コレシャニティは驚くほど理論が詳細で、論理も首尾一貫している。





『レムリアの真実』(シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ)
(オレリア・ルイーズ・ジョーンズ)(太陽出版)2007/5/18


<アガルタ・ネットワーク>
・レムリアの時代、現在カリフォルニア州となっている地域はレムリアの土地の一部でした。レムリア人たちは彼らの土地が滅亡する運命にあると悟ったとき、彼らの文化と記録を保存するため、シャスタ山の真下に都市を建設させてほしい、とシャンバラ・ザ・レッサーという当時のアガルタ・ネットワークの中枢部に願い出ました。
・シャンバラ・ザ・レッサーは、優に4万年以上前にこの惑星の地上からいなくなったハイパーボーリア文明の人たちが住んでいたところです。ハイパーボーリア人は、当時、アガルタ・ネットワークの責任者でした。現在、アガルタ・ネットワークは地下にある120の光の都市で構成されていて、そのほとんどをハイパーボーリア人が占めています。このネットワークのうちの4つの都市にはレムリア人が、2つの都市にはアトランティス人が住んでいます。

・シャスタ山があまりにも荘厳なため、シャスタ山には「大いなるスピリット」が創造したとしか考えられないものが存在する、とアメリカ先住民は信じています。目に見えない小さな人たち、約1.2メートルの背丈しかない人たちが、山の守護者として山の斜面に住んでいるとも信じています。この驚くべき小さな人々は「シャスタ山の小人」として、よく噂されてきました。彼らも物理的な存在ですが、普段は私達には見えない波動を持っています。時折、山の周辺で目撃されることがあります。

<シャスタ山の地下都市「テロス」>
・シャスタ山では、奇妙な光や音がよく見聞きされます。レンズ雲や影、抜群に美しい夕焼け空がこの山のオーラをさらに神秘的なものにしています。レムリアの時代から5次元の都市が今もなお存在していますが、都市への入り口やポータルが数多くあります。シャスタ山には、1万2千年前にムー大陸が沈んだ時に生き残った現代のレムリア人も住んでいます。その通りです、私達のレムリアの兄弟姉妹は生きています。
・シャスタ山の地下都市「テロス」で、身体を持って幸せに暮らしてきましたが、私達の目にはまだ見えない5次元の存在です。「地上」の波動は、目下、3次元から4次元/5次元の現実へと移行中です。 周りには多次元が存在していますが、地上のほとんどの人は、まだ多次元を知覚できるほどには意識を進化させていません。

<山の内部に住んでいるレムリア人>
・山の内部に住んでいるレムリア人は、優雅な存在で、2.1メートル以上の背丈があり、長い髪を自然に垂らしている、と一般的に言われています。白いローブに身を包み、サンダルを履いているとされていますが、とても色鮮やかな衣装を身に着けているのを見た人もいます。彼らの首と体は細長く、美しく忠告されたビーズや貴重な石で作られた首飾りをしているようです。第6感が発達したので、テレパシーでお互いにコミュニケーションすることができます。自分の意志で瞬間移動することも、姿を消すことも可能です。彼らの母国語はソラーラ・マルー語と呼ばれるレムリアの言語ですが、少し英国訛りのきちんとした英語も話します。彼らの住む位置がアメリカなので、英語を第二言語として学ぶことを選択してきたからです。



『幸運力が高まる生き方』
ウィリアム・レーネン   中経文庫    2011/9/25



<シャスタ山にすむさまざまな存在>
<アメリカ先住民たちの聖地「シャスタ山」>
・アメリカ先住民たちは、太古よりシャスタ山をパワースポットとして考えていたのです。シャスタン族、モドック族、アチュマウィ族、アツァガウィ族、ウィントゥ族には、この山にすむ神々や女神たちの物語が伝えられています。ここでは、シャスタ山周辺にいる存在のお話をしたいと思います。

<失われた大陸>
・まずは、シャスタ山の地下にある大都市のお話です。これは、失われた大陸レムリアの一部のことです(じつは今もなお、多くの山にはレムリア大陸が存在しているのです)。ここにすんでいるレムリア人たちは身長が高くおよそ220センチの背丈があります。
 男性、女性ともに、さまざまなスタイルの洋服を着ています。ヘアスタイルは長髪で、それぞれが異なる色をしているのも特徴です。
 
・彼らを目撃したという記録は、過去にも現在にも数多く存在しています。その目撃報告の中には、恐怖を感じたという人たちもいれば、大きな喜びを表現している人たちもいます。
 以前、シャスタ山で数日間も遭難した人々がいました。彼らは、生還した時「こんなに長い間、遭難していたとは思わなかった。自分達は、たった数時間だけ道に迷っていただけだと思っていた」と口にしています。聖なる山での時間は、私たちが、認識しているような時間の流れとは違うようです。また、彼らは、レムリア人たちが安全な道を教えてくれたとも話していました。
・レーニア山、シャスタ山、富士山、チベットのカイラス山はトンネルでつながっているといわれています。
 レムリアのマスターたちは、このトンネルを使ってさまざまな場所に短時間で移動することができます。彼らは、私たちのように時間や距離に制限されていないのです。

<多くの見えない存在が暮らす山>
・レムリア人以外にもさまざまな存在が、シャスタ山にすんでいます。アメリカ先住民たちの伝説の中にはシャスタ山の山頂にすむビッグフットやサスクワッチと呼ばれている存在の話があります。この存在は、毛で覆われているのが特徴です。
 アメリカ先住民以外にヨーロッパからアメリカ大陸へ移住してきた人たちも、ビッグフットやサスクワッチの物語を伝えています。
 
・ヨーロッパやアジアで目撃されているのは、マピンクエイ、スカンク・エイプ、ヨウィアー、ミゴイといった名前で呼ばれているものも、シャスタ山に存在しています。また、シャスタ山の森にはリトル・ピープル(小さい人々)と呼ばれるものたちもすんでいます。
 エルフ、妖精、スティック・ピープル(手足や体が小枝でできているように見える存在)もこのリトル・ピープルに含まれます。
 
・エルフや妖精は人の形をしていますが、とても小さな存在です。多くの人たちはこのようなリトル・ピープルが見えない存在だといいますが、リトル・ピープルは人間の脳を操作して自分たちの姿を見せたいと思った人達にのみ、その姿を見せるのです。

<異次元につながるポータル>
・シャスタ山周辺には多くの人が空中で動いている「光」を目撃したと話しています。このような現象は、宇宙船が地球の大気を通過するときに放出している光の可能性が高いでしょう。
 シャスタ山は地球外、地球内のUFO発着基地でもあるのです。アメリカ先住民たちは、宇宙船や宇宙人たちをシャスタ山で目撃したと、話しています。白人達がこの地域に入植したあとも、宇宙船や宇宙人たちの目撃情報があとを絶ちません。

・シャスタ山には異次元空間とつながっているポータル(扉)があるのです(シャスタ山だけでなくレーニア山(ワシントン州を代表する火山)、富士山、カイラス山(チベット)にも、このポータルがあります)。
 別の次元の宇宙船や存在達がこのポータルから入ってくると、空中に発光物を目撃したり、大気中での振動を感じることがあります。

・これからの時代、人々に求められているのは、古い考えを解放し、新しい考え、異なる考えにオープンになることです。そして、奇跡や見えない存在たちが実在していることを信じることなのです。


『大いなる秘密』  (レプティリアン爬虫類人)
(デーヴィッド・アイク)(三交社)  2000/8

<アーリア人の祖先たちの故郷>
<シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」>
・「ヒトラーについていけ!彼は踊るだろう。笛を吹くのは私だ」のエッカルトと、「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレがヒトラーを精神操作。

・スカンディナヴィアの伝説によると、ウルティマ・トゥーレは、太陽の沈むことなき極北の楽園であり、アーリア人の祖先たちの故郷であったと言われている。ヒュペルボーリアが水没し始めたとき、ヒマラヤ山脈の地下に高度な科学技術を持っていたアーリア人たちは、地殻にトンネルを掘り抜き、ヒマラヤ山脈の地下に巨大な地底都市を建設したのだった。これはのちに、シャンバラと呼ばれる都市を主都とする地下王国「アガルタ」として知られるようになった。少なくともトゥーレ協会の人々はそう信じていた。ペルシア人たちは、その地域をアーリアナと呼んでいたが、これは「アーリア人の土地」という意味である。

・ナチスの教義では、アガルタの人々が「善者」で、シャンバラが「悪者」ということになっている。この両勢力の争いは、何千年も続いており、ナチスは、アガルタの「善者」たちと同盟して、「悪者」のシャンバラが操る「フリーメーソンやシオニスト」と戦っていた。少なくともナチス自身はそのように信じていたのだ。

・非常に長期にわたるこの争いは、「火星由来のアーリア人対アヌンナキ・レプティリアン」の戦いだったのではないのだろうか?彼らは最初、火星上で戦いを繰り広げ、続いて戦場を月に移し、さらに地球へと下りて争いを続けた。アーリア支配種との接触を果たさんとしたヒトラーは、この地下世界への入口を見つけ出そうと躍起になっていたが、「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレによる精神操作を受けていた彼は、事実上レプティリアンの繰り人形であった。


『エメラルド・タブレット』
(M・ドウリル)(竜王文庫) 霞が関書房   1980/7/5


<アンタレスにはホワイト・ブラザーフッド(白色聖同胞団)の本拠地がある>

・昔アンタレス(さそり座の赤色の一等星)には、エーテルを活用する住民がいて、地球に降りてきた。彼らは、星から星へと旅行する秘密を解していた。彼等は、物質と肉体を意思の命令のもとに変化させた。また、エーテルから自分の要求するものを何でも創造することができた

・ 物質自然界の背後は、アキヤシヤの空間である。アキヤシヤの空間に入っていくことが、本来宗教の極意であって、その方法を教えるのが、ヨガである。宗教はその極意も方法をも喪失して殻になっている。

・ 物質自然界は、アキヤシヤに画かれた、その通りのものが、物質自然界に現れる。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・「地下都市」は、アストラル界やエーテル界にある都市なのだろうか。又は都市型の宇宙母船が、エーテル界やアストラル界に突入した状態なのだろうか。多くの伝承があるようですが、異次元の金星や火星に都市があり、壮大な文明があるそうです。見えないアストラル界やエーテル界に進化した宇宙人が生存するようです。アストラル界やエーテル界は人間の死後の幽界や霊界に似ているようです。

・米国の死後世界、サマーランド、ブルーアイランドも見えないアストラル界やエーテル界に似ているようです。非常に細かい粒子の世界で、現在の量子力学では分からない世界のようです。異次元世界はいわば人間の「夢の中で入る世界」ともいわれています。進化した異星人の世界、神々や天使の見えない世界の住人が、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)や人間の肉体や精神体憑依したりして、さまざまな形態で地上に登場するようです。見える宇宙人や空飛ぶ円盤から見えない宇宙人(天使や堕天使や神々)への時代に動いているようです。

・彼らの存在については、昔からシャスタ山の伝説として有名だそうです。神々や天使は時空を超えているからなのでしょうか。彼らは、それ以後、人間に憑依して社会に紛れ込んでいったのかもしれません。「神々も市井の人となり普通の生活をしている」とか「神々や天使は、背後霊や守護霊となり人間に憑依している」ということで、誰にも分からないようです。また高次元のマスター(大師)やアセンディッド・マスターの活動も誰も分からないそうです。「爬虫類的異星人(レプティリアン)の交配人種であるイルミナティが地球の支配を行っている」そうですが、「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ということでしょうか?
・「シャスタ山の小人」とは、グレイ・タイプのゼータ・レチクル星人のことでしょうか。異次元から出てくるのでしょうか。アストラル界の住人が地上に姿を現わすこともあるそうです。グレイも壁を抜き通るようにして部屋に侵入してくるといわれます。ちなみに「河童」もグレイの一種で今も海底基地にいるそうです。

・ハイパーボーリア人、レムリア人、アトランティス人とか太古の種族と現代人とのつながりはあるようです。「アガルタ・ネットワークは地下にある120の光の都市」とは、見えない高次元の話のようです。エーテルを操作できる宇宙人種族が非常に細かい粒子の世界に異次元都市を作ったのかもしれません。私たち一般人は、目に見えない異次元の話として理解しても把握が難しいようです。

・「地下世界」の伝承は、世界中にあるようです。異次元世界に迷い込んだ伝説は昔から少なくないそうです。しかし、現代では異次元を知覚できるチャネラー(霊的交流者)は少ないようです。また、普通の人間にとって「異次元とは夢の中とか死後の世界の精霊界を意味する」ようです。「あの世が実で、この世が虚である」といわれても私たち一般人は、ピンときません。「あの世の出来事が、時間を置いて、この世に現れてくる」ともいわれております。不思議な話です。

・シャスタ山にまつわる不思議な話の本は多いようです。書籍も以下のようにあります。「洋書」を読めばかなりのことが分かるそうです。

『レムリアの真実―シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ』、『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』、
『パワースポット、シャスタ山の歩き方』、
『シャスタの地下都市テロスからの超伝言』、
『新しいレムリア―シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ』、『レムリアの叡智―シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ』、『超シャンバラー空洞地球/光の地底都市テロスからのメッセージ』、『ついに実現した地下存在との対話―アセンションの超秘密アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録』、
『空洞地球―ソロゴスの図書館ミコスからのメッセージ』、
『本当のあなたに出会える天使の言葉―聖なる山・シャスタからのスピリチュアルメッセージ』などがあります。

・またAmazonに『シャスタ山』と入力すると64件がヒットします。そして「洋書」にMount Shastaと入力すると741件が検索できます。米国でもパワースポットとして注目されており、今ではシャスタ山近辺に住む日本人も少なくないようです。洋書でもシャスタ山には昔から異人が住んでいたという話は多いそうです。
・不可視の世界ですから、エスパー(超能力者)でもないと容易に彼等とコンタクトができないことでしょうか。神智学ではアストラル界やエーテル界には『都市』が存在するといいます。エーテル界のおそらく『神々の都市』で神々や女神達が何をしているのかわかりませんが、あるいは超現代的なことをしているのかもしれません。アガルタ・ネットワークは見えない地底5次元文明で異次元に存在するようですが、アストラル界かエーテル界にでも存在するのでしょうか。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だともいわれています。異次元の都市は、パラレル・ユニバース(並行宇宙)の超近代的な都市のようで、シリウス星人は何をしているのでしょうか。
・地下世界への入口を見つけ出そうと躍起になっていたヒトラーは霊媒で、事実上、異次元のレプティリアン(爬虫類人)の繰り人形であったのでしょうか。「霊界から来た男」ともいわれたヒトラーは、アルデバランの宇宙人、ゲルマンの神々、「超人」から、「人格転換」を受けたとも言われています。

・インドで発達したヨガは、昔、アキヤシヤの空間に入っていくための手段であったようですが、現在は、それ自体が忘却されているようです。自在に幽体離脱ができるのは、進化した異星人のみのようです。テレポート(瞬間移動)も人間にとっては奇跡の出来事ですが、宇宙人にとっては「それほど難しくないテクノロジーだ」そうです。物質化、非物質化を自由にできる宇宙人のテクノロジーは、6千年から5万年進化しているといわれます。人類に5万年進化しているオリオン星人は「人間の魂の交換」ができるともいわれています。地球における不思議なゲイの現象の原因でしょうか。現代物理学もエーテルの秘密を解くことができないでいるようです。
***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/18のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月17日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/srMaVUkidj
10-18 05:00


10/17のツイートまとめ
yamadori0250

りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。そこにいるのは純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。:http://t.co/yUCYGVGlMP #yaplog
10-17 07:05

『りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。そこにいるのは純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/SkSoIZhuTS
10-17 06:52

りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。そこにいるのは純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。 http://t.co/gREXz4PNNv
10-17 06:40

りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。 http://t.co/voALMa1hEz
10-17 06:38

ブログを更新しました。 『りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている(3)』⇒ http://t.co/nT7ffL4PJ6
10-17 06:34

ブログを更新しました。 『りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている(2)』⇒ http://t.co/GgMCIiydDj
10-17 06:33

ブログを更新しました。 『りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている(1)』⇒ http://t.co/urMnKpZETr
10-17 06:30

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。そこにいるのは純血爬虫類人である。 http://t.co/VOetNvZ9nD
10-17 06:25

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。そ http://t.co/nVoJkq3q9g
10-17 06:19

[exblog] りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。そこにいるのは純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。 http://t.co/yg2GpMpFvM
10-17 06:16


続きを読む
りゅう座人は地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。そこにいるのは純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。




『秘密結社を追え!』  封印された、闇の組織の真実
ジョン・ローレンス・イノルズ  主婦の友社  2007/2/1


 

<宇宙船を隠蔽した秘密結社?>
・1947年、ニューメキシコ州ロズウェル近郊の、広大な牧場でなにかの残骸が見つかった。この発見が、政府の陰謀やその陰謀を抱く秘密結社の存在を疑っている人々にとって、重大な意味を持つ出来事となった。この事件から半世紀以上経っても、数百万のアメリカ市民は、相変わらずその残骸は、ほかの惑星から飛来した宇宙船か、驚くべき飛行能力をもつ極秘の軍事飛行物体のいずれかであると信じている。

・しかし、すべての人間がこの説明に納得したわけではなかった。こうして、ごく日常的な出来事の周囲に伝説が組み立てられていった。もっと多くの物質を明らかにしないのは怪しいというのである。秘密結社が、必要な秘密や証拠を守り、調査を妨害し、「真実」に近づかないようにしているという憶測が生まれる。この場合、秘密結社は、ロズウェルの「宇宙船」墜落のような、エイリアンのアメリカ侵入の証拠を隠すために設立されたジェーソン・ソサイエティだとされた。アイゼンハワー大統領が創設したこの組織は32人の著名人から構成され、会員の多くがCIAと関係があり、アメリカ市民や世界から、ロズウェルについての「真実」を隠すことを目的としている。この真実のなかには、ふたりの異星人の死体が宇宙船の残骸のなかに見つかったことも含まれている。

・ジェーソン・ソサイエティの組織の存在に気づいたために、ジョン・F・ケネディ大統領はCIA内のMJ12のメンバーにより暗殺された、と信じているものがいる。このCIAのスパイたちは、アメリカ国民に異星人や彼らの武器や器具を公表する計画に同意しなかった。ジェーソン・ソサイエティは、アメリカ大統領を始末しなくてはいけないと判断した。彼らの金庫のなかには、ダラスの通りをリムジンを運転しながら、ケネディにとどめの一撃を加えるため手にピストルを握って後ろを振り向いている運転手の姿が映されたフィルムが隠されている、という。確かにおかしな話だが、自分たちの存在を隠しながら、2千年間、世界の出来事を操っている、というイエス・キリストの子孫がいるという考えと、似たり寄ったりではないだろうか?

・秘密結社が成長する鍵とは、指導者が殉教者になったときだ。暴力的手段で命を奪われた場合、それは重大な情報を握っていた証拠として利用される。ジェーソン・ソサイエティの場合、この役割を果たし、大きな影響を及ぼしたのは、ミルトン・ウィリアム・クーパーという人物だった。彼は運転手により射殺されたジョン・F・ケネディのことをはじめ、ロズウェル事件での政府の秘密に関する莫大な資料を所有している、と主張していた。極秘ファイルを閲覧できる海軍情報士官の時代に、このような事件の証拠を調査した、というのだ。

・クーパーの支持者には極右過激派の人間が多く、クーパーが毎日出演していたラジオ番組にダイヤルを合わせるか、または1991年の彼の著書『青ざめた馬を見よ』を読んでいた人々だった。彼らはクーパーを「アメリカ最高の愛国者」と呼び、『シオンの長老の議定書』は真実であると彼が主張した後でも、彼への賞賛をやめることはなかった。(彼はラジオのリスナーに、この書物のなかの「ユダヤ人」を「イルミナティ」に置き換えて読むように指示してはいるが)。クーパーは自分の主張が正しいことを裏づけるために、自分がかつて会員だったドモ―レー団(フリーメーソンの子供用の外郭団体)でフリーメーソンの秘密を知ったことを挙げている。

・彼がフリーメーソンの会員だったかどうかは別にして、アメリカ軍の公式記録によると、クーパーは1975年に除隊する前、海軍情報の専門家ではなかった。25年後、アリゾナ州の片田舎にひっそりと暮らしていたクーパーは、脱税と凶器による加重暴行罪の罪で、捜査令状を執行しようとした数人の保安官代理と銃撃戦をし、その最中に死亡した。

・クーパーが「殉教により」死んだとは思えない。彼の主張した「疑う余地のない事実」も同様だ。しかしこのような伝説は、この世の中の堕落や自分たちの財産の喪失は、経済システムや自分の先見性のなさが原因なのではなく、秘密の誓いや儀式を利用した秘密結社や魔女のグループの目標が実現された結果だと信じたがっている人間を引きつけていくだろう。彼らは、世の中の悲劇は、まだ解明されていないが、秘密結社の活動のせいだと思っている。そう信じる必要さえあるのだ。彼らは確実な事実で心を慰めるだろう。しかし、それは彼らの想像に過ぎないのだが・・・。




『NASAアポロ計画の巨大真相』 月はすでにE.T.の基地である
コンノケンイチ  徳間書店   2002/12



<アメリカはUFOテクノロジーをすでに手にしている>
・「UFOの推進テクノロジーを、ついに人類―アメリカ合衆国が手に入れることができた」

・考えてもみてほしい。この技術こそ世界の歴史のなかで、もっとも懸命に探し求められてきたテクノロジーなのである。こうみれば、この開発のために費やされてきた資金には制限などあろうはずはない。UFO情報が政府によって『超極秘』とされ、固く秘守されてきた最大の理由の一つが、今回の『重力制御テクノロジーの完成』という大成果につながったのである」

<ペンタゴン上級将校による暴露本!>
・驚かされたことは、米国防総省の上級将校フィリップ・J・コーソーが、ロズウェル墜落UFOの国家的な研究を暴露した本を1998年に出版したことだった。 
 本書はロズウェル事件の真偽どころではない、コーソーの職務体験を基にした「墜落UFOの収獲」の方法を述べているからである。
 アメリカではベストセラーの上位を続け、『サンデータイムズ』も「ロズウェルの墜落がUFOであることを証言した、もっとも位の高い人物の本」と絶賛している(邦訳『ペンタゴンの陰謀』中村三千恵訳 二見書房)。

・フィリップ・コーソーは21年間にわたり米陸軍の情報将校を務め、アイゼンハワー政権時代には国家安全保障会議スタッフなどの要職を歴任、常日ごろから国防に関わる機密に接し、そのため極秘のUFO情報も握っていた。

・つまり、UFOの極秘情報に関わる者でも「54-12」から命じられた範囲だけしか知らず、全体は分からないようになっている。それにコーソーの本の内容も準じているからである。コーソーの本も、アポロ計画やNASAには何も触れていない。

<暴露本に見る恐るべき真実>
・「軍は二つの戦争に巻き込まれることになった。ソ連と異星人との戦いである。異星人の方がソ連よりも、はるかに大きな脅威だった。そこで相手のテクノロジーを逆手に取り、軍需産業に恩恵を与え、宇宙関連の防衛システムを築き上げることだった」

・「これには異星人テクノロジーがふんだんに盛り込まれている。レーザー、加速粒子ビーム兵器、『ステルス』技術を搭載した戦闘機など、そのかげで冷戦終結をもたらすことができた」

・「二番手に甘んじるのはイヤだとばかりに、どこも密かにロズウェルの兵器開発に明け暮れ、ペンタゴンでは異星人テクノロジーの開発戦争が繰り広げられていた」

・「検視報告書に述べられたEBE(墜落UFOから発見された生命体で、通称『グレイ』と呼ばれる)は、生物というよりも、長期の時空飛行専用に設計されたヒューマノイドと考えるべきかもしれない。察するところ、彼らは食料も排泄物処理施設も必要としない。肌を通して科学物質を処理し、排泄物を利用するロボットかアンドロイドにすぎない」(註・1980年代、アメリカで「キャトル・ミューティレーション」といわれる年間2万頭も上る牛の大量虐殺事件が起こった。牛の体内からすべての血が抜き取られ、切り口はレーザーで切り取ったように鮮やかだった。これはグレイの栄養素を得るためだった)

・「しかし、宇宙船本体はそのままノートンに残され、ノートン空軍基地はさながら空軍とCIAが管理する異星人テクノロジー博物館のようになった。宇宙船を複製する実験と推進システムの応用実験は今なお続けられている」

・コーソーは出版後に心臓麻痺で突然死したが、UFOの真実を暴露することは身の危険さえ生じるのである。

<実用化されたUFOテクノロジー>
・コーソーが手掛けたという、UFOテクノロジーは次のようなものである。▼映像倍増管・・・・・後の「暗視装置」になる
▼スーパーテナシィ・・・・後の「光ファイバー」
▼レーザー切断装置・・異星人たちの2万頭に上る家畜虐殺に使用された
▼分子を圧縮した合金
▼集積回路および超小型ロジックボード
▼移動式原子力発電機・・・・・アポロ宇宙船に使用された
▼ガンマ線照射食品・・・・・どんな食品も常温保存できる
▼グレイのヘアバンド・・・・第3の脳・誘導システム
▼加速粒子ビーム兵器・・・電子を刺激する強力光線「SDI迎撃ミサイル」に応用。
▼電磁推進システム・・・・・ステルス機に使用。
▼劣化ウラン発射体・・・岩窟深くで爆発する弾頭、湾岸戦争で使用。

・アメリカ(ユダヤ勢力)はロズウェルUFOテクノロジーを利用することによって、現在の世界一極支配を作り上げたのである。



『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』
スチュアート・A・スワードロー   徳間書店   2010/6/18


<エイリアン集団紳士録>
<アルデバラン   ゲルマン人とバイキングを創作・管理>
・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐらいの茶色の髪で、目がヘーゼル(はしばみ)色の人もいる。この集団は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当した。強い関心を持って、こと座文明の再創造を支援している。よくノルディック人と混同されることがあるが、ノルディック人は、もっと背が高く傲慢である。

<アルクトゥルス  ローマ帝国建設を手伝った精神性の高い種>
・非常に精神性の高い種である。原始的な形態の宇宙旅行技術(地球より発達しているが、シリウス人ほどハイテクではない)を保有している。白いローブを着た聖職者層が支配している。

<りゅう座人(ドラコ) このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティ>
・地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である。分断して征服することを画策する彼らは、リゲルとともに海を沸騰させたり、大地を焼き焦がしたりしたように、暴虐さで有名である。
 りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。

<プレアデス   こと座からの避難民、長身金髪のノルディック>
・ノルディック、背の高い金髪とも言われる。元々は、こと座(リ-ラ)文明からの避難民であるが、7つの恒星と15の入植済みの惑星からなるプレアデス星系の存在である。

・1959年に米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、技術格差を埋めるためにプレアデス人が招聘された。だが、過去、彼らは、ヒトラーの人類浄化政策を画策し、仏教を堕落させた。チベットに広大な地下基地を持っている。

・プレアデス人は、ローブを着た白い姿で現れる非物質的存在が率いる最高評議会の指揮下にある。プレアデス人の一集団(アトランと言われる)が、アトランティスに入植した。小柄で青い肌をした集団がプレアデス人と一緒に行動している。

<爬虫類人(レプティリアン)支援のシリウスB星人が作った仏教思想>
・こうした宗教の蔓延は、地下の爬虫類人たち(主にチベットの地下に集まっている)が、意図的にコントロールしていた。

・この爬虫類人を支援していたのが、仏教思想を開発したシリウスB星人であり、その他に爬虫類人支配下でこと座(リーラ)文明を再生させようと企むこと座人(リーライアン)の裏切り者集団もいた。奇妙な相棒だ。

・エジプトは、爬虫類人の神々は、オシリスとイシスとして知られていた。エジプトの万能薬的な効力を持つ神々には、極めて多様な合成物(半人半獣)が含まれていた。

・これはアトランティスの交配実験を懐古する気持ちがエジプトの文化になって表われたといえるが、爬虫類人の乗っ取りに向けてエジプトの文化を準備していたシリウス星人普及させたものである。

・アトランティス人は、昔からのこと座の信仰体系に揺るぎない愛着があったため、爬虫類人が文化的な拠点を築くまでに数千年の時間が必要だった。

<「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人>
・その生物(透明人)は、私の思考に直接働きかけ、完全にテレパシーで交信してきた。もはや人間が存在しなくなった遠い未来から来たこと、そして、その生物種は、この現実界に由来するものではないことを伝えた。さらに、その生物種は、遠い過去に旅をして戻り、ある品種を作り(これは爬虫類人のことだ)、人間をテストするために敵対させたと伝えた。

・また、シリウスA星のシリウス人の協力を得て爬虫類人を作り、りゅう座(ドラコ)に配置したとも語った。シリウス人は、別の非物質的存在の集団であるオハル評議会の創造物である。シリウスの二連星システムは、決してこと座文明に吸収されたことも、こと座の植民地にもなったこともない。




『シークレット・ドクトリンを読む』」 
(ヘレナ・P・ブラヴァツキー)(出帆新社)  2001/5


<第4根幹人類と第5根幹人類の文明と崩壊>
<彼ら(レムリア人)は、途方もなく巨大な都市を建築した>
・次第に、人類は、第4根幹人類が真に出現する前に、彫像(泥人形)ともいうべき肉体の中に入り込んでいった。“選ばれた者たち”のハイアラーキーを除いて、人類は邪悪と罪の中に落ちていった。選ばれた者たちとは、“意志とヨーガの子たち”に従者たちと弟子たちのことで、後に“火の霧の子たち”と呼ばれるようになる。

・アトランティス人(約8メートル10センチの高さ)が出現して、彼らは巨人で身体的な美しさと力は絶頂に達した。進化の法則によれば、彼らは周期の真ん中に現れる第4亜人種だからだ。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・ジェーソン・ソサイエティという秘密結社が異星人情報を国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたという説があるようです。最近、アメリカ政府は、「イラクに化学兵器があったが、敵対勢力に流れることを懸念して、化学兵器がなかったと報道した」と公表しています。このように米国政府は、化学兵器が存在しなかったのに、戦争理由としたと大いに批判されたものでした。これは「軍事プロの常識が、アマのマスコミには通用しない」ということの実例のようです。アメリカ政府担当者は「イラクに化学兵器があった」ということを当然知っていたようです。「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」の時代ですから、秘密を守るために科学者の秘密結社があっても当然だそうです。
フリーメーソン大国ですから、秘密結社花盛りということでしょうか。

・クーパーという元アメリカ海軍の情報将校が、アバブ・トップシークレットの異星人情報を流したと言われています。彼のリーク話から、グレイ、金髪碧眼のノルディックや赤毛のオレンジ、東洋人タイプの異星人の情報がアメリカ社会に流れました。またラージノーズグレイとアメリカ政府との秘密協定の内容も漏れ出したようです。アメリカ政府は、特に金髪碧眼のノルディックなどの人間タイプの異星人の情報を拒絶しているそうです。ジョン・F・ケネディ大統領も異星人情報を公開しようとして、サイレンス・グループに暗殺されたという説が、真しやかにささやかれているそうです。コーソーの『ペンタゴンの陰謀』という本はアメリカではベストセラーになり、「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」が広く知られるようになりました。このように異星人情報は秘かに漏れ出てくるようです。

・地球製のUFOが完成されているという話もあるそうです。「エリア51」などの情報は、ハリウッド映画などでリークされた形で全世界の人々の潜在意識に刻み込まれました。CIAの広報戦略でハリウッド映画に刷り込ませて、大衆に別の重要な情報を隠す手法のようです。金髪碧眼のノルディックのような人間タイプについては、リークした海軍の元情報部員は消されたという説もあるそうです。メディアも何らかの理由で異星人情報には消極的だそうです。そこが国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いの恐ろしさでしょうか。やはり「政府の政策に協力しよう」というメディアの姿勢がそこにあるようです。米国は訴訟大国ですから「宇宙人情報を公開せよ」という訴訟もあったそうです。

・米軍は宇宙連合とコンタクトしてから60年以上が経っており、異星にも大挙して向かっているものと思われます。またロシアも異星人とコンタクト話があるようです。米国やイスラエルがシリウス星人と通商協定を結んだとかの情報もあるようです。日本では翻訳出版されていないような貴重な情報の本も多いそうです。エイリアンの超科学や超テクノロジーは米国の1人勝ちのようですが、ロシアが追いつこうとしているのかもしれません。日本にも昔は宇宙連合の先遣隊のようなものが来ていたそうですが、どうなのでしょうか。国としては、エイリアンとのコンタクト部門(諜報機関)がなければおかしい時代でしょうか。

・異次元世界からの高等知性体の影響力を認識する人々も増えてきているようです。アセンションの時代ですから世界的に沈黙のコンタクティが増えているのかもしれません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうですが、「ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれているそうです。いわゆる「闇の勢力」の力が依然としてとても強いようです。

・リラ星人のコンタクティ、フランス人のクロード・ボリロン・ラエルによると「リラ星人のエロヒムが、人間を実験室で創った」と報告していますが、どのようにして人間の精神を創るのか私たち一般人は、想像できません。グレイもバイオ・ロボットとかゼータ・レチクル星人だとかいろいろな説があるそうです。リラ星人のサタン(悪魔)や堕天使ルシファーは、遺伝子科学者の集団の名前だそうです。彼らも秘密裏に地球に来ているのかしれません。グレイや人間を創った異星人が異次元に存在しても私たち一般人は、知りません。

・「第2次世界大戦後、元ナチスの大佐が空飛ぶ円盤に乗っていて米国に着陸した」とか「小柄なグレイの宇宙船に同乗する金髪碧眼のノルディックはナチのようだった」とかナチと異星人の結びつきを示す話はいろいろとあるようです。また、ドイツのナチスが「空飛ぶ円盤」を開発していたという本も数冊あるようです。ナチスはアルデバランの宇宙人とコンタクトを取っていたとも言われます。「霊界から来た男」ヒトラーもアルデバランの異次元の超人たちを非常に恐れていたそうです。また金髪碧眼のプレアデス星人、ノルディックがユダヤ人の虐殺に関与していたという説もあるようです。ヒトラーの思考や「ユダヤ人への憎悪」は、「人間のそれ」ではなく、「宇宙人の思考や感情」だったようです。宇宙人を人間と同じレベルに考えると、大きな間違いをするでしょう。人間を創った高等知性体の知能や感情は、人間の想像を絶しているそうです。

・アルデバランの異星人、ゲルマンの神々は異次元の「超人」ともいわれ、ヒトラーもコンタクトして、非常におそれていたそうです。ヒトラーは「誰もいない部屋の中を指差し、彼ら(超人)がそこにいる」と側近に叫んだそうです。異次元の見えない「超人」たちをヒトラーは感じていたのかもしれません。フランスのナポレオンと「赤い人」とのつながりのように、「超人」や神人、異人と関わり合いは世界中に伝説があるようです。「彼ら」は、地球人とときどきコンタクトするようなのです。コンタクトの対象は、「彼ら」が選ぶようです。

・「ユダヤ人のホロコスト」についても多くの謎がありますが、金髪碧眼のノルディックというプレアデスの異星人が仕掛けたという説もあるそうです。プレアデス星人のイメージとかけ離れていますが、異種交配の結果なのでしょうか。プレアデス星人は、人間に最も近く、それほど悪いイメージはなかったのですが、「ユダヤ人のホロコスト」との結びつきがあるとは、奇妙な話のようです。「イルミナティの人口削減計画」が窺われるのかもしれません。

・アイゼンハワー大統領の後のケネディ大統領の暗殺事件については現代でもいろいろな動きや説があるようです。「ケネディ暗殺はナチの陰謀だ」ということは金髪碧眼のノルディックなどの異星人グループが背景にあったのでしょうか。「ケネディ大統領は、宇宙人情報を公開しようとして暗殺された」という説もあるそうですが、前のアイゼンハワー大統領が異星人と「秘密協定」を結んだからだともいわれています。

・またアイゼンハワー大統領の前でグレイというエイリアンが空中浮遊を見せたり宇宙船や超テクノロジーを公開したりしたそうです。あまりの超テクノロジーの凄さに驚愕して、異星人情報を国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたともいわれます。それから、60年、米軍は地球製UFOを完成し、宇宙連合にもコンタクトして、異星人の世界に入り込んでいるそうです。どこの国でも異星人とコンタクトすれば、その異星に連れていってくれというのは当然の話です。

・そしてケネディ大統領も金星人のコンタクティのアダムスキーの紹介で、スペース・ブラザーの異星人と会見したとも言われて言います。また、国防総省(ペンタゴン)に金星人かその他の異星人が住んでいたともいわれています。当時はメン・イン・ブラック(黒衣の男たち)も暗躍しており、異星人情報を研究する者は殺されるともいわれていた時代でした。また地球にきた敵対する異星人同士が殺し合いをしていたのかもしれません。

・テレポート(瞬間移動)でどこの世界(異次元)に移動するのか分かりませんが、進化している異星人は、幽体離脱が自由にでき、幽体を移動できるようなのです。この辺のところ、私たち一般人は、想像もできません。

・チェンジリングとは、「取り替え子」という意味です。ヨーロッパの民話で、妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供。転じて嬰児交換の意味でも用いられます。「取り替え子」の例は、昔から多くあり、異星人の直接的な末裔の存在は、特定のネットワークで知られているそうです。異人の子どもを産んだり、預かったり、昔はさまざまな子供に関わる現象があったようです。それから異星人同士が、さまざまな理由から子供を交換して育てるような話もあったようです。神々や異星人の「子ども」の話も秘密のようです。日本でも異人の「人さらい」や「神隠し」が少なくなかったようです。正確な事件の数字はわかりませんが、どのくらいあったのでしょうか。神話が示すように神々も「子ども」に固執するようです。神々は「子ども」を創造したのかもしれません。

・中世のドイツの領主は殆どが「異人」か「異人の末裔」ともいわれています。もともと人間にも超太古から多くの異星人のDNAが混じっているそうです。神の子と人間の女が交わって人口が増えたともいわれています。旧約聖書にはネフィリムという神の子と人間の女の間に生まれた存在があります。ネフィリムは巨人ともいわれますが、原初の神の様な存在は、とんでもなく大きく、想像もできないような巨人、大きさだったともいわれています。

・3メートルくらいではなく8メートル、数十メートルくらいはあったという説もあるようです。遺伝子操作などや異類交配で徐々に人間サイズになったのでしょうか。一寸法師のようなサイズの異星人も存在するようです。チリで発見されたという数センチのエイリアンのミイラもあるようです。3メートルやそれ以上の宇宙人も現在も異次元に存在しているのかもしれません。3メートルくらいの宇宙人のコンピュータが最も早いともいわれているそうです。

・「『ノア』の血統は爬虫類と人間の混血種だ。自分がノアの末裔だと主張する人々が多数いるが、これはつまり、自分は爬虫類である監視者アヌンナキの子孫だと言っていることになる」そうですが、自称「ノアの末裔」という存在が欧米に多くいるようなのです。爬虫類的異星人(レプティリアン)の人間タイプがイルミナティといい。その超能力は想像を絶するようです。現代に神か悪魔のような存在が人間として生まれてくるのでしょうか。やはりDNAが大きく違うのでしょうか。

・「一般の人々は真の意味を知らないはずはないのに、なぜ『ノア』の血統が数多くの団体から非常に重要視されているのかも、これで理解できる」そうですが、「知る人ぞ知る」で、「ノア」の血統という存在が欧米といわず、世界中にも存在するそうです。キリストはアプ星人だったといわれております。アプ星人は戦後に南米にもコンタクティがいますし、国際連合の設立に動いたともいわれています。

・なぜ『ノア』の血統が数多くの団体から非常に重要視されているのでしょうか?『ノア』の血統は、チャネラー(霊的交流者)が多く『神(高等知性体)の声』が聴けるからなのでしょうか。異星人は特定の人間を選んで、向こうからコンタクトしてくるといわれています。コンタクティたちは昔から異星人と何らかのつながりがあったからでしょうか。

・「2012年、アヌンナキは地球に戻ってくる」という説もあるそうです。すでにアヌンナキは低層4次元に潜んでいるのでしょうか。「りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている」とのことですが、イルミナティに地球は管理されているのかもしれません。「イルミナティ・エージェントが第三次世界大戦を起こす」ともいわれているようです。人間の精神体に憑依したりする進化した見えない宇宙人と言うことで、誰も分からないようです。宇宙人には常にネガティブ・グループが存在するようなのです。

・「『旧約聖書』によれば、生命の創造はエロヒムが行ったと書かれています」ということなのですが、このエロヒムは、リラ星人だそうです。「リラ星人が人間を実験室で創った」とフランスのクロード・ボリロン・ラエルが報告しています。サタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人とか、神と悪魔の正確な概念分離が混乱しているようです。琴座の宇宙人から人間的な生命体が生まれたとも言われますが、リラ星人を創った異星人もいるそうで複雑なようです。

・サタン(悪魔)とかルシファー(堕天使)(魔王)は、現代的な解釈だと「遺伝子科学者」の一団の名前だそうです。ゼータ・レチクル星人のグレイを部下として金髪碧眼のノルディックがアブダクション(誘拐)をしたりしてナチスのように「生体実験」をしているのでしょうか。おぞましい生物がいるエイリアンの研究所のダルシー秘密地下基地が話題になったりしました。当時はキャトルミューテレーション(動物虐殺)も頻発していたようですし、アブダクション(誘拐)の被害者も増加していたようです。秘密基地での、おぞましいモンスター・タイプの生物の生体実験の話の番組は米国の多くのテレビの視聴者をとらえたようです。

・リラ星人とコンタクティ(接触者)では、フランス人のクロード・ボリロン・ラエルが有名で、何冊もの書籍を著し、ラエリアン・ムーブメントという協会が日本も含めて世界中で活動しているそうです。彼の著作は無料で協会のインターネットで読めるようです。ラエリアン・ムーブメントは「人間のクローン」実験をしたので、アメリカで社会問題になったそうですが、詳細は知りません。またラエリアン・ムーブメントはいろいろと「悪評」もあるそうですが。

・『シークレット・ドクトリン』の著者、ヘレナ・P・ブラヴァツキーは、神智学の膨大な情報を残しました。彼女がロンドンで出会った神人とのコンタクトから多くの知識を得たようです。現代風にいうとブラヴァツキー夫人は異次元の異星人とのコンタクティであったということになりましょうか。アセンディッド・マスターやマスター(大師)も何らかの方法で人間とコンタクトするのかもしれません。「エジプトは、爬虫類人の神々は、オシリスとイシスとして知られていた」ということですが、オシリスもイシスも不死ですから、地球の異次元にいるのかもしれません。NASAの一部の人々には「オシリス、イシス信仰」があるともいわれ、何かがあるのでしょうか。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/16のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月15日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/8NjzapbN8O
10-16 05:01


10/15のツイートまとめ
yamadori0250

キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死の象徴だと信じられている。:『世界の神話伝説図鑑』フィリップ・ウィルキンソン…http://t.co/LIXsJQ2K2J #yaplog
10-15 20:05

キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死の象徴だと信じられている。 http://t.co/1ruKyHJV9N
10-15 19:54

キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。 http://t.co/q7aTMK7lCQ
10-15 19:51

ブログを更新しました。 『キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる(2)』⇒ http://t.co/COfUB4e2Z5
10-15 19:49

ブログを更新しました。 『キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。(1)』⇒ http://t.co/1ow1ZlnWfq
10-15 19:47

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死の象徴だと信じられている。 http://t.co/3zAbpFWCLn
10-15 19:43

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死 http://t.co/qGINUI9rdk
10-15 19:42

[exblog] キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死の象徴だと信じられている。 http://t.co/q9z2Z0zfzv
10-15 19:38

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死... http://t.co/sSx5AZ9Zm3
10-15 19:28

『2014年10月14日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/uiHbGbkh33
10-15 04:55


ラグナロク(最終戦争)。キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死の象徴だと信じられている。



『世界の神話伝説図鑑』
フィリップ・ウィルキンソン    原書房   2013/3



<北ヨーロッパ>
<デンマーク、ノルウェー、スウェーデンのヴァイキングの侵略者>
・彼ら古代スカンジナヴィア人は、ルーン文字と呼ばれる角ばった記号を使う筆記システムを発展させたものの、当初は文書の形にした価値ある文学は作り上げなかった。しかし、彼らには豊かな口承の伝統があり、それが世界でもまれにみる魅力的な物語を作り上げた。

<北方の神々と英雄たち>
・偉大なる北欧神話は壮大なテーマを扱っている。宇宙の創造と神々の戦いと愛、そして世界の終焉だ。彼らは巨人からドワーフまで、さまざまな神話的存在を想像した。われわれの世界と並立する異世界、ミズカルズで暮らす者たちだ。神々の文化は好戦的かつ壮大で、主神オーディンの館ヴァルハラで現実世界と神話世界は交わり、死せる英雄の魂が天界での褒美をここで受け取る。

<大きな影響>
・北欧の神話と文化は何世紀もの間、その影響力の大きさを証明した。5世紀にヨーロッパ本土からイングランドに定住したアングロ=サクソン人は北欧に由来する物語を伝え、そのなかには舞台まで北欧という物語もあった。もっとも有名な例は、デネ族とゲーアト族の間に繰り広げられる英雄と怪物退治の空想的な物語である。ゲーアト族はおそらくスウェーデン人のことだ。中世になると北欧神話は南のドイツにまで広まり、北欧の英雄シグルドを下敷きにしたジークフリートのような英雄物語が、非常に多くの詩人や劇作家に影響を与えた。

<北欧の起源>
<創造神たち>
・北欧神話の創造神オーディン、ヴイリ、ヴェーは、最初のアース神族、つまり空の神々だった。彼らは宇宙のもっとも高い場所にあった。彼らは一丸となって、大地の神々もしくは豊穣の神々であるヴァン神族と長い戦いを続けた。彼らは海神ニョルズとそのふたりの子供フレイとフレイヤに率いられていた。戦いは膠着状態に陥り、両陣営は人質の交換で停戦に同意した。アース神族はふたりの神々、頭の鈍いヘーニルと賢いミーミルを人質として送った。不幸なことに、この交換でヴァン神族はミーミルの首を切り落とし、彼の首をアース神族に送り返した。常に知恵を追及するオーディンが首を保存して呪文をかけたところ、それ以後ミーミルの首は彼に助言を与えてくれるようになった。

<オーディンは誰よりも賢かった。他の者たちは皆、彼から学んだ。>
<アスクとエムブラ>
・ほとんどの創世神話は、人類の祖先となる最初の男女の起源について語っている。北欧神話によれば、オーディン、ヴイリ、ヴェーが海岸を歩いていると、2本の木に行き当たった。彼らはトネリコの木からアスクを、ニレの木からエムブラを作った。神々はそれぞれ彼らに贈り物をした。オーディンが命を吹き込み、ヴイリが思考力と感情を与え、ヴェーが視力と聴力を与えた。ふたりは全人類の祖先となった。彼らはミズカルズ(中央の大地)で暮らし、神々が彼らのために作った家は、ユミルの眉毛から作った砦に守られていた。

<最終戦争>
・北欧神話のなかで最終戦争の物語が特別なのは、それがまだ起こっていないできごとの予言だからである。ラグナロク、あるいは神々の黄昏とよばれるこの戦いは大規模で、すべてが破棄され、世界は終焉を迎える。ラグナロクが終わると、生き残ったわずかな生物が新世界を興し、創造のサイクルが再び始まる。

<伝説>
・最終戦争のもともとの原因は、ロキの悪意だった。彼はバルデルを死なせたあと、拘束された。蛇がロキの顔に毒を滴らせるので、とうとう彼を気の毒に思った妻のシギュンが蛇の口の下に皿を置き、毒液を受け止めた。一方、地上では何もかもが邪悪に変わり始めていた。世界の善と美の大いなる源であったバルデルが死んでしまったからだ。これが週末の始まりであり、ラグナロクの前触れであった。

<世界の破滅>
・ある日、ロキはとうとう鎖から抜け出す。他の多くの執念深い者たちとともに、彼は神々に挑戦し、戦う。ロキの怪物の子供たち、つまり狼のフェンリル、世界蛇のヨルムンガンド、冥界の女神ヘルらが彼の味方につく。ヘルは冥界から怪物の軍を率い、霜の巨人と炎の巨人も攻撃に加わる。まもなく巨人、ドワーフ、神々、人間、怪物と、事実上すべての生物が戦いに巻き込まれる。

・残忍な戦いが繰り広げられるが勝者はいない。善も悪も破壊される。最終的に全世界には累々たる死体の山が築かれる。どうにか生き残れるのは、炎の巨人スルトと、世界樹ユグドラシルの枝の間になんとか隠れたひと組の人間と数頭の動物だけである。スルトは死者の体で大きなかがり火を焚き、死者の間にほかに生き残ったものがないことを確かめ、宇宙から永久に怪物や悪魔や妖精を取り除く。破壊の炎は何年にもわたって燃え続け、大地は海に没する。

<新たな始まり>
・最終的に大地は再び姿を現し、もう一度緑豊かになる。リーヴ(ライフ)という男とリーフズラシルという女の人間のカップルが、ユグドラシルの枝の間から歩み出す。ふたりは新たな家族となり、大地に再び人々を増やす仕事に着手する。冥界で衰弱していた美の神バルデルは、盲目の兄弟ヘズとともに復活する。バルデルは新たな宇宙の支配者となる。生命は悪に汚染されることなく新たに始まる。

<ヴァルハラ>
・死者の館という意味のヴァルハラは、オーディンの宮殿である。オーディンは地上で戦死した北欧の戦士をここに集め、彼らに豪華な宝石や武器の褒美を与えた。甲冑が並ぶこの広間で、英雄たちは猪肉をふるまわれ、ヴァルキューリに給仕される蜂蜜酒を飲んだ。戦士たちはここで訓練を行い、ラグナロクに備えた。

<ラグナロクと黙示録>
・初期のアイスランドの作家たちは、ラグナロクを宇宙の終焉をもたらす戦いとして描いた。学者たちは、キリスト教の作家たちが描いた黙示録とラグナロクとの間に多くの類似点を見出している。ラグナロクの前には冬が3年続き、人は親類を殺し、狼は月を呑み込み、森は倒され、大嵐が猛威をふるい、創世記に存在したカオスが戻ってくる。ラグナロクのあとに生命が再び始まる。このようなテーマは聖書にしたものであり、それが北欧の作家たちに影響を与えたのかもしれない。

<黙示録の騎士>
・キリスト教の黙示録では善と悪が宇宙規模の戦いを繰り広げる。戦いに参じる四騎士は、疫病、戦争、飢饉、死の象徴だと信じられている。




『図解 北欧神話』
池上良太  新紀元社  2007/7/3


<北欧神話の宇宙観>
・北欧神話の宇宙は、それぞれの種族の住む九つの世界によって構成されていた。

<神々や巨人たちの住まう世界>
1、(ニヴルヘイム)―世界のうち最も北方に位置するのが極寒の世界。

2、(ニヴルヘル(ヘル))―ニブルヘイムの地下には死者の女王ヘルが支配する。

3、(ムスペッルスヘイム)―南方に位置しているのが灼熱の国。最終戦争ラグナロクの際に神々と争うムスペッルたちが住んでいる。

4、(アースガルズ)-アース神族の住む世界で、その外側にある人間の世界ミズガルズと虹の橋ビクレストで結ばれていた。

5、(ヨトウンヘイム)ー囲いの外の北側、もしくは東側の海岸線に巨人が住む世界。

6、(ヴァナヘイム)-ヴァン神族の住む世界。もはやどのような世界であったかを類推することすら難しい。最終戦争ラグナロクの影響を受けない位置にある。

7、(アールヴヘイム)―リョースアールブ(白妖精)の住む世界。

8、(スヴアルトアールヴヘイム)―デックアールヴ(黒妖精)が住む。

9、(ミズガルズ)―人間が住む場所に区分された土地。

<1世紀前後にゲルマン文化圏で信仰された神々>
・メルクリウス(オーディン)、マルス(デュール)、ヘルクレス(トール)

・イシス(ネルトウス?)。上記3神とは別系統

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・宇宙には2種類の宇宙人種族があり、太古から対立・抗争をしてスター・ウォーズをしてきたようなのです。楕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に挑んだ「天の戦争」の話も、現代風に言うと楕天使ルシファーやサタン(悪魔)という名前は遺伝子科学者の集団の名前だそうです。ラグナロク「最終戦争」の話は、未来、現在、過去が混然一体となっている高等知性体のいる高次元で語られる、未来の地球の惨状かもしれません。

・米国の未来透視家マクモニーグルによると「23世紀と24世紀に大戦があり、世界の人口が6分の1になる。細菌兵器も使われる」という不気味な話もあるようです。20世紀に非常に盛んだった「米ソ対立による第3次世界大戦の危機の話は、21世紀になりマスコミも沈黙しました。またそろそろ「第3次世界大戦の危機」の本が出版されはじめております。現実にサイバー攻撃も行われているそうです。衝突する2大勢力の対立・抗争が「最終戦争」ラグナロクになるようです。「最終戦争」の危険は、常に潜在的にあるそうです。

・ネガティブなシリウス星人は、人間がぞっとする生物を遺伝子操作などで作ったので神に嫌われたそうです。そこで、神は大洪水を起こしてそれらの生物を全滅させたという神話もあるようです。「金星蛇人と火星霊人の戦争」とか大宇宙には常に対立する2種類の宇宙人がいて、その対立・抗争が超太古から未来へと続いているようなのです。

・実験室で人間を創ったというサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人と、思念で人間を創ったといわれている天使的な宇宙人のシリウス星人が対立して、神・天使と堕天使・悪魔の戦争、スター・ウォーズがあったようなのです。現代ではパラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の存在が知られるようになりました。シリウス星人はネガティブ・グループとポジティブ・グループが存在するそうです。

・「ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれています。「“透明人”とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人」といわれますが、爬虫類的異星人(レプティリアン)がイルミナティを通じて人類を支配しているという説もあるそうです。

・昔は「金星蛇人と火星霊人の争い、戦争」の話がありました。とにかく宇宙では2種類の宇宙人種族が対立して戦争、スター・ウォーズを繰り返してきたようなのです。また遥かに進化して、天使的な宇宙人にも分からないような宇宙人種族がいるそうです。現在では中東諸国での戦闘やイスラム国との戦争が、どのように展開するのか予断は許しません。

・日本神話に登場する神の分類として、国津神(くにつかみ)と天津神(あまつかみ)がありますし、スサノオ対アマテラスとか、2種類の対立する神々が闘争して宇宙は進化しているようなのです。国津神の素性は正確には分かりません。

・天津神は高天原にいるか、または高天原から天降った神の総称です。それに対して国津神は地に現れた神々の総称とされています。しかし、高天原から天降ったスサノオや、その子孫である大国主などは国津神とされています。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」といわれますが、国津神や天津神もシリウス星人やリラ星人、オリオン星人やプレアデス星人という具体的な名前が出てきそうです。

・北欧神話でもヴァン神族とアース神族が争い、戦争をして、混血がすすみ、ヴァン神族はアース神族から離れていき、謎の場所ヴァナヘイムへ去ったようなのです。感情の程度も宇宙人や神々は、人間以上に思われますので、人間の良識や常識が通用しないようです。人間の記憶力と比較しても忘れるということはないのかもしれません。寿命にしても、あらゆることが「超人」ということでしょうか。神々の争いも凄まじいもののようです。

・『(ヴァナヘイム)-ヴァン神族の住む世界。もはやどのような世界であったかを類推することすら難しい。最終戦争ラグナロクの影響を受けない位置にある』ということですが、ヴァン神族はパラレル・ワールドかニルヴァーナ(涅槃・天国)に移ったのかもしれません。神々の世界は、未来と現在と過去が混然一体となっている異次元などで、未来を読んでいるのかもしれません。

・パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球ともいわれておりますが、“ヴァン神族”がシリウス星人なのかもしれません。そうすると“アース神族”がリラ星人系列なのかもしれません。またその逆なのかもしれません。“ヴァン神族”も“アース神族”も形を変えて今も存在しているということでしょう。

・4次元以上の高次元の世界、アストラル界やエーテル界には都市があるといわれています。また、高度に進化した宇宙人は数千キロメートルの都市型の宇宙母船を持っているそうです。都市型の宇宙母船がアストラル界やエーテル界に突入したのがシャンバラであるともいわれています。

・アース神族はアストラル界やエーテル界の都市に住んでいるのかもしれません。またイタリアのクラリオン星人の有名なコンタクティであるマオリッツオ・カヴァーロによると「神々の都市」に意識の変性状態で行ってきたそうです。異次元の都市に棲む異星人というイメージは私たち一般人には、理解できないようです。

・「北欧神話の神々にはアース神族、ヴァン神族、ヨトゥンの3つの氏族がある」そうですが、霞の巨人ヨトゥンを含む巨人の世界があるようです。霞のような人間の姿に実体化できないような遥かに進化した高次元の宇宙人も地球に来ているという報告もあるそうです。別の本には「霜の巨人ヨトゥン」と書かれてあります。それだけはるかに高次元の異星人のようです。米軍は133種類の宇宙人を把握しているそうですが、その膨大な情報は軍規により守られているようです。

・高次元の異星人も地球人に憑依したり、人間の背後霊や守護霊になったり、あるいはテレポートして地上に出てきたり、コンタクティやチャネラーに憑依して高次元の状況を伝えたりしているそうです。どうやら地球の人間社会は高次元の異星人にとって関心を引く場所、観察するのに面白い場所のようなのです。ほとんどの高次元の宇宙人種族が人間社会を観察しているという説もあるそうです。人間の精神体に侵入してくる宇宙人の超能力が指摘されているようです。

・理論的には神々は不死ですので「神々」とよばれておりますし、時空を超えていますので、現代に神々のコンタクトがあっても不思議ではないようです。また、世界中の神々は、世界的に共通性があり、ランク付けもできるそうです。1人の神が多くの神の名前を持っているともいわれ、神々の世界も不明です。神話や伝承だけが手がかりとなるようです。

・「源氏がオリオン星人の系列、平家がプレアデス星人系列だ」そうです。オリオンの邪体霊と人間に最も近いプレアデス星人といえば、スター・ウォーズの「オリオン大戦」を想起させます。平家が現在の韓国の一部族と関係があったという説もあるそうです。またプレアデス星人が比較的よく人間と接触しているようですが、外見からは判断できないからでしょうか。

・プレアデス星人もネガティブ・グループとポジティブ・グループがあるようです。ネガティブ・グループがナチスのユダヤ人の虐殺に関与したという説もあるそうです。金髪碧眼のプレアデス星人、ノルディックとよばれる長身の宇宙人がグレイとともに、生体検査をしていたという米国のアブダクション(誘拐)の話もありました。

・オリオン星人は、米国に現れたメン・イン・ブラック(黒衣の男たち)であったともいわれ、宇宙のトラブル・メーカーであり、スター・ウォーズの原因を作ったともいわれている非常に評判の悪い宇宙人種族だそうです。しかし、オリオン星人は人類に5万年進化しており、「人間の魂の交換」ができるともいわれます。オリオン星人とプレアデス星人も昔から地球にきており、世界中にその末裔が存在し、互いにネットワークを作り密かにコンタクトしているともいわれているそうです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」だそうです。日本でもプレアデス星人とのコンタクティが多いともいわれております。政府筋とのコンタクト話もあるという噂話もあるそうです。

・北欧神話はドイツのナチス・ヒトラーのゲルマンの神々の崇拝に関係してきます。当時ナチスは、アルデバランの宇宙人とコンタクトがあったといわれています。風采の上がらないユダヤ人の血を引くヒトラーと金髪碧眼のゲルマンの神々・超人たちが、つながりがあったというのは、歴史の皮肉だそうです。ヒトラーは霊媒の多い地域で生まれており、第1次世界大戦中に宇宙人の人格転換にあったともいわれています。売れない水彩画家と、ドイツを支配した残酷な独裁者、第3帝国の総統のイメージが結びつかないようです。

・“霊界から来た男”といわれるヒトラーは、売れない画家だったころの人格とは別人格になったそうです。また、ヒトラーはホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)のメンバーだったともいわれているようです。ファンタジーの物語のように魔神と善神が同一で複雑怪奇なストーリーを展開しているようです。ちなみに、戦後に生きているヒトラーと出会ったという出鱈目な法螺話も少なくなかったようで、真剣に主張している人もおり不思議な話のようです。「幽霊ハンス」のように、ヒトラーの幽霊が出たのかもしれませんが。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/14のツイートまとめ
yamadori0250

金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。中ぐらい大きさで肉付きがよく顔立ちも整っていて男らしく知的で官能的です。:『アジア…http://t.co/A30nVChjJn #yaplog
10-14 21:13

金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。中ぐらい大きさで肉付きがよく顔立ちも整っていて男らしく知的で官能的です。 http://t.co/kpFj8685YY
10-14 20:53

金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師 http://t.co/A3tGuoq4kj
10-14 20:51

ブログを更新しました。 『金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師(2)』⇒ http://t.co/aHecVO3rDB
10-14 20:48

ブログを更新しました。 『金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師』⇒ http://t.co/zwDHdmkdrI
10-14 20:46

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。中ぐらい大きさで肉付きがよく顔立ちも整っていて男らしく知的で官能的 http://t.co/lxbf67MuPy
10-14 20:37

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。 http://t.co/Pu9QKDUfTb
10-14 20:36

[exblog] 金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。中ぐらい大きさで肉付きがよく顔立ちも整っていて男らしく知的で官能的です。 http://t.co/mYWG2fM8Xg
10-14 20:33

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう http://t.co/hL4mkDN741
10-14 20:27

『2014年10月13日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/DCn2Jaz8pp
10-14 04:56


金星はインドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。中ぐらい大きさで肉付きがよく顔立ちも整っていて男らしく知的で官能的です。


『アジアの星物語』  東アジア・太平洋地域の星と宇宙の神話・伝説
「アジアの星」国際編集委員会  万葉舎   2014/2


<古代ヒンドゥー天文学の太陽、月、惑星、北極星>

<太陽>
・『リグ・ヴェーダ』では、神々の中でも最も尊い神である太陽は、宇宙を旅する鷲、まだらの牡牛、又は暁の女神ドーンによって育てられた光り輝く白馬(ドーンは白馬の妻)ともいわれる、また馬車で天を駆け巡る神として述べられています。太陽は天空の宝石であり、ディアウス(天空または天国)の息子の役割を務めます。

<月>
・月は、当初から重要な神でした。月を中心とした太陰暦は、古代インドでは最も重要な暦でした。このためインドの神話では、黄道の星座帯は、12宮ではなく27の月宿に分けられます。つまり、地球から見ると恒星に対して27日で1回公転する月は、夜毎に宿りの星座を変えます。各宿りには、互いに姉妹である27人の妻がいるのです。月宿の順序はプレアデスが先に来ますが。お気に入りの妻はアルデバラン(ロヒーニー)です。月がアルデバランを寵愛するあまり、他の妻たちは幸せではありません。そこで、そろって父親に不平を言いました。

<水星>
・太陽のすぐそばを離れずに行ったり来たりする水星は、並はずれた能力を持ち、他の惑星の上に君臨する最高神と考えられました。色は緑です。最も知的な惑星で、水星を崇拝する人々のすべての障害を取り除き、不吉な事象を引き起こすこともありません。

<金星>
・西洋では美の女神として知られる純白の金星は、インドでは死人を生き返らせる方法を知る男性神であり、神々の敵であるアスラ(阿修羅)の師です。中ぐらい大きさで、肉付きがよく、顔立ちも整っていて、男らしく、知的で、官能的です。

<火星>
・火星はその赤い色から中国でも西洋でも戦に結び付けられますが、インドでも非常に残酷で、刃物のように鋭い神です。この神は、傲慢な気持ちで自分を崇拝する人は許容せず、そのような人の家庭を壊し、繁栄を許しません。けれども、儀礼を守って、謙虚な気持ちでいつも変わらなく礼拝する人々に対しては、冨や無病息災などの恵みを与えます。この神を礼拝するときは、赤い服を着て赤い花を供え、赤い色の食べ物を1日1回だけ食べます

<木星>
・サンスクリット語でグル(指導者)と呼ばれる木星は、惑星の中の王で、神々を指導する役目を担っています。色は黄色で、大きな腹と広い胸を持ち、すべての美徳の持ち主です。木星はその変わらない明るさと暖かな色、ゆったりとした天球上の動きから、古代中国でも古代ギリシャでも、天空の貴族、神々の王とされました。

<土星>
・土星は、非常に恐ろしい神です。怒っているときは人を震え上がらせ、喜んでいるときは人に慈悲深くなります。しかし、土星を有名にしているのは、その驚嘆すべき破壊力です。

<北極星>
・北極星は、ヒンドゥー神話ではドゥルーヴァと呼ばれます。ドゥルーヴァはウッタナバーダ王とその王妃サニチの息子で、父王の膝から追われる
ことのないように天空に座りたいと願い、不動の北極星になりました。



『シュメールの天皇家』 陰陽歴史論より 
鷲見紹陽 明窓出版   2007/8/1



<高天原はスバルである>
<太古、神人はスバル、北極星、オリオンからやってきた>
・本書の「陰陽歴史論」とは、高天原の昴(スバル)系の氏族とアースガルトやアガルタの地底系氏族という“陰と陽”の二系統の血脈の関わり、抗争の中で歴史は動いてきたのであり、それが歴史の真相であったことからつけたものである。

・さらにこの“陰陽”の二系列は地底信仰の氏族のシャンバラ(セム)系とアガルタ(ハム、ヤペテ)系の二つにも見られ、後者はさらに親高天原と反高天原に分かれた。

<スバル、北極星、オリオンの三位一体>
・これまでわが国の天皇家の天之御中主神(あめのみなかぬし)やキリスト教の“天の父なる神”がスバル(プレアデス)信仰にあたり、セム系氏族が北極星、北斗七星信仰、ハム系氏族がオリオン、シリウス信仰であることを明らかにしてきた。

・なおヤペテ系氏族はスバルと同じ牡牛座のアルデバラン(ヒアデス星団の赤星)信仰と考えられる。

・この地底世界の実体は不明だが、一部にはプラズマ亜空間説が出されている。空間が歪曲して異空間へとつながっているという説明もあり地底世界というより、別次元の世界と考えられる。

・厳密にはアガルタとシャンバラを区別しなければならないようである。つまり、ヤペテ系やハム系の神域がアガルタで、シャンバラは、セム系の神域ということである。

・藤原氏の北極星、北斗七星信仰はシャンバラ信仰、物部氏のオリオン信仰はアガルタ信仰となる。

・このヤペテ、ハム対セムの対立は天界で天の父なる神に反抗した堕天使に対してヤハウェ(またはミカエル)が天使の三分の二を率いて天の父なる神の側につき、堕天使とそれに従った三分の一の天使を地底世界に落とした事に遡る。セム系対ハム系、ヤペテ系の対立で、後者がヤハウェ側と天使側の半分ずつに分かれたことで、三分の二対三分の一となる。

・セム系民族はエンキの北極星、北斗七星信仰、ハム系民族はエンリルのオリオン信仰であった。

・我が国の神社の大半がスサノオやニギハヤヒ、つまりバールやミトラを祭祀し、その系列神を祭神とした物部氏の神社で、オリオン信仰であり、ハム系の神々を祀ったものであった。

・イザナギの黄泉の国訪問譚はギリシア神話のオルペウスの話がモデルで、途中で約束を破って振り返って見たため永久に妻を失ったエピソードなど同一のものである。なお、イザナミのいた黄泉の国は地底世界でアガルタ(シャンバラ)である。

・大伴氏と物部氏は天皇家をはさんで、セム系とハム系の陰陽の関係にあり、東日本を大伴氏、西日本を物部氏が支配したが、本来は対立関係にあった。

・ハムもセムもノアの子としてアースガルト、アガルタ、シャンバラという地底に起源をもつが、北欧神話などを読むとセム系とハム系の住む領域も異なり(シャンバラはセム系の世界)、元々は対立していたのが、セム系がハム系に服属して和解したことになっている。

・シャンバラとアースガルト(アガルタ)は対立関係にあった。セム系は北極星、北斗七星信仰で、ハム系はオリオン、シリウス信仰で別系統のものが系図で兄弟とされている。

・セム系は“文”の性格が強く、ハム系、ヤペテ系は“武”の血脈である。ハム系の中でもカナン人は、ノアによって呪われ、“カナンの呪い”という言葉が残っているが、聖書の中でもキリストが忌々しきものマムシの末裔として避難している。

・この我が国におけるセム系とハム系、高御産巣日神系(たかみむすび)と神高巣日神系(かみむすび)が、天皇家を間において対立・抗争してきたのが日本の歴史で、しかもそれは国民の一割前後の民族の抗争であったとするのが本書である。

<天孫降臨の地は飛騨である>
・スワティカ(卍)は、もともと宇宙エネルギー発動の神聖な表現である。

・北欧神話のアースガルトがインド神話のアガルタという地底世界への信仰を有するトゥーレ協会という一種の秘密結社で、ヒトラー自身が、その地底世界を求め探検隊をチベットに送ったり、そこで知りえたものと思われる。

・ナチスとアガルタの結びつきについては多くの人が論じている。有名なスウィフトの『ガリバー旅行記』もケルトによる地下世界探検譚を集めて書かれたものである。




『宇宙からの黙示録』   オイカイワタチとは何か
目覚めよ、日本のワンダラーたち!
渡辺大起   徳間書店     1982/1


・(本書原本の刊行当時は、1982年。)

・その日、その時、地球を覆うほどに膨大な数の“宇宙船”と“空飛ぶ円盤”が訪れる。地球の人類同胞は、決して慌てたり恐れたりする必要はない。 
彼ら宇宙船と宇宙人は、地球を攻撃に来たのではない!
限りなき愛と真理の援助の手を差し延べに来たのである。

・我々仲間が宇宙に心と目を向け始めたのは1960年前後のことである。我々は、宇宙と存在する膨大なことがらの中から特に一筋の糸を運命という手によって手繰り寄せたのである。
 この糸は円盤、宇宙人に始まり彼らとのコンタクト、続いて宇宙の偉大な方々からの学びへと進んでいった。それは地球への驚くべき警告と、太陽系の一遊星=地球の運命を左右する重要な問題へと続く大切な糸であった。
 また、日本に住む我々には、オイカイワタチという特別な役割が天より与えられていることも知った。

<金星に住む宇宙人サナンダ(AZ)は警告するールシファーと地球のカルマについて>
・ルシファーに与しなかった私達は、光のより高度な段階におけるエーテル状の非物質世界に解脱した神の子として入りました。
一方、ルシファー達(王子ルシファーとそれに与した人々)は、悲しみの暗黒世界に、重厚な物質の中の意識の夢遊状態に堕ちたのです。

・ただ、オリオンやルシファーの力は、イエス(金星の大長老サナンダ)を地球から除き得る(磔のこと)ほどに強いのだということを、お知らせしておかなければならないでしょう。

・我々は、今日に至るまで数えきれぬほど円盤を目撃してきた。多い者は、千回以上にもなろうか。また、直接コンタクトから始まって、より高度なテレパシーコンタクト、サイキック(魂による)コンタクトに至るまで、さまざまな種類のコンタクトを体験してきた。

<オリオンは地球を狙っている!>
<太陽系には惑星が12ある>
・どの遊星にも霊界があり、金星人は霊界と自由に往来して話をしている。

・宇宙人は金星から地球まで10分間(地球の時間)で来ることができる!

・地球には衛星(月)が二つあるのだが、一つは地球のエーテルがないので見えないのである。見えない月の大きさは、見える月の1.3倍くらいである。

・宇宙人によると宇宙に存在する原子は159種で全部天然の原子である。一番大きな原子量を持つ原子はロルムと呼ばれ陽性で個体として存在している。また、水素より小さな原子もあり、クイルと呼ばれている。

<宇宙の奉仕者ワンダラー>
・宇宙のワンダラーは宇宙船に乗って地球にやって来たのではない。彼らは、地球に生まれ変わったのである。即ち、地球人となって使命を果たすのである。

・ワンダラーの中には、地球人の肉体を着けないで、宇宙人の姿のままで働く者もいる。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・神智学では大師といいますと、モリヤ、クートフーミ、ジュワル・クール、セラピス・ベイ、ヒラリオン、イエス大師、ラーコーツィ大師、サナト・クマーラ、マイトレーヤ等の名前があげられています。「マイトレーヤは日本において弥勒菩薩、仏教においてマイトレーヤというブッダ、キリスト教においてキリスト、ユダヤ教においてメシア、ヒンドゥー教において、カルキというアヴァターラ、イスラム教においてマフディーというイマームとしてしられている」とのこと。

・同一の神がさまざまな形態に化身したり、多くの名前を持っているそうです。私たち一般人は、世界の神々については詳しくは知りません。シャンバラの支配者(世界の王)のサナト・クマーラがルシファーであることや、サナンダは神智学ではサナト・クマーラより上位の存在として「沈黙の監視者」と呼ばれています。キリストの転生歴を持つ金星のマスター(長老)の正体も謎が多いそうです。金星のマスター(長老)とのコンタクトの話もUFO物語ではよくでてきます。アセンディッド・マスターについても存在するのだが、私たち一般人は、その力を知らないということだそうです。

・ナチスをはじめ歴史のおぞましい虐殺・戦争の歴史には、ハム系とかセム系とかの血流の対立・抗争が底流にあるという説もあるそうです。宇宙人の憎しみなどの感情は、人間の感情の範囲をはるかに超えているようです。神々の神話でも争いや戦争の話が多いようです。また「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれます。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれ、スター・ウォーズが地上の2派に分かれ、争いや戦争を継続することもあるようです。

・堕天使ルシファーが天使団の3分の1を率いて神に反抗したという太古の物語は、現代では「天使と悪魔」、「キリスト教会とイルミナティ」の争いとかの流れになっているようです。「天の戦争」「スター・ウォーズ」は地球上に投射され、人類の歴史は平和の時代よりも戦争の時代が長かったといわれます。今も世界中で殺戮が行われています。

・フランス人のクロード・ボリロン・ラエルというコンタクティで有名なサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人は「実験室で人間を創った」といわれ、一方、神やシリウス星人は「思念で人間を創った」ともいわれます。リラ星人は人類に3万年進化しており、多くの他の異星人とともに人間の進化を観察していたようです。また米国が秘密協定を結んでいるオリオン星人は人類に5万年進化しており「人間の魂の交換」ができるようです。

・また、シリウス星人は遺伝子操作で人間がぞっとする生物を作ったので、神に嫌われたそうです。神が洪水などの天変地異でそれらの生物を全滅させたともいわれます。シリウス星人にはネガティブ・グループとポジティブ・グループがおり、宇宙人の世界を複雑にしています。イルミナティは爬虫類的異星人(レプティリアン)に関係しているグループのようです。

・1970年代には、日本にも少数のコンタクティのグループなどがあり、活発に運動していたそうです。今も全国に色々とグループがあるそうですが、メディアがとりあげないようです。

・「マスター・クラスの長老などと宇宙船上で会った」という話もあり、当時は宇宙人も街中を徘徊していたそうです。金星のマスター(長老)、サナンダと宇宙母船で会ったという日本人のコンタクティもいるそうです。当時、金星のマスター(長老)が、米ソ核戦争の危機を警告にきていたそうです。ちなみに、キリストはアプ星人で、戦後、アプ星人は国際連合の設立に動いたそうです。

・伝説や民話では、昔から「異人」や「神人」が地上に現われて、活動していたようですが、現代でも同じようなことがあるのでしょうか。空飛ぶ円盤や小柄なバイオ・ロボットのグレイや金星人のように「見える宇宙人」から「目に見えない宇宙人(神々や天使)」の時代に移り、それとともにメディアも騒がなくなったそうです。

・より進化した宇宙人は、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のように、空飛ぶ円盤に乗ってくるよりも、人間の肉体や精神に憑依したり、転生してくるので、識別が難しいようです。パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だそうです。

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、異星人と地球人との境界がぼやけてしまいます。前世を記憶するアメリカ人が多いそうです。異星人が精神に憑依したりしますと、誰も識別ができなくなります。

・「エーテルの見えないもう一つの月」についても言及が少なくないようです。「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」そうです。エーテル界やアストラル界のように「目に見えない世界」にいる異星人や神々や天使、堕天使の動きはまったく分かりませんが、「あの世」からの影響力は増大しているそうです。

・「りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている」そうです。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/13のツイートまとめ
yamadori0250

ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけているかどうかという問題は決定的な決め手となる証拠を欠いているため今日でもなお未解決のま:http://t.co/RfLr3PidXp #yaplog
10-13 16:42

ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけているかどうかという問題は決定的な決め手となる証拠を欠いているため今日でもなお未解決のまま残されている。 http://t.co/cbq3ZSfTXg
10-13 16:30

ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、 http://t.co/o9OMiRGlW2
10-13 16:28

ブログを更新しました。 『いヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をう』⇒ http://t.co/3KG3KVuANv
10-13 16:24

ブログを更新しました。 『抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるか』⇒ http://t.co/hkPHTpaHSj
10-13 16:22

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけているかどうかという問題は決定的な決め手となる証拠を欠いているため http://t.co/Eh4LUlM7qu
10-13 16:19

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/IPKmKx5MWt
10-13 16:17

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけてい http://t.co/FXDNVZ3CkA
10-13 16:16

[exblog] ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけているかどうかという問題は決定的な決め手となる証拠を欠いているため今日でもなお未解決のまま残されている。 http://b…
10-13 16:11

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけてい... http://t.co/ERUJQ1sp8e
10-13 15:59


続きを読む
ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがってヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけているかどうかという問題は決定的な決め手となる証拠を欠いているため今日でもなお未解決のまま残されている。


『ヒトラーの遺言   1945年2月4日――4月2日』
アルティン・ボルマン   原書房   2011/6/13




<解説   戦時下のベルリンにて    篠原正瑛>
・ケーニヒスベルクで、一学徒として1年あまりの学究生活を送った私がふたたびベルリンの下宿に戻ってきたのは、1944年の8月半ばのことであった。

・そのときはすでに、ドイツの決定的敗北はだれの目にもあきらかであった。緊急の用事をかかえた在留邦人以外の日本人はすべて中立国への脱出か、ドイツ国内の安全な地域への避難の準備をはじめていた。したがって、これからギムナジウムの日本語の先生をひきうけてテンプリンくんだりまで赴任しようなどという物好きな日本人は、私の他にはひとりもいなかった。

<日本語版でカットされた部分は?>
・ヒトラーがかかげた政治的理念(国家社会主義)と大衆運動の組織(ドイツ労働党)の名称が明白にものがたっているように、ヒトラーは社会主義を信奉し、自分こそは労働者と農民の真の味方であると確信していた。したがって、このヒトラーが君主とか王室に反対であったことは当然であろう。

・それに、文章自体がかなり難解な――というよりも、むしろかなり読みづらいといった方が正確だが――『わが闘争』を原語で読みこなせる日本人の数は多くなかった。

<ヒトラーとユダヤ人問題>
・ヒトラーと彼の生きざまを語る上でどうしても避けて通ることのできない関門は、ユダヤ人問題であろう。しかし、この問題はあまりにも大きく、そして深く、しかもヒトラーが死んで半世紀近くもすぎた今日になってもなお、まだ解くことのできない謎の部分が多く残っているため、いまここでそのすべてを語りつくすことは不可能である。

・当時、ドイツではヒトラー総統の生い立ちのことが話題になっても、すべてヒトラー自身が『わが闘争』の中でみずから語っている事柄の範囲を出なかった。ただ一度か、二度、私は何かの機会にドイツ人の知人や友人と歓談しているとき、いわばひそひそ話として語られた噂の中で「ヒトラー総統の曽祖父はユダヤ人だったらしい」ということを耳にしたおぼえがある。

・それかあらぬか、ヒトラーは自分の家系のことを聞かれたり、家系のことが話題になると、ひどく不機嫌になったという。ヒトラー自身は、自分の曽祖父がユダヤ人だったという噂は耳にしていたらしく、ひそかに腹心の二人のゲシュタポに命じて調査させていたらしい。しかしながら、少なくとも彼らがヒトラーに報告した調査結果は「シロ」であったという。

・ヒムラーが内密に調べたヒトラー総統の家系調査の結果は知られていないが、もしもヒムラーが捕えられ、彼らの調査の結果が公表されて、かりにヒトラーの曽祖父がユダヤ人であったことが確認されていたら、ヒトラーの体の中には4分の1だけユダヤ人の血が流れていたことになる。もっとも、ナチ党の人種法では、家系の中でのユダヤ人の介在が問われるのは祖父または祖母までで、それ以前の介在は不問とされていたから、ヒトラーの場合も人種法の上では問題にはならなかったであろう。

・しかし、かりそめにもユダヤ人を人類の敵としてその完全な抹殺を宣言してはばからなかったヒトラー総統自身に、たとえ4分の1にもせよユダヤ人の血が混じっていたことが立証されていたとしたら、そしてそのことが何らかの方法で公表されていたら、そしてそのことが何らかの方法で公表されていたら、1000万を超えるナチ党員や、ヒトラーの世界観に共鳴していた何百万のヒトラー支持者たちの動揺と混乱は、想像もつかないほど深刻なものであったにちがいない。

・すでに述べたように、ヒトラーの三代前の先祖がユダヤ人であったかどうか、したがって、ヒトラー自身はこのユダヤ人の血をうけているかどうかという問題は、決定的な決め手となる証拠を欠いているため、今日でもなお未解決のまま残されている。しかし、この仮説をすでに立証されたものとして信じている人たち(世界中でその数は少ない)の中には、第2次世界大戦にヒトラーの命令によって行われたユダヤ人の大量虐殺――その数は400万人とも、600万人ともいわれている――は、いまわしいユダヤ人の血を体内にもっているヒトラーのユダヤ人コンプレックスのなせる業だと主張する者も多い。

・ユダヤ人の実像についてヒトラーが“開眼”したのは。将来の画家を夢見ていた彼が17歳になって、正規の学校に入って絵の勉強をはじめるためにウィーンに移り住んでからである。

・ヒトラーはウィーンで美術学校の入試に失敗して画家になることはあきらめ、もっぱら政治的な問題につよい関心をいだくようになった、もっとも、ヒトラーは以前から政治には関心をもっていたが、いままでは抽象的な関心だったのが、ウィーンに住むようになってからは、きわめて具体的な関心に変わったのである。



『FBI超能力捜査官マクモニーグル』
「遠隔透視」部隊の現実  (並木伸一郎・宇佐和通) (学研)





<幽霊のハンス>
・幽霊もよく見る。亡くなった妻の母も会いに来た。あれは感謝祭の夜で、妻の母は、その年の8月に亡くなっていた。家族が感謝祭で集まったとき、私は、どうしようもない眠気に襲われて、二階の寝室で横になったんだが、ふと目が覚めると義母がベッドのわきでほほ笑んでいた。私は、嬉しくなって「すべて順調だから心配しないで」と話しかけた。すると義母の姿が消えた。

・陸軍時代、ドイツでも幽霊を見た。長旅を終えて新しい宿舎に着いた夜のことだ。洗濯をしようと地下に行ったが、どの部屋が洗濯室なのか分からずうろうろしていると、年老いたドイツの男性と出くわした。ドイツ人だと分かったのは、民族衣装を着ていたからだ。彼に『洗濯室はどこです』かと尋ねると『ああ、こっちだよ。ついて来なさい』といわれ、『ここだよ』と、部屋まで案内してもらった。私は、礼を言って洗濯を始めたが、目をあげると、彼の姿はもうなかった。私は、ドアと彼の間に立っていたから、彼が出て行くのに気付かないはずはない。不思議に思って、あちこち探したが見当たらなかった。
 
・同僚たちの部屋に向かう途中で、ふと当り前のことを思い出した。そこは情報関係の建物で、ドイツ人が出入りできるわけがないのだ。部屋に入って、『あのドイツ人は誰だ?』と聞くと『ああ、それは幽霊のハンスだよ』と、あっさりいわれた。部隊では有名な幽霊だったようだ。悪さをしないが、頻繁に姿を見せるという。現れたり消えたりしながら、アメリカ兵とのコミュニケーションを楽しむらしいのだ。その建物に取り付いているのだろう。ドアを開け閉めすることや、あるいは皆がいる部屋に入ってきたり、ポーカーをしているテーブルの脇でじっとしていることもあった。兵士の一人が怒って灰皿を投げつけたら、灰皿はハンスの体を通り抜けて壁に当たった。



『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』
スチュアート・A・スワードロー   徳間書店  2010/6/18




<エイリアン集団紳士録>
<アルデバラン   ゲルマン人とバイキングを創作・管理>
・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐらいの茶色の髪で、目がヘーゼル(はしばみ)色の人もいる。この集団は、ゲルマンの諸民族とスカンジナビア人、特にバイキングの創作と管理を担当した。強い関心を持って、こと座文明の再創造を支援している。よくノルディック人と混同されることがあるが、ノルディック人は、もっと背が高く傲慢である。


<アルクトゥルス  ローマ帝国建設を手伝った精神性の高い種>
・非常に精神性の高い種である。原始的な形態の宇宙旅行技術(地球より発達しているが、シリウス人ほどハイテクではない)を保有している。白いローブを着た聖職者層が支配している。

<りゅう座人(ドラコ) このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティ>
・地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である。分断して征服することを画策する彼らは、リゲルとともに海を沸騰させたり、大地を焼き焦がしたりしたように、暴虐さで有名である。
 りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。

<プレアデス   こと座からの避難民、長身金髪のノルディック>
・ノルディック、背の高い金髪とも言われる。元々は、こと座(リ-ラ)文明からの避難民であるが、7つの恒星と15の入植済みの惑星からなるプレアデス星系の存在である。

・1959年に米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、技術格差を埋めるためにプレアデス人が招聘された。だが、過去、彼らは、ヒトラーの人類浄化政策を画策し、仏教を堕落させた。チベットに広大な地下基地を持っている。

・プレアデス人は、ローブを着た白い姿で現れる非物質的存在が率いる最高評議会の指揮下にある。プレアデス人の一集団(アトランと言われる)が、アトランティスに入植した。小柄で青い肌をした集団がプレアデス人と一緒に行動している。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・ヒトラーは第1次世界大戦中に、「幽霊ハンス」のようなアーリアの超人たち、ゲルマンの神々に「人格転換」を受けたそうです。幽霊ハンスのように、記録に残る幽霊は多くはないようです。幽霊の話は古今東西を問わず、ありますが、どんな幽霊なのか詳しくはわかりません。そこで死んだ人々の霊がでてくるという話のようです。高次元のアルデバランの宇宙人も幽霊の形ででてくるようです。

・ヒトラー・ナチスが崇拝した金髪碧眼のアーリア人種がアルデバランの宇宙人のようです。そして「ユダヤ人の虐殺の黒幕に金髪碧眼のノルディックというプレアデス星人がいた」という奇説もあるようです。プレアデス星人もネガティブ・グループとポジティブ・グループの2種類があるようです。いわゆるダーク・マスターの配下になると、宇宙人は全部、ネガティブ・グループになるようです。「アルデバラン人は、よくノルディック人と混同されることがあるが、ノルディック人は、もっと背が高く傲慢である」ということで、戦後、米国に現れた金髪碧眼のノルディックはプレアデス星人のようで、ナチスと関係があったようです。

・マクモニーグルがバハマの海岸で見たというフットボールのグランド三つ分はありそうな大きな円形の物体UFOは、『悪魔の船』だったのでしょうか、それとも“神々”でも搭乗していたのでしょうか。巨大なUFOの目撃は、昔から時々、報告されているようです。

・「ドイツ語は悪魔の言葉」だそうですが、悪魔だったら幽霊にでもでるのでしょうか。霊能力者は、通常、人が見ることのできない幽霊も見れるでしょうが、『幽霊ハンス』は、当時の米軍部隊内でも有名だったそうです。この幽霊ハンスは、ナチスが崇拝した金髪碧眼のアーリア人種の超人、ゲルマンの神々だったのでしょうか。幽霊のような異次元の宇宙人の影響力は私たち一般人は、想像もつかないようです。

・『幽霊のハンス』は、ヒトラー・ナチスが崇拝したという金髪碧眼の『アーリアの超人』たちとは関係があったことが窺われます。アルデバランの異次元の宇宙人が、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)や人間の肉体や精神体に憑依して、また幽霊の形態で地上にでてきたようです。

・ヒトラーの人格は、アルデバランの宇宙人によって戦場で転換されたようです。「人格転換」という概念は、理解が容易でないですが、ゲイも「人格転換の一種」ともいわれています。

・ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)によると、
「大戦末期の1918年10月15日、ヒトラーは敵軍のマスタードガスによる化学兵器攻撃に巻き込まれて視力を一時的に失い、野戦病院に搬送されている。一時失明の原因についてはガスによる障害という説以外に、精神的動揺(一種のヒステリー)によるものとする説がある。ヒトラーは治療を受ける中で自分の使命が「ドイツを救うこと」にあると確信したと話しており、ユダヤ人の根絶という発想も具体的手段は別として決意されたと思われている。1918年11月、ヒトラーは第一次世界大戦がドイツの降伏で終結した時に激しい動揺を見せた兵士の一人であった。この日、もしくは次の日にヒトラーは超自然的な幻影を見て視力を回復した。この回復の課程には、治療に当たっていたエドムント・フォルスター(ドイツ語版)博士の催眠術による暗示の可能性があるとされる」とのこと。

・戦場では多くの兵士が死にますが、その時に戦場から幽界や霊界に霊として死人たちが大量に移動します。そのために多くの天使が集まってきて、死人を案内します。そこで、死者の魂とあの世の者の魂の入れ替わりや、天使のような宇宙人が肉体や精神に憑依して、生き返る場合があるようです。ヒトラーは「霊界から来た男」ともいわれ、売れない水彩画家から別人格に転換されたことが窺われます。ヒトラーのユダヤ人に対する憎悪は、「人間の憎悪」ではなく、執拗で残酷な「宇宙人の憎悪」なのかもしれません。悪の宇宙人の感情は、人間の感情の範囲を大きく超えているのでしょうか。ヨーロッパでは宇宙人やコンタクティが何者かに命を狙われたという話もありますが、人種に関する複雑な背景があるのかもしれません。
***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/12のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月11日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/O1NCGQacnk
10-12 04:55


10/11のツイートまとめ
yamadori0250

抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる:『救国の八策』佐々淳行   幻冬舎…http://t.co/eET25Ayq6q #yaplog
10-11 22:54

抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/ndP8XPrbX4
10-11 22:41

抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。 http://t.co/cW1Vfs9hoX
10-11 22:40

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもし http://t.co/qVdw7WN8jq
10-11 22:35

[exblog] 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/hvA1NohI4k
10-11 22:31

[exblog] 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/dZ5nKXGCrc
10-11 22:30

[exblog] 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/d9wNCpyRCE
10-11 22:30

[exblog] 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/KyQvBRQ2Qc
10-11 22:30

[exblog] 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/AIzIvGliqi
10-11 22:30

[exblog] 抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる http://t.co/uiJO8uobAx
10-11 22:30


続きを読む
抑止力としてもっとも強力なのは原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば敵空母の機動力は阻止できる


『救国の八策』
佐々淳行   幻冬舎    2012/7/25




<私の考える「救国の八策」とは>

第一策 海防論――日本は四方を海に囲まれた海洋国家であることを忘れるべからず、固有の領土を将来にわたって守るため、海防を強化すべし

第二策 外交論――集団的自衛権の行使を認め、日米安全保障条約を「100年条約」にすべし、中国に対しては、尖閣問題は周恩来・鄧小平の合意の線に立ち戻って、より賢い孫たちに解決させることとし、「凍結」する。「防衛費1%枠」は撤廃、防衛問題を財政問題にしてきた愚をあらためよ

第三策 皇室論――まず天皇制護持を宣言せよ。「皇室典範」の改正により、旧宮家男系相続人の養子縁組を認め、皇統断絶の危機を回避すべし

第四策 憲法論――第九条のくびきを打ち破り、自衛隊を国軍にすべし。国民の命運に関わる重要案件について、国民投票を可能にせよ

第五策 国防論――敵地攻撃能力なくして国民を守ることは不可能と認識せよ。一朝ことあらば「躊躇なく、敢然と立ち上がる」意志を示すべし

第六策 法案・危機管理論――社会とともに変化する犯罪、さらに自然災害に備え、国民の安全、治安に携わる公務員を増員すべし

第七策 エネルギー論・食糧論――安全性確保の方法を明示し、原発を再稼働した上で、新エネルギーを増加させる道筋を示すべし

第八策 経済論――専門家の英知を実現するにも、国の信用が不可欠。政府は自らの身を切って覚悟を伝え、国民の信頼を取り戻すべし

<第5策――国防論>
<超一流の「海防力」を誇る自衛隊>
<第一級の装備は海上自衛隊だけではない>
<海兵隊と揚陸強襲艦を備えよ>
・望ましいのは前述のごとく海兵隊なのだが、アメリカのように陸海空軍に加える第4の軍種として立てるだけの余裕は予算的にもない。とはいえ尖閣問題は喫緊の課題なので、早急に1個大隊(約800名)でも水陸両用部隊をつくる必要がある。

<原潜という究極の抑止力>
・抑止力としてもっとも強力なのは、原子力潜水艦である。「空母に狙いをつけた原潜がどこかに潜んでいるかもしれない」となれば、敵空母の機動力は阻止できる。
 一カ月もでも二カ月でも潜航可能な原潜は、「その海域にいる」という可能性だけで敵国は身動きできなくなるのである。
 
・フォークランド紛争のとき、英国原潜コンクアラーがアルゼンチンの重巡洋艦ヘネラル・ベルグラーノを緒戦で撃沈し、アルゼンチン海軍の行動を阻止した。「イギリス海軍の原潜が展開しているかもしれない」というだけで、アルゼンチンは戦況を見直さざるを得なかったのだ。
 
・原子力潜水艦2隻と、搭載兵器として巡航ミサイル「トマホーク」があれば、長期間海中に潜んで、弾道ミサイルを発射しようとする国があればその基地を攻撃することも可能になる。核弾頭である必要はない。通常弾頭でも非常に大きな抑止力になる。防衛という観点から、選択肢として考えるべきだろう。

<第六策――治安・危機管理論>
<治安要員を削減してはいけない>
<民主党政権の脆弱な危機管理能力>
・しかも危機管理に不向きな内閣のときに限って大事件・大事故が起こる。

・民主党の無能、虚言、裏切り、責任転嫁などは今さら語るまでもないが、野田内閣が2012年4月3日に国家公務員の採用削減を閣議決定したことには、怒りを通り越して脱力した。無定見ここにきわまれり、と言うほかはない。

<負担人口を500人以下に>
・各国と比較してみると、日本の警察官は決して多くはない。
約25万2000人の警察官がいるけれども、警察官1人あたりの負担人口は、日本は503人である。

・たとえばフランスは約6200万人の国民に対して、警察官はおよそ21万人8000人、負担人口は286人である。負担人口だけで列記すると、ドイツ314人、イギリス366人、イタリア282人、アメリカ353人と日本の7割以下なのだ。

<交番相談員も1万人に>
________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・「民主主義国家においては国民はその程度に応じた政府しか持ちえない」、「国民が政治を嘲笑している間は嘲笑に価する政治しか行われない」、「諜報機関のない国は既に国益を大きく損ねている」ということで、広くいろいろな層から多くの政治に関する提言がなされています。インターネットが普及しましたので、多くの情報、見解が莫大な量になっているようです。昔は、新聞をよく読むことが、政治や社会、世界の動きを知る一番手ごろな手段だったようですが、新聞の「活字離れ」といいますか、パソコンの前で過ごす時間の方がとても大きくなっております。新聞を見るのに費やす時間が人により極端に、違うようです。新聞の購読を止める人も増えているそうです。

・「限られた予算、増えない税収、十分でない福祉予算を削る財政赤字」ということで、「財源の裏付けのない政策は実現できない」ことは明白です。限られた防衛予算5兆円を大きく増額することは難しいようです。なかなか「身を切る改革」も実現できていません。また消費税増税で、増税がうまいこと実現する保証はないそうです。そして将来的には人口減少の問題、人口の半減の問題も社会に不安を与えています。

・「抑止力のない高価な通常兵器」を少数揃えても核兵器を持つ国に対しては「抑止力」にならないそうです。当時、国会で爆撃装置と給油装置を外された高価な航空自衛隊のF4ファントム戦闘機は、北朝鮮の拉致事件には、何らの「抑止力」とはなりませんでした。歴史には「もし」ということがありませんが、航空自衛隊のF4ファントム戦闘機に爆撃装置と給油装置をつけてライセンス生産をしておれば、北朝鮮は「拉致事件」を起こすことを思いとどまったのかもしれないそうです。元警察官僚が「警察が、しっかりしておれば北朝鮮の拉致事件は起こらなかっただろう」と述べておりますが、私たち一般人は、奇妙に思えます。「外国人や外国の軍人にバカにされる防衛政策をやめよ」という論客も増えているそうです。

・著者は元警察官僚なのでタブーの「核装備」などについてはのべておりません。近隣諸国の軍事については、私たち一般人は、詳しくはないのですが、「核兵器による恫喝」、「サイバー攻撃による米中戦争」、「北朝鮮による米国への戦争恫喝」とか、いろいろと騒がしい歴史がありましたし、朝鮮戦争もありました。また日本が核装備をしておれば、自衛のための核兵器による武力制裁を恐れて、北朝鮮も「拉致事件」を起こさなかったことでしょう。日本人には想像もできない「戦争狂人」と呼ばれる過激派の将軍たちが「米中戦争」のシナリオを考えているようです。そして核兵器とともに、中国も北朝鮮も「貧者の核兵器」といわれる細菌兵器や化学兵器も熱心に作っており、大戦に備えているそうです。サイバー攻撃に対する米中の高官の話し合いはどうなっているのでしょうか。

<インターネット情報によると>
【ワシントン共同】米連邦大陪審は米企業に対するサイバー攻撃で商取引上の秘密を盗むスパイ行為をしたとして、身柄を拘束しないまま中国軍当局者5人を起訴した。ホルダー司法長官が19日発表した。5人は原子力発電や太陽光発電、金属産業に関連する情報を盗んだ疑いが持たれている。
 米企業に対するサイバー攻撃で、米政府が外国当局者を起訴するのは初めて。
 異例の対応で中国発のサイバー攻撃への強い姿勢を示した。
 中国外務省の秦剛報道局長は「米国が捏造した」と抗議し、起訴の撤回を求めた。
 起訴された中国軍当局者は、いずれも上海に拠点を置く中国軍の「61398部隊」のメンバー」とのこと。

・米国の核打撃力に100%頼ることは国策ですが、いつまでも抑止力のない通常兵器に頼ることは、10年間で50兆円の防衛予算を費用対効果の点でみると疑問だそうです。核兵器周りの兵器を準備して、通常兵器のレベルを上げていく必要があるそうです。バージニア級の攻撃型原子力潜水艦や通常弾頭型の巡航ミサイルを輸入か国産にしていく防衛政策が必要だそうです。それこそ北朝鮮の拉致事件に「抑止力のなかった高価な通常兵器」を装備するという「税金の無駄遣い」になることでしょうか。拉致事件にしても、この程度の問題解決に数十年かけており、被害者の家族が困惑しており、被害者も高齢化で死亡しており、政治家の非力さが窺われて残念です。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/10のツイートまとめ
yamadori0250

異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信じられている霊的存在なのである。:『日本民族大辞典』 吉川弘文館      1…http://t.co/p1rAIsj7J7 #yaplog
10-10 20:57

『異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信じられている霊的存在なのである。』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/ksIbWImDd6
10-10 20:38

異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信じられている霊的存在なのである。 http://t.co/OeysBlqkD9
10-10 20:35

異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し http://t.co/sdMeaHQYId
10-10 20:28

ブログを更新しました。 『異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し(2)』⇒ http://t.co/XUvygEx7eO
10-10 20:19

ブログを更新しました。 『異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し(1)』⇒ http://t.co/9hkLuB0wJX
10-10 20:16

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信じられている霊的存在なのである。 http://t.co/k3Wx9yvu7T
10-10 20:12

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信 http://t.co/PychkothPQ
10-10 19:59

[exblog] 異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信じられている霊的存在なのである。 http://t.co/GSBlQOLyHi
10-10 19:54

UFOパラレル・ワールド  日本は津波による大きな被害を受けるだろう: 異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信... http://t.co/X0zfGltTEJ
10-10 19:38


続きを読む
異人について第4に空間的にはるか彼方に存在し想像上で間接的にしか知らない人々で外国人や異界に住むと信じられている霊的存在なのである。


『日本民族大辞典』
 吉川弘文館      1999/9


<いじん 異人>
(1)社会集団の成員とは異質なものとして、その外部の存在として内部の成員から認識された人物。折口信夫は、海の彼方にあると信じられている他界、常世から、定期的に来訪する霊的存在をまれびとと呼んだ。また岡正雄は、年に1度、季節を定めて他界から来訪する仮面仮装の神を異人と呼び、メラネシアと日本に共通する現象として指摘した。

・従来の民俗学では、秋田のナマハゲや沖縄八重山のアカマタ・クロマタといった、村落あるいは社会の外部から来訪した幸福をもたらすまれびとや、六部・山伏をはじめとする遍歴する宗教者などを対象とし、異人歓待や異人殺しの伝承を中心に、対象社会の個別事例にそって分析がすすめられてきた。これに対して、特定の時代や地域に限定されず、通文化的な分析を可能にする概念として、異人という言葉が使われ始めた。小松和彦は、異人を4つに類型化している。

・第1に、ある社会集団を訪れ、一時的に滞在し、所用が済めばすぐに立ち去っていく人々で、遍歴の宗教者や職人・商人・乞食、旅行者、巡礼者などがこれにあたる。第2に、ある社会集団の外部からきて定着するようになった人々で、難民、商売や布教のために定着した商人や宗教者、社会から追放された犯罪者、強制的に連行されてきた人々などである。

・第3に、ある社会集団が、その内部から特定の成員を差別・排除する形で生まれてくる人々で、前科者や障碍者がその例である。第4に空間的にはるか彼方に存在し、想像上で間接的にしか知らない人々で、外国人や異界に住むと信じられている霊的存在なのである。このように、異人は、ある集団が異質の存在だと想定し始めた人物認識が生じたときに生ずる概念である。

(2)外国人に対する呼称。もとは優れた能力の持ち主や別人・他人として使われる言葉で、外国人に対して使われる言葉ではなかった。しかし加藤曳尾庵の『我衣』によると18世紀後半以降蝦夷地に南下したロシア人に対してはじめて使われたと思われる。

・対外観の変化に伴い、米・英などから相ついで漂着した異国船の乗組員も対象となり、1859年(安政6)の横浜開港後は中国人・朝鮮人を除いた外国人の総称として定着する。野口雨情作詞「赤い靴」の「異人さんに連れられていっちゃった」という歌詞に表われるように、どこから来たともわからない外国人との認識を含む。


『秘密結社の日本史』
海野弘   平凡社   2007/9


<折口信夫の<まれびと>論>
・<特定のおとづれ人>というのは、折口によれば、<まれびと>であり、彼方からやってくる神なのだ。蓑笠を着けた人は神であり、<まれびと>である。したがって、スサノオも<まれびと>なのだ。
 折口は<まれびと>を神であり、「古代の村村に、海のあなたから時あって来り臨んで、其村人どもの生活を幸福にして還る霊物」といっている。
<まれびと>は折口学の根本となることばである。彼は1921年、23年の沖縄の旅でそれを発想したといわれる。彼方からやって来る神とそれを迎える土地の精霊。両者の間に行われる神事、そこから文学と芸能が生まれる。

・この<まれびと>こそ、実は秘密結社であり、折口は、<まれびと>論において、日本の秘密結社を先駆的にとらえたのであった。しかし折口自身、それについてどのくらい意識していたかわからないが、あまり発展されず、結社としての<まれびと>は埋もれてしまった。<まれびと>の原型になったのは、沖縄の八重山のアンガマア、マユンガナシ、アカマタ・クロマタなど。異装して訪れて、祝福を与えて帰っていく民族神を知ったことであった。

・アカマタ・クロマタは、八重山群島で、稲の豊作をもたらす仮面仮装の来訪神である。この神事のために、村人から選ばれた祭祀集団がつくられている。閉鎖的な秘密結社で、入るために厳しい審査を受ける。入社式があり、内部には階梯があり、初年者をウイタビ、2年目をマタタビ、それ以後をギラヌムという。これはメラネシアなどの見られるプリミティブな秘密結社が日本にも入っていたことを示している。他には男鹿半島のナマハゲなどが知られる。
 折口は、蓑笠を着て、鬼のような面をつけてあらわれる来訪神を<まれびと>と考えた。<まれびと>は、秘密の異界とこの世を往来する。そして蓑笠を着けてあらわれるスサノオは<まれびと>とされる。

・スサノオを<まれびと>の密儀を行う秘密結社と見ると、いろいろ理解できることがある。スサノオは大国主命に、さまざまな試練を与えるが、これは結社への入社式の試練と見られる。
 折口信夫は、笠をかぶってあらわれる来訪神<まれびと>として、スサノオ、隼人、斉明記に出てくる鬼などに触れた。隼人は、異民族で、天孫民族に征服され、宮廷の雑役をしたり、芸人として使われていたらしい。また竹を編んで、籠や笠をつくっていたという。

・神話の中には、日本文化の最古層に沈んでいる海洋民族の秘密結社のきおくがひそんでいる。折口信夫はそれを、まれびと。と呼んだ。<まれびと>の秘儀の中の、ほかひ、語り、芸能、占い、そして秘密の技などを持ち歩く人々の集団の中に、日本の秘密結社の原型がある、と私は思うのである。

<日本に秘密結社はあるか?>
・なぜに日本に秘密結社はない、とされたのだろうか。島国であり、単一民族で、万世一系の天皇制だから、秘密結社が存在する余地がなかったと考えられたのだろう
後の歴史学は、日本の歴史も一本の流れではなく、複数の流れであることを明らかにしたはずだ。それにもかかわらず、<秘密結社>が見えてこなかったのは、戦後もずっと、戦前・戦中の史観の呪縛が解けていなかったことになる。

・綾部恒雄が触れているように、戦前にすでに、岡正雄は「異人その他」(1928)で、メラネシア、ポリネシアの伝統的秘密結社が日本文化の深層に沈んでいることを語っていた。それは折口信夫の<まれびと>の考えにつながってゆく、画期的な視野を持っていた。

・ここには、なぜ今<秘密結社>なのか、という問題へのヒントも示されている。<秘密結社>とは<異人><まれびと>(外からやってくる人・神)といかに出会うかを問いかけてくるものなのだ。
 だが、岡正雄の提案はこたえられず、日本は戦争に突入してしまい、<日本の秘密結社>は封印されてしまった。問題は、戦後になってもその封印が解けなかったことだ。戦争に敗れた日本はさらに自らに閉じこもり、異人とのつき合いに臆病になってしまった。


『異人その他』 
(岡正雄) (岩波書店)    1994/11/16


<異人>
・異人もしくは外人は、未開人にとっては常に畏怖の対象であった。あるいは彼らは、異人は強力な呪物を有していると考えて畏怖したのであろう。あるいは悪霊であるとも考えたのであろう。

・自分の属する社会以外の者を異人視して様々な呼称を与え、畏怖と侮蔑との混合した心態を持って、これを表象し、これに接触することは、吾が国民間伝承に極めて豊富に見受けられる事実である。山人、山姥、山童、天狗、巨人、鬼、その他遊行祝言師に与えた呼称の民間伝承的表象は、今もなお我々の生活に実感的に結合し、社会生活や行事の構成と参加している。


『異人・河童・日本人』 (日本文化を読む)
(住谷一彦・坪井洋文・山口昌男、村武精一)
(新曜社)  1987/11

<異人その他><日本民族の起源>
・アメリカ大陸の神話の中にスサノオ神話と同質のものが入っているらしい。もしそうだとすれば、スサノオ神話の歴史的な遡源は3万年近くまでさかのぼってしまうことになります。

・ストレンジャー(異人)が主役を演じる。

・大人(おおびと)というようなストレンジャーがあり、山姥が暮れに市に出るとその市が終わる、という話がある。

・経済史の中で、経済的な事象の中に「市に山人、異人、山姥、鬼が出現し、何程か市行事の構成に散ずるといふ事。つまり交易の相手たる『異人』の問題が考へられる」と書いておられます。要するに、ひとつの社会の対象化するために、そういうふうな異人が出現することが、いかに重要だったかということが、このへんで、明らかにされていると思います。


『秘密結社』
綾部恒雄  講談社    2010/10/13



<異人と祭祀的秘密結社>
・メラネシア又はポリネシアの社会生活の概念となるものはいわゆる秘密結社である。

・そのようなメラネシアやポリネシアの秘密結社の考察は、その様相、変型、フォークロア化の点で、日本文化史に与える暗示はきわめて深いと述べている。

1. 異人が幾度にか、季節を定めて訪来したこと。
2. 異人は先住民より亡魂、又は死者そのものと考えられたこと。
3. 異人は海の彼方から、来るものと信じられたこと。後には、山中の叢林より来るとも信じられるに至ったこと。
4. 異人は畏敬されつつも平和的に歓待されたこと。
5. 異人は食物の饗応、殊に初成物を受けたこと。
6. 異人は海岸地に住まずして山中の叢林に住みしこと。
7. 異人はdual  organization の構成の原因となりしこと。
8. 異人が土民の女と結婚する必要ありしこと。
9. 異人とその女との間に出来た子供が特殊な社会的宗教的性質を有せしこと。
10. 異人は入社式、男子集会所の起源をなしたこと。
11. 異人はその異人たることを表徴する杖、及び「音」を有せしこと。
12. 仮面が男女二つあること。女異人が山中に住むということ。
13. 異人が訓戒、悪事摘発をなし、豊作をもたらし、又はもたらさしめんことを任務としたこと。
14. 異人が季節殊に収穫季、冬至に関係したこと。 
15. 異人は季節が来ると、その出現を期待されたこと。
16. 異人若しくは神は常に村にとどまらないと信じられたこと。
17. 異人の出現の際は女子、子供は閉居したこと。
18. 異人のタブーが財産の起源となったこと。
19. 異人がフォークロア化して遊行歌舞伎団となったこと。
20. 遊行人は異装し、杖と音とを有し、饗応を強制し、或は掠奪を敢えてし得ること。
21. 遊行人が神話、神の系譜を語り、或は之を演技で表現すること。多く季節と関係して。
22. 遊行歌謡団から伊達者(man―woman)が発生したこと。
23. 彼等は民間信仰に於いては、侮蔑されつつも亦高き階級に属すとされたこと。

・すでに触れたように、岡の考察はメラネシアの社会史を範例として行われたのであるが、これらの異人にまつわる表象、状況、発展について暗示された諸項目は、アフリカの祭祀的秘密結社の成立の事情を辿ることによっても、確認することができるのである。
                                                                                     



『天孫降臨 / 日本古代史の闇』 
コンノケンイチ (徳間書店)  2006/12/8

<シリウス星系(龍)対オリオン星系(牡牛)>
・世界各地の神話や伝説を調べると、BC4000~3000年ごろ「牛神」と「龍神」という2種の異星人が地球に来ていたようで、流れは大きく二つに分かれていた。
 牛神が活動した本拠地は、現在の西インドとギリシア地方で、それがインド各地の「聖牛伝説」や「ギリシア神話」として今に伝えられている。

・メソポタミアの神話にも「天の神」と呼ばれた「牡牛の神々」が登場し、その起源もシュメール文明に始まっている。バビロンの主神マルドゥクも、また旧約聖書にも記されるカナンの神であるバールの父エルも牡牛の神である。この流れは、ギリシアやエジプトにも飛び、ゼウスも牡牛の神である。白い牡牛の姿で美女エウロベに近づいた。豊穣の神ディオニュソスも、エジプトのミンも牡牛である。豊穣の神だけではない。メソポタミアの大地母神イシスも牡牛の姿で現れ、ギリシアの大地母神ヘラも牡牛の目を持つ神で、このようにシュメールからの流れの主神全てが牡牛だった。

・原始密教(雑密)の発祥地インドでも、インダス文明の時代から現代まで牛は長く崇拝されてきた。モヘンジョダロの遺跡からBC2000年以上と思われる聖牛の印象や図象・彫像が発掘され、当時すでに牡牛への信仰が存在していたことが判明している。

・彼らは、「驚嘆すべき牡牛なす双神」と表現され、発進母星は65光年先の牡牛座(地球から観測する最も明るく輝く恒星アルデバラン)にあると述べられている。牡牛座の近くにはプレアデス星団(スバル座)もありオリオン星系に属する。

・一方の龍神はどうだろう。発進母星は地球から約8.7光年離れたシリウス星系でとくに地域を限定せず、全地球規模で活動していたからである。私達の銀河は直径が10万光年あり、その意味では龍神の発進母星シリウス、牛神のオリオンはお隣の星、隣接する恒星といってよい。

・前記したインド最古の文献『リグ・ヴェーダ』には天上(宇宙)での両者の凄まじい戦闘が微にいり細をうがって描かれている。そこではテクノロジーの差なのか、圧倒的に牛神が優勢だったようである。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・明治時代ころまでに東北地方を徘徊した「異人」の正体は、異星人だったようです。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」ということがありました。この異人が異星人、オリオン星人だったようです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」という説があります。プレアデス星人は人類に6000年程進化しているといわれ、オリオン星人は5万年進化しているそうです。またオリオン星人は「人間の魂の交換」ができるようです。

・「人さらい」や「神隠し」は天狗や異人の犯行と言われますが、天狗や異人はオリオン星人系列の宇宙人だったようです。

・スサノオかスサノオの転生体かが「異人」、「まれびと」として地上の人間とコンタクトしているそうです。スサノオはオリオン星人系列の宇宙人だったのでしょうか。「遠野郷の民家の子女にして、『異人』にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」ということで異人のオリオン星人は「悪玉」だったようです。その後、民家の子女たちはどうなったのでしょうか。「山女」になったのかもしれません。「山女」は、オリオン星人に人格転換されたのかもしれません。

・神々は理論的にも時空を超えているということで、現代にスサノオが現れたとしても不思議ではないようです。人間の目には見えない宇宙人(神々)の話です。牛頭天王がスサノオ命ということで、旧約聖書と新約聖書の神は違うという説があるそうです。旧約聖書の神の「龍神」と新約聖書の「牛神」の対立で、超テクノロジーに優れる「牛神」が「龍神」を圧倒したようです。

・異人は昔も今も正体不明の存在ですが、「異人」は神の一種だったのでしょうか。神が人間の肉体や精神体に憑依したり、ワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)や種々の方法で人間の姿を装って現れて、「神々も市井の人となり普通の生活をしている」といわれても寿命も人間と変わらないので誰も分からないのでしょう。

・目に見えない天使的な異星人も憑依したりして人間化しており、社会の普通の職業についているそうです。神の現代風の新しい現れ方なのかもしれません。「知る人ぞ知る」ですが、「何事も神が決めている。関与している」という説もあり不思議です。アバブ・トップシークレットなので、誰も正確に分からないということが「正解」ということでしょう。

・河童の正体が、未確認動物ではなく異星人(グレイ)の一種であるという説が支持されだしたようです。クラリオン星人のコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると「河童は現在も海底基地にいる」そうです。河童はゼータ・レチクル星人系列の宇宙人かグレイと同じのバイオロボットなのかもしれません。

・「宇宙人がいるかどうか」を真面目に議論している学者も多くいるそうですが、現代の『地動説』『天動説』ということでしょうか。インターネットの映像の時代ですが「あなたはUFOや宇宙人を信じますか」と言う段階では、話がすすまないようです。特に天文学の世界では異星人はタブーのようです。天文学者は異星人の存在をあまり認めないそうです。

・米国の公務員の守秘義務もコンプライアンスの徹底で厳格に守られているようですし、米軍の軍規も厳しいようです。国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いの宇宙人情報は、守られているようです。欧米の王室や支配階層を統括しているといわれるフリーメイソンリーの存在がしられています。が、日本における秘密結社、フリーメイソンリー組織のようなものは、人々に広く認識されるようなものはないようです。

・神が人間の姿を装い、現代に現れたとしてもメディアにも分からず、自然に秘密結社のようなものができるのでしょうか。「自民党はフリーメーソン的な組織だ」そうですが、どうだったのでしょうか。ハリウッド映画では神の様な人物が登場したりしますが、不思議なものです。

・異人は、経済交流とも関係していたそうです。商業の神様ヘルメスもいるくらいですから。穀物の作り方や金属の道具の作り方や人間の生活様式などは、すべて人間が長年をかけて偶然に発見したものと考えられていますが、当初、異星人が原始人にその方法を教えたものだそうです。

・エイリアンの超テクノロジーも米国が国家資金を総動員してエイリアンとともに研究しているそうですが、恒星間飛行技術などはエイリアンに教えてもらったほうが革命的に早いようです。日本では教科書の内容がよく大きな問題になりますが、宇宙人に関する教科書の記述はないようです。アメリカ空軍士官学校の教科書には、異星人の種類がはっきりと書かれているそうです。米空軍では133種の宇宙人を把握しているようです。

・異人のほうが、人間よりもはるかに高等知性体なので、異人の正体がつかめないのでしょう。人間を創った「異人」のほうが、はるかに進化していますので、当然でしょうか。例えば、『異人・河童・日本人』という表題も『オリオン星人・グレイ(ゼータ・レチクル星人・リラ星人)・プレアデス星人の末裔』と読み替えることが出来るのか知れません。

・「昔のオーストリアとかドイツでは領主というのはほとんどが異人か異人の末裔だった」とすれば、大変な事実で、色々な後講釈ができるのではないのでしょうか。ちなみに、日本民族の原郷として、一つにはプレアデス星座であるという説もあります。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ともいわれ、国内で秘密裏に2派に分かれていたようです。

・ポリネシアなどの南太平洋の島々の異人や神人の伝承は、多いのですが、それに似た伝説は、世界中にあるそうです。つまり、異人や神人が古代の原住民の生活様式やしきたりの起源を創って教えたようなのです。南太平洋諸島の多くの伝承やUFO目撃談、カーゴ・カルトなどの存在は、異人が原住民に部落生活、社会生活などのしきたりを教えたことが窺われます。また作物の作り方も教えたようです。

・日本でも「異人」の伝承は多いのですが、柳田國男が明治43年に発表した『遠野物語』の異人の伝説には、明治時代の頃の遠野地方にうごめく異人の姿があります。「真っ赤な顔の異人」は目立ちましたが、現代では、異類混血で一般人と区別がつかないようになっているのでしょうか。現代の異人の情報もメディアで報道されないと、私たち一般人には、何も理解できないでしょう。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」ということで、住民たちからは恐れられていたようです。

・「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですので、記憶の甦った人が異星人で、普通の人間との差は少なくなっているようです。異次元に存在するといわれている異星人の存在は、精神世界の話になってくるようです。現代では人間と宇宙人の区別ができない時代のようです。また前世を記憶するアメリカ人も多いようです。

・「異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしている」そうですが、現代のメディアでも把握できないようです。人間と寿命も同じなので誰も気づかなくなるのでしょうか。遥かに進化した宇宙人(神)が人間の精神体に憑依するともいわれています。

・旧約聖書と新約聖書の神が違い、牛神と龍神との争いが古代のスター・ウォーズになったという説もあります。モンスタータイプの異星人が神々の役割をしていたのでしょうか。鬼もオリオン星人の系列なのかもしれません。オリオン星人も長身のグレイのようなリゲル人とか、羽の生えたドラコ人とか、人間タイプもいるそうで、多種多様のようです。

・牛神というのは鬼やモーゼのように頭に二本の角が生えていたのでしょうか。モンスタータイプの異星人も種類が多いようです。全宇宙では人間タイプの異星人は7割、動物タイプが3割いるともいわれています。戦後「米国にキリストがきていた」という話もありましたが、キリストの星はアプ星人といい、南米にも来ていました。アプ星人は国際連合の設立に協力したそうです。そのことを考えれば、スサノオかスサノオの転生体が生きており、日本にも来ていたのでしょうか。スサノオは単体とみるのではなく宇宙人種族として見るべきなのでしょうか。スサノオはオリオン星人だったようです。そうするとアマテラスは、リラ星人系列だったのかもしれません。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

左側のエンジン(国有経済)が不調だ。燃料計の残りも少ない。失速警告ブザーが鳴っている・・・・コクピットには強い緊張感が漲っている。

『中国停滞の核心』
津上俊哉    文藝春秋     2014/2/20





<コクピットに鳴り渡る警報音>
・――習近平機長・李克強の副機長のクルーが(中国経済の)操縦桿を握っているが、左側のエンジン(国有経済)が不調だ。燃料計の残りも少ない。失速警告ブザーが鳴っている・・・・コクピットには強い緊張感が漲っている。

・中国経済は投資ブームでいっとき10%を超える成長を享受したが、それは短期的な成長率の「嵩上げ」だった。収益を生まない投資は、むしろ鉄やコンクリートの「消費」に近い。しかも財源は借金――なにやら借金で過剰投資をしていたリーマン・ショック前の米国経済のようではないか。それが実体経済面では過剰設備などの問題を、金融経済面では債務膨張問題を生んでいる。こんな飛行機の飛び方は、完全に行き詰ってしまった。

<「中国経済崩壊」は本当か>
・膨大な金がキャッシュを生まない投資事業に張り付いたままになっている結果、マネーのストックは大きくても、フローで使える資金の流れは細くなっている。資金供給を引き締め気味にするつもりならばなおさらのこと、膨大な潜在的不良債権を処理して、マネーストックを再活性化するメカニズムを早急に立ち上げないと、特権を持たない私営企業にしわ寄せが行ってしまう。「地方債制度の創設」だけでは、ことは済まないのである。

<中国経済成長の展望――迫りくる停滞>
・以上、短期、中期、長期の問題からみて、今後の中国の経済成長率は7%どころか、かなり急速に低下していくであろう。

<短期の「中国経済崩壊」はない>
・家計及び企業債務がこの数年間で急増していることが分かる(世上危惧されている地方政府債務も、あらかたはこの中に入っていると考えられる
る最大のリスクが企業の過剰債務であることを雄弁に物語るものであり、やはりこれ以上の債務増大は避けなければならないのである。

<バブル崩壊の短期リスクは小さい>
・中国経済が「バブル崩壊」など、にわかに大混乱に陥るリスクは小さい(一つの留保を付けたうえで)というのが私の考えだ。

・俄かに倒産企業が続出するといった事態は考えにくいが、やがては処理せざるを得ない時期が来るだろう。

<不良債権処理は中央財政の負担で>
<財政負担の種は山積>
・中央財政は他にも、いまだに13億国民の3分の2に相当する(元)農村戸籍者が社会保障で差別を受けている現状を改めなければならない。日本ではよく「戸籍差別」と考えられているが、戸籍の「紙一枚」のあるなしが問題なのではなく、戸籍とセットで給付すべき、医療、養老、教育、住宅、失業保険、生活保護といった福祉の財源手当がいまの地方政府の手ではできないことが事の本質だ。

<農村は「中国大乱」とは逆のトレンド>
・体制への不満や絶望がもう一段高まらないと、農村が体制不安定化の発火点になることはなさそうである。

<「老いていく社会」に動乱は起きない>
・若者が急速に減っていくような時代には、世間を揺るがせるような熱気が生まれることもない。今後急速に進行する少子高齢化は、中国社会から動乱のパワーも奪っていくだろう。

<究極の懸念事項は財政の持続可能性>
・しかし、中央財政とて有限。いつまでも財政頼みを続けることは不可能だ。

<「ブラック・スワン(予測できない極端な現象)」を呼び込むな>
(土地バブル崩壊?)
・農村の土地売却は慎重にも慎重を期して実施されるだろう。

(地方不良債権は貸し手の自己責任で?)
・「地方不良債権」問題で、仮に「自己責任発言は本気らしい」と伝わったとたん、債券・証券市場は「ドライ・アップ(取引途絶)」といわれる激震に見舞われるだろう。

(中央政府の「異変」?)
・何が起こるか分からない。ちょっとした流言飛語で社会が混乱しかねない――中国はそういう脆さのある国だ。

(人民元は高すぎる?――為替レートへの疑問)
・米国はこれまで国内政治を反映して、一貫して元高を求めてきた。その政治的立場からすると、中国が元安を回避するために為替介入を行うことは称賛こそすれ、反対することではない。しかし、そのために「中国が市場で米国債を大量に売る」ことになったらどうするか。米国の金利は急騰しないだろうか。世界経済はそれで影響を受けないだろうか。
 中国発のブラック・スワンは、案外、海外にも飛んでくるかも知れないのである。

<後遺症その4「シャドーバンキング」の何が問題か>
・中国シャドーバンキングが注目を浴びるようになったのは、その規模が急拡大したからである。

<シャドーバンキング急拡大の原因>
・このように野放図な投資ブームで経済全体の資金循環が変調を来した結果、起きたのが「シャドーバンキング問題」なのである。日本では最近の報道を見て、「シャドーバンキング急拡大で、中国経済はいよいよバブル期の様相を呈してきた」と見る人が多いが、実相は異なる。いまの中国に、バブルにつきものの軽薄、熱狂の雰囲気はない。代わりにあるのは、資産の目減りを憂え、資金繰りの断絶に怯える雰囲気である。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・バブル崩壊といわれても「海外へ移民」ができる特権層と違って大部分の国民は国内で生きていかなければならず、共産党政権がさまざまな施策を打って、事態の打開を試みているそうです。マスクをつけながら大衆は、共産党政権の政策に頼るほか方法がないでしょう。今日の事態を予想していたのは、少数であったようです。最近のニュースは当然ながら、ネガティブなものがほとんどのようです。

・暴動も大規模な武装警察が抑えますので、不満のはけ口がどのような形態になるのか予想がつかないようです。私たち一般人は、チャイナ・ウオッチャーではないので、詳しくは分かりませんが、現在の香港のデモも中国の矛盾が露呈してきているようです。私たち一般人は、中国については分からないことばかりのようです。13億人の人口大国だけに、経済や社会が一方向に動き出すと大混乱になるようです。

・各自が経済活動を最大にした結果、経済が回らなくなったようです。世界の景気は山あり谷ありですが、中国経済は、人口が膨大なだけにその影響力は、予想がつかないそうです。2億人もいるという失業者の動向も分かりません。「中央財政は他にも、いまだに13億国民の3分の2に相当する(元)農村戸籍者が社会保障で差別を受けている現状を改めなければならない」とのことですが、容易でないことは誰にでも分かっているそうです。

・著者もネガティブになった一人のようですが、中国についてネガティブな話ばかりのようで、世界的な経済への影響が懸念されるそうです。「コクピットに鳴り渡る警報音」もバッテリーの故障で泣いた最新型のボーイング787では、今では聞かれなくなったようです。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

健康を維持することはバランスのよい食生活と適度な運動、十分な睡眠でかなり達成できる。要するに、ごく当たり前の生活習慣の改善で済むことなのだ。


『100歳までの健康の知恵』  賢い生活と食
中村雅美   日本経済新聞出版社    2013/5/23





<世界一の長寿国>
<野菜や魚を中心にした低脂肪食>
・日本人の平均寿命は80.9歳(1998年)で世界一の長寿国である。しかし、単に長命というだけでは十分ではない。たとえば、寝たきりでではない、社会活動ができる寿命がどれだけあるかが大切だ。

・日本が健康寿命で世界一である背景としては、衛生教育の普及や生活環境の改善など多くのことが挙げられる。中でも大きいのは食生活だ。野菜や魚を中心にした低脂肪食が健康につながったといってもよい。

・3つのことを頭に置けば健康を増進することは可能だろう。3つとは休養、栄養、美養(美容ではない)である。
 休養は、単に「ぐーたら」を決め込むことではない。きちんと運動をすることだ。それも散歩など軽い運動でよい、続けることが大切なのである。栄養は、バランスのよい食事を規則正しく取ることだ。
 それに加えて美養を挙げたい。美は美しさと同時に清潔さもあらわす。美しくなることに気を使い、身の回りの清潔さに配慮すれば健康の維持・増進にもつながり、生活も充実する。

<ジャンクフードに要注意>
・『40代から始める100歳までボケない習慣』(朝日新聞)の中で同意できるのは、第2章にある「ジャンクフードは危険」の項だ。ジャンクフードは体を痛めつけると指摘している。それだけでなく、ジャンクフードをやめられない人の脳の中はドラッグ中毒者と同じ状態だとまで言い切っている。

・米国はいろいろな意味でお手本としてよい国のひとつである。ただ、私は「日本として、絶対に米国のまねをしてはいけないものが2つある」と思っている。ひとつは医療保険制度であり、もう1つは食生活(食事)である。公的医療保険制度が近くスタートするとはいえ、医療保健制度は民間主体であり、また料理もバラエティに富んでいない。食生活は健康の基本だが米国は食生活が非常に貧しい。国民はさまざまなジャンクフードに取り囲まれている。そのためか、健康を害している人の割合が高く、平均寿命も先進国の中では短い部類に入る。

<「歩く」が運動の基本>
・食事と並んで気をつけたい健康のキーワードは、「運動」である。といっても、「今さら運動などやる気にならない」という人は多いかもしれない。
 かつて、「まなじりを決して運動をする必要性はない」と書いたことがある。生活上のちょっとした工夫が運動になりうるからだ。加齢研究の第一人者である順天堂大学の白澤卓二教授の著書『40代から始める100歳までボケない習慣』(朝日新書)にも、こう書いてある。
「まずは『なるべく歩く』を心がける」

<肥満防止、食事回数より量>
・「医食同源」という言葉がある。日本で生まれたとされるこの言葉は、健康の基本は「食」にあることをうまく言い表している。

・ほとんどの生活習慣病は肥満がきっかけになっており、症状を悪化させる要因にもなっている。肥満を防ぐには、「食事は1日に3回を規則正しく取り腹8分目を目安にする」ことがよいとされる。最近、寝坊のせいなのか、ダイエットのためなのか、朝食を抜いて出勤したり登校したりする人が増えているようだ。

<健康維持、まずは生活習慣>
・健康を維持することは、バランスのよい食生活と適度な運動、十分な睡眠でかなり達成できる。要するに、ごく当たり前の生活習慣の改善で済むことなのだ。特定の健康食品ばかりを取り続ける必要性はほとんど感じない。
「これを実行すれば、病気や痛みなどがみるみるうちになくなる」。こうした奇をてらった健康法とは、そろそろおさらばしたいものだ。

<糖尿病の予防、血糖値に配慮>
・糖尿病は今や「国民病」といわれる。2007年版「国民健康・栄養調査」によると、国内の患者は推定で約890万人、予備軍も1320万人いる。合わせると2210万人で、日本人の5人に1人は糖尿病か、その予備軍となる。
 患者が増えているのは日本だけではない。国際糖尿病連合によると、11年に3億6600万人いた世界の糖尿病患者は、30年に約5億人、場合によっては約10億人になると見られている。

・糖尿病には1型と2型がある。いずれも血糖を分解するインスリンが分泌されなかったり、働きが悪くなったりするために起こる。1型糖尿病の人は、インスリンを作る膵臓の細胞が自己免疫疾患などで破壊されることで発症する。若者によく見られる。
 2型は生活習慣病といわれ、食生活の乱れや運動不足などが原因とされる。人種による差があるが、日本では圧倒的に2型が多い。

<カフェインで抗ウイルス>
・コーヒーと健康について考えてみよう。コーヒーにはカフェインが多く含まれている。このカフェインに、ある種のウイルス(JCウイルス)の増殖を抑える効果が期待できるという。

<コーヒーに脳卒中予防効果?>
・コーヒーと脳卒中の関係を調べた論文は少なく、はっきりしたエビデンス(科学的証拠)があるわけではない。ただ、コーヒーを飲む習慣のある人は、脳卒中のリスクが下がるという報告がある。  
たとえば、スウェーデンでの調査では、コーヒーを毎日1杯飲んでいる女性は飲まない人よりも脳卒中になるリスクが25%低いという結果になった。

・「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」というように、コーヒーや緑茶に脳卒中の予防効果があるらしいというだけで、がぶ飲みするのは避けたい。脳卒中リスクを下げるのはカフェインの働きによるものと見られるが、このカフェインをたくさん取ると、思わぬ「副作用」が出るからだ。

<「カフェイン中毒」要注意>
・1日にコーヒーを100杯以上飲まない限り、何ら問題はないといえる。

・大きな副作用としては、「カフェイン中毒」がある。個人差はあるが、コーヒーから離れられなくなったら要注意だろう。顔面紅潮になりやすく、落ち着かなくなり、集中力の低下やけいれんを起こしやすくなる。悪くすると動悸や不整脈につながる。
 やはり、コーヒーは「体によいから」といって一度に大量に取るのは避けたい。カフェインを含んでいるとはいえ、コーヒーは医師や薬剤師が扱う医薬品ではなく、素人が誰でも簡単に口にすることができる食品なのだから……薬は「もろ刃の剣」で、作用があれば副作用もある。ほどほどにというわけだ。

<ポリフェノールの合理性>
・「フレンチパラドクス」という言葉がある。フランスの逆説という意味だ。1990年代の初めごろから世界中で広まった。
 フランス料理は肉料理が主体だが、それにクリームやバターがたっぷり入ったソースをかける。食べ物に動物性の脂肪が多いから、当然フランスの人たちは動脈硬化になり、心筋梗塞など心臓・血管系の病気が多いと予想される。
 ところがフランス人が心臓病で死亡する割合はほかの西欧諸国に比べて少ないといわれている。脂肪分が多い食事を取っているにもかかわらず、心臓病の死亡率が低いというのが、フレンチパラドックスの由来である。
 
・パラドックスの理由としていわれるのが、赤ワインに多く含まれるポリフェノールだ。実際、フランスの人たちは赤ワインを多く摂取する。これで日本でも赤ワインブームが起きた。ただ、赤ワインを多く飲むことによる肝臓病の増加といったマイナス面もある。

・ポリフェノールには抗酸化作用がある。植物(食物)に含まれる抗酸化物質としてはビタミンCやビタミンEなどが有名だがポリフェノールもその1つ。フラボノイド、クマリン、ヒドロキシケイ皮酸の代表的なものとしては、コーヒーポリフェノールがある。

・体の中では活性酸素ができる。活性酸素は細胞にダメージを与え、シミやしわを作るなど皮への悪影響のほか、老化や動脈硬化、糖尿病、がんなどの引き金になるといわれる。活性酸素は常にできているが、普通はカタラーゼやスーパーオキシドディスムターゼといった酵素や、植物由来の抗酸化物質が生成した活性酸素を消している。

・酵素がよく作られ、食事などから植物由来の抗酸化物質を摂取できる若いうちはいい。それが高齢者になると・・・。ポリフェノールを取ることは、ある意味では合理的なのかもしれない。

・日本人が飲料から取るポリフェノールとしてはコーヒーの47%が最も多かった(緑茶は16%で第2位)

<睡眠時間足りない日本人>
・ひとりでパソコンに向かって黙々と仕事をするのが日本のビジネスパーソンの姿なのだろう。このワーキングスタイルが日本人の睡眠の質の低下や、慢性的な睡眠不足状態を招いているのだろうか。

<たばこを「断つ年」に>
<禁煙で脳も長生き>

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・アメリカ人の自己啓発書を読んでいますと「砂糖と塩を控えめに」と書いてありました。肥満や心臓病に大敵だからでしょう。喫茶店にも人工甘味料が置いてあるところが増えたようです。アメリカ人はコーヒーやコーラを良く飲みますし、食事も塩味が基本だからです。砂糖を入れないでコーヒーを飲む人も増えているようです。砂糖と食塩の「白いもの」はタブーのようです。色とりどりの野菜サラダが良いようです。

・ドイツ人がビールで、フランス人がワインという具合に歴史的にも日常の食生活に結びついているようです。酒屋や煙草屋には悪いですが、ここは「禁酒・禁煙」でしょう。特に年齢を重ねますと酒が体に悪いことが実感されます。また、アメリカのビジネスパーソンは、「タバコを飲んでいると仕事ができない」といって、マイナス評価をするそうです。しかし、若い頃から「禁酒・禁煙」を実行することは難しいことでしょう。病に倒れて入院したりする契機があれば、「禁酒・禁煙」の道にすすむようです。

・「禁酒・禁煙」で塩分と砂糖は控えめ、野菜のバランスの食生活、日常生活に組み込まれた適度な運動、「死ぬまでできる仕事やボランティアや生きがい」、「実行が容易な生活習慣」、「介護フリーの人生」が現代人の理想だそうです。確かに働かなくなると、軽い引きこもりになり足腰が弱まるのが分かります。

・「健康」と「運動」はコインの表裏で、「適度な運動」を日常生活に組み込むことが必須のようです。アメリカ人は「死ぬまで仕事をしたい」というモーレツ人間が多いそうですが、「仕事を続けることが適度な運動になる」ようで健康に良いようです。健康ばかりでなく社会性という観点からも「死ぬまで仕事をする」ことが、これからは重要になってくるようです。趣味に生きるのも良いですが、「死ぬまでできる何かを探す。適度な運動になる生きがいを探す」ことが重要になるようです。それでこそ、「ピンピンコロリ」で介護なしの大往生を遂げられることでしょう。「ひきこもり」やうつ病のような精神の健康についても「適度な運動」が効果的でしょうか。

・フランス料理の基本は塩味だそうです、ヨーロッパ人は、塩味になじみがあり、昔は、日本の味噌、醤油、生魚、納豆にはぞっとしたようです。近年の世界中の和食ブームで、寿司なども外国人が好んで食べるようになりました。欧米人も健康志向で、長寿の日本人の原因が、和食、魚を中心とする食事ということからのようです。

・インターネットの世界でも「数百もある健康法や美容法」は大きなジャンルのようです。「料理法」のネット企業もあります。健康法や美容法は商業ベースにのりやすく、「食」が大きなテーマのようです。「世界中の大人は誰でも何かの健康法や美容法を実践している」そうです。健康や運動は毎日のことです。あなたは、いかがでしょうか。

・昔の中国の皇帝は「不老不死」を求めたようです。昔から宇宙人と会っていたからかもしれません。死後の世界が不老不死の世界で、幽界では人生のベストな若い時の姿になるようです。「不死の惑星」というエロヒムのリラ星人の惑星もあるようです。遺伝子操作で「不死」を達成している宇宙人がリラ星人のようです、フランスのコンタクティ、クロード・ボリロン・ラエルによると「3万年進化しているサタン(悪魔)と呼ばれるリラ星人が、実験室で人間を創った」そうです。

・米国政府が秘密協定を結んだといわれているオリオン星人は人類に5万年進化しており「人間の魂の交換」ができるそうです。「オリオンの邪体霊」ともいわれ、アブダクション(誘拐)や生体実験をしたりして「宇宙の悪玉」のようです。また「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」といわれ、「日本の異人や天狗」もオリオン星人系列のようです。

・パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球ともいわれ、人間は死後、幽界で天使のような宇宙人、シリウス星人と出会うそうです。しかし、ネガティブ・グループのシリウス星人もおり、「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれます。
***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/09のツイートまとめ
yamadori0250

運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。筋力や心肺機能を高めることは、むしろ運動の副次的効果にすぎない。わたしはよく患者に運動をするのは脳を育ててよい状態:http://t.co/bwoFEiCGt3 #yaplog
10-09 10:47

運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。筋力や心肺機能を高めることは、むしろ運動の副次的効果にすぎない。わたしはよく患者に運動をするのは脳を育ててよい状態に保つためだと話している。 http://t.co/4c4Qy9rYDJ
10-09 10:28

運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。 http://t.co/4iClc5mlL6
10-09 10:27

ブログを更新しました。 『運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。筋力や心肺機能を高めること』⇒ http://t.co/RcaYpJbqKU
10-09 10:17

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。筋力や心肺機能を高めることは、むしろ運動の副次的効果にすぎない。 http://t.co/SCnAjKzMYN
10-09 10:08

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。筋力や心肺機能を高めることは、 http://t.co/llmgrFor0k
10-09 10:06

[exblog] 運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。筋力や心肺機能を高めることは、むしろ運動の副次的効果にすぎない。 http://t.co/6bABLsqrCg
10-09 10:03

『2014年10月08日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/ocJ1QM0064
10-09 04:58


運動が脳にももたらすような効果は体への効果よりはるかに重要で魅力的だ。筋力や心肺機能を高めることは、むしろ運動の副次的効果にすぎない。わたしはよく患者に運動をするのは脳を育ててよい状態に保つためだと話している。

『脳を鍛えるには運動しかない!』
最新科学でわかった脳細胞の増やし方
 ジョンJ.レイディ with エリック・ヘイガーマン NHK出版



<結びつける>
・運動すると気分がすっきりすることはだれでも知っている。けれども、なぜそうなるのかわかっている人はほとんどいない。ストレスが解消されるから、筋肉の緊張がやわらぐから、あるいは、脳内物質のエンドルフィンが増えるから――たいていの人はそんなふうに考えている。でも本当は、運動で爽快な気分になるのは、心臓から血液がさかんに送りだされ、脳がベストの状態になるからなのだ。わたしに言わせれば、運動が脳にももたらすような効果は、体への効果よりはるかに重要で、魅力的だ。筋力や心肺機能を高めることは、むしろ運動の副次的効果にすぎない。わたしはよく患者に、運動をするのは、脳を育ててよい状態に保つためだと話している。

・人類の脳の回路には、食物と体の活動と学習とのつながりがもともと組み込まれているのだ。

・しかし、わたしたちはもはや狩りも採集もしていない。そこに問題がある。動くことの少ない現代の生活は人間本来の性質を壊し、人類という種の存続を根底から脅かしている。証拠はあちこちに見られる。アメリカのおとなの65パーセントが太りすぎで、国民の10パーセントがⅡ型糖尿病を患っている。運動不足と栄養の偏りが原因の破滅的な疾病だが、生活習慣によって十分予防できるはずだ。かつては中高年の病気と言われていたこの疾病が、今では若い人たちに広まりつつある。わたしたちは自分で自分の首を絞めているようなもので、しかもそれは生活のすべてが特大サイズのアメリカに限った話ではなく、先進国全体の問題となっている。もっと気がかりで、しかも、ほとんどだれも気づいていないのは、動かない生活は脳も殺してしまうということだ。実際に脳は縮んでいくのである。
  
・私が、願うのは、運動が脳の働きをどれほど向上させるかを多くの人が知り、それをモチベーションとして積極的に運動を生活に取り入れるようになることだ。もっとも、それを義務だとは思ってほしくない。運動はもちろんするべきなのだが、無理強いするつもりはない(おそらく、そんなことをしても無駄だ。ラットの実験により、強制された運動では自発的な
運動ほどの効果が出ないことがわかっている)。運動をしたいと心から思えるようになれば、そのとき、あなたは違う未来へ向かう道を歩み始めている。それは生き残るための道ではなく、成長するための道なのだ。

・わたしが強調したかったこと――運動は脳の機能を最善にする唯一にして最強の手段だということ――は、何百と言う研究論文に基づいており、その論文の大半はこの10年以内に発表されたものだ。脳のはたらきについての理解は、その比較的短い期間にすっかりくつがえされた。この10年は、人間の特性に興味をもつ人すべてにとって、心沸きたつような時代だった。わたし自身、本書のための調査を通じて、運動の効果にますます驚かされ、直観的な洞察は科学に裏打ちされた真実へと変わっていった。

・「だれもが最大の効果を得られる最小の量を知りたがっている」とは、デューク大学の運動生理学者ブライアン・ドゥシャの弁だ。彼は、週にわずか3時間ウォーキングをしただけで心血管系にプラスになることを示す研究を発表したとたん、マスコミからひっぱりだこになった。

<ウォーキング>
・1日1時間、最大心拍数の55から65パーセントでウォーキングを始めれば、その時間で歩ける距離は自然と延び、次第に健康になっていくだろう。このレベル(低強度)では、脂肪が燃料として燃やされ、代謝が盛んになる。体の脂肪が多すぎると、筋肉はインスリン抵抗性をもつようになり、そのせいで脂肪がますます蓄積し、インスリン様成長因子(IGF-1)の生産は減る。

・2007年にミシガン大学で行われた研究によると、1セットの有酸素運動で、翌日にはインスリン抵抗性が改善されていた。筋肉の組織を運動の前後で比較したところ、運動後の筋線維には脂肪の合成に欠かせないタンパク質が生じていた。その効果がどれほど長くつづくのかはわからないが、その発見はほんの少しの運動でもプラスのドミノ効果が起きることを証明した。

<ジョギング>
・脳細胞の内側では、中強度の運動が引き金となって代謝系の掃除屋とも言うべきたんぱく質や酵素が放出され、フリーラジカルやDNAの破片、そのまま放置すると細胞の破壊をもたらす炎症因子を始末する。研究が進むに従って、抗酸化剤を薬の形で服用しても効果はないこと――むしろ有害であるかもしれない――が示唆されているが、有酸素運動によって細胞内に自家製の抗酸化剤を作り出せることはあまり知られていない。しかも、抗酸化剤は話の一部にすぎない。十分な修復期間があれば、運動が導く修復反応によって、ニューロンはより強くなるのだ。

________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・現代人の健康志向は、背景に「現代人の絶対的な運動不足」があります。若い時に働いている時には、自然に体を動かしているので、生活に運動を取り入れる必要性を感じません。『脳を鍛えるには運動しかない!』ということで、運動を生活に取り入れることが、健康を保ち、「脳を鍛える」ことになり、健康で長寿命に導くようです。現代人は健康の維持のために、スポーツジムやスイミング・スクールやエアロビクスのような体を動かす運動になるダンス教室に通っています。家に帰る時に停車駅を一つ手前で降りて、家まで歩くとかの工夫をしているサラリーマンもいるようです。

・月一のゴルフを、何とか増やしたいゴルフ・マニアもいることでしょう。しかし、月一のゴルフでは運動とは言えないでしょう。街中や公園で、ウォーキングやジョギングに励む人が増えてきています。昼休みにジョギングをする人もいるようです。どんな学者や書斎人でも、「散歩」や「自転車に乗ること」を習慣にしている人も多いようです。健康法と言えば、数百の方法があり、商業ベースにのっているようです。

・「青汁」やサプリメントを飲むという習慣も老人層には増えてきているようです。女性の最大の関心事である美容やダイエットでも、根底には医学的な知識や理論がある方法を熱心に毎日のように実践しているようです。美容やダイエットは通信販売の大きなジャンルのようです。テレビでは、「食べ物」に関する番組が非常に多いそうですが、背景に健康志向やダイエットがあるのでしょう。テレビ局は「食事」と「健康」に焦点をあてているように思えるそうです。また米国でも「肥満」が大きな社会問題のようです。街中では肥満者がうようよいるようです。アメリカの「肥満者」は「自己管理ができていない」ということで、ビジネス界では嫌われるそうです。

・アメリカ人は「死ぬまで働きたい」と言う人々が多いそうです。働くことが通勤を含めて、健康に良く長寿に役立つことを知っているからでしょう。「働くこと」が「適度な運動」になるようです。食べることも、運動することも「適度」ということがなかなか難しいようです。アメリカでは一般的なサラリーマンの「定年」もないそうです。

・とにかく「身体をうごかすこと」を日常生活に取り入れると、足腰が弱ってどうしようもないという介護の問題とは距離をおけることでしょうか。この本のように『脳を鍛えるには運動しかない!』ということで、「脳力」という能力も向上できるそうです。ところで、あなたは、どのような健康法を毎日、実践しているのでしょうか。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/08のツイートまとめ
yamadori0250

同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージはゲイ遺伝子についてのハマーの研究以降、劇的に増加している。1982年の17%から2001年の40:http://t.co/KbIjvD0L6h #yaplog
10-08 10:16

同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージはゲイ遺伝子についてのハマーの研究以降、劇的に増加している。1982年の17%から2001年の40%まで増えている。 http://t.co/JADFDXyEBQ
10-08 10:01

同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージ http://t.co/rl27JYbtj0
10-08 09:57

ブログを更新しました。 『同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージはゲイ遺伝』⇒ http://t.co/96CDoSN4JA
10-08 09:50

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : 同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージはゲイ遺伝子についてのハマーの研究以降、劇的に増加している。 http://t.co/P3YGcnukRB
10-08 09:44

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: 同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージはゲイ遺伝子に http://t.co/D3jBkiSlKn
10-08 09:24

[exblog] 同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージはゲイ遺伝子についてのハマーの研究以降、劇的に増加している。 http://t.co/q9pkWD7kAU
10-08 09:20

『2014年10月07日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/3711T0Y6En
10-08 05:10


同性愛が個人のもって生まれたものであるという考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージはゲイ遺伝子についてのハマーの研究以降、劇的に増加している。1982年の17%から2001年の40%まで増えている。


『怪しい科学の見抜きかた』 
嘘か本当か気になって仕方ない8つの仮説
ロバート・アーリック  草思社    2007/12/19
 



<ゲイは遺伝か?>
<同性愛者はそうなることを選んだか>
・あっちの世界を試してみないか、という誘いを断った夜のことを、鮮明に覚えている。私は17歳で、ペンシルヴァニア州のポコノ山脈にある避暑地でプール監視員になったばかりだった。レニーというハンサムな男性ダンサーが私に誘いをかけてきた。レニーが言ったことは正論だった。試さないかぎり、ゲイ・セックスの価値を見きわめることはできない。

・実際にレニーの申し出を受けていたとしたら、アメリカの全男性の16~37%を占めると推定される同性愛体験者の一人になっていたことだろう。これら男性のほとんどはゲイではない。しかし、異性愛者の若者がそのような体験で同性愛という生き方に誘い込まれることがありえるのだろうか。それとも、そうした男は単にゲイであるにもかかわらずそのことに気づいていないというだけのことなのだろうか。

<「利き手」と「性的志向」に見られる共通点>
・バールが指摘しているように、以下に述べる事実のすべては、両方の特性について正しいように思われる。


1 利き手も性的志向も二峰分布を示す
2 少数派の志向を示すものは、集団の20%以下である
3 少数派の志向は、男性により頻繁に見られる
4 少数派の志向は普遍的に見られる
5 少数派の志向は動物界のいたるところに見られる
6 少数派の志向をもつ最初の兆候は早期(人間で2歳前後)に現れる。
したがって、意識的に選択されたものとは思えない
7 少数派の志向は非難される
8 内的な志向を変えるよりも、行動を変えるほうがより簡単である
9 少数派の志向は家系として伝わり、母系との関連がある
一部の家系は、ほかの家系に比べて多くの左利きや同性愛者を出している。これには環境的要因による可能性と、遺伝的要因による可能性の、どちらもありえる。けれども、母系との関連があるー母系の系列のほうにゲイ(および左利き)が多いーことから、これら二つの特性が遺伝的で、それが(女性の)X染色体を通じて伝えられるという可能性がうかがわれる。

10 ゲイの養子となった子供がゲイになりやすいわけではない
 もし両親が左利き(あるいはゲイ)であっても、その養子となった子供が左利き(あるいは同性愛)になる傾向は、母集団一般のものとほとんど同じである。逆に、もし兄弟あるいは姉妹が左利き(あるいは同性愛)の志向をもっていれば、その子と血のつながった兄弟姉妹は、左利き(あるいは同性愛)になる可能性がより高くなる。

11 双子研究
 双子についての研究結果は、あとで述べるいくつかの理由のために、いささか議論の余地がある。けれども、双子の一方が左利きあるいはゲイであれば、もう一方が同じ志向をもつ確率は大きくなる。左利きやゲイが遺伝的特性(形質)であれば、一卵性双生児(同じ遺伝子をもっている)は、他の兄弟姉妹と同じように遺伝子の50%を共有する二卵性双生児に比べて、確率はとりわけ増大するはずだが、その通りになっている。

<ホルモンの影響で性的志向がかわるか>
・男性ホルモンのテストロテン、女性ホルモンのエストロゲンを含めて、性ホルモンは、われわれの男らしさあるいは女らしさの度合いに非常に大きな影響力をもっている。型どおりに言えば、多くのゲイは女性的な個人的特性をもち、多くのレズビアンは男性性的特性をもっており、このことは、同性愛の発達にホルモンが何らかのかかわりをもつことを示唆している(もちろん、多くのゲイおよびレズビアンは右記のような紋切り型をはねつけるし、逆に、異性愛者の一部にこれにあてはまる人もいる。ときに、偶然よりもはるかに大きなレベルで識別できる「ゲイ探知能」をもつ)ゲイでさえ、おそらく見分けることができないほどになることもある)。

<脳を研究すればゲイが生得的かわかるか>
・大ざっぱに言って、同性愛者の脳は異性の脳に似ているのだと考えるのであれば、性的志向が違う場合には何か別のものも違っているのではないかとい予測の手がかりとして、性によって脳に違いがあるかを検証するのは自然である(人間の体では多くの器官に性差が現れることを考えると、脳に性差がないとすれば、そのほうがよほど驚くべきことだろう)。一つの明白な差は、男の脳のほうがわずかに大きい傾向があることだ。脳の細かい構造についてはどうだろうか。

<「ゲイ遺伝子」の手がかり>
<ゲイ遺伝子が発見されたら、人々はどんな反応をするか>
・同性愛が個人のもって生まれたものである、という考えを受け入れるアメリカ人のパーセンテージは、ゲイ遺伝子についてのハマーの研究以降、劇的に増加している――ギャラップの調査によれば、1982年の17%から2001年の40%まで増えている。

・ゲイ遺伝子の政治学が、いくつかの非常に奇妙な「同調者」をつくりだすこともありえる。こういう場合のことを考えてほしい。自分の胎児がゲイ遺伝子をもっているかもしれないという恐怖に気づいた中絶反対派で反ゲイの女性はどうするか。もしくは、いつの日かおばあちゃんになることを夢見ている、中絶賛成派でゲイ賛成派の女性だったらどうするだろう。こうした女性の中絶手術に対する態度は、同性愛に対する態度を打ち負かすだろうか。

・現在、赤ん坊の性別を選択することを目的とした中絶手術が、いくつかの国、とりわけ中国とインドで頻繁におこなわれている。中国では、一人っ子政策のために、強制的な中絶と女児の嬰児殺しが行われている。性的志向の選別を理由にした中絶が、胎児の性別にもとづいて中絶よりもおこなわれにくいとは考えにくい。もしそうした中絶が日常的におこなわれるようになれば、数世代のあいだに、人口に占める同性愛者の比率が着実に減少しつつあることになっているかもしれない。




『天国の真実』
マシューブック1  マシューが教えてくれる天国の生活
スザン・ワード   ナチュラル・スピリット   2006/10/10



<パートナーシップ>
・(スザン)同性愛のパートナーは、両者が望めばニルヴァーナ(涅槃・天国)でもそのつながりを継続できるの?

(マシュー)そうだよ。同性愛というのは地球ではよく理解されていない。言ってみれば、同性愛は体や物理的側面というよりも、霊の進化の一段階であって、他の身体的あるいは霊的発達段階と比べてとがめられるものでも崇められるものではない。

・それに僕たちは一回きりの人格でなく、類魂だということを忘れてはならない。どの類魂もおそらく肉体、あるいは肉体なしで男性、女性、そして、両性具有の存在として何千回も転生している。

・もし直前の過去世の地球の人生で同性愛者だったら、ここにも同じ状態でやってくる。ここでは体が性的行為をする造りにはなっていないから、同性愛の精神的な側面だけがついてくる。

・地球で猛烈に同性愛を糾弾している人たちというのは、直前の過去世で同性愛者の人格を経験した魂たちなんだ。

(スザン)同性愛は今、地球の歴史上、かってないほど増えているのかしら?

(マシュー)いや、でも有史以来、今はずいぶん人口が増えているから、割合は同じでも数にすれば、増えていることになるね。歴史上、様々な分野で尊敬されている著名なマスターたちは多くが同性愛者だ。

<ニルヴァーナ評議会>
・(マシュー)たいていの場合、評議員たちは地球に何度も転生しているが、必ずしも地球での経験だけに留まるわけではない。

・評議員は男女、そして、両性具有の魂たちの代表だ。それには素晴らしい知恵や知識を持って新たに加わるものもいるし、また霊的進化からいえば、ニルヴァーナを数段超えているのに、あえてこの領域に留まることを選んだマスターたち、また必要に応じて請願されるグレート・マスターたちがいる。グレート・マスターは住人でもなければ体も持たない。彼らの強力なエネルギーは、この太陽系一帯からリラ、シリウス、プレアデスといった地球文明の発展に緊密に関連する星系に瞬間的に移動できるんだ。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・「ノーマルなセックス・パターンや夫婦パターンが世界的に崩れてきているのは、異次元にいる堕天使(異星人)による影響だ」という奇説があるそうです。異次元による宇宙人の「人格転換」が世界的に蔓延している「ゲイ」の原因だそうです。ゲイの先進国のフランスでは「ゲイの結婚」が法律的に認められているとかの動きもあるようです。ゲイの問題は欧米先進国では大きな社会問題ですが、日本では日本的な対応が限界のようです。日本的な「タブー」なのかもしれません。とにかく私たち一般人には、ゲイというのは不思議な社会現象のようです。ゲイを身近に持たないと深刻には考えないようです。

・米国のゲイについてもさまざまなことがテレビなどで報道されているようです。「米国は銃社会で、銃による犯罪や事故が非常に多く、世界一の犯罪者大国(刑務所の受刑者が世界一多い)で、1400万の不法移民が大きな社会問題で、ドラッグ大国で、ゲイ大国でもあり、医療保険が非常に高くて、格差が大きい」という具合で、世界一の超大国も多くの社会問題を抱えているようです。ゲイについても米国では多くの論点があるようですが、私たち一般人は、当然詳しくはありません。ゲイは医学的にも科学的にも専門家でも分からないことが多いようです。

・異星人の人格転換と言うと、精神的に女を男に、男を女にする場合と、男を別の男性の人格にしたり、女を別の女性の人格に転換することができるようなのです。メン・イン・ブラック(黒衣の男たち)で悪名の高いオリオン星人が「人間の魂の交換」をすることができるそうです。オリオン星人は人類に5万年進化しているそうで、その超テクノロジーは想像を絶します。

・クロード・ボリロン・ラエルによると3万年進化しているリラ星人が「人間を実験室で創った」そうです。米国が秘密協定を結んだのがそのオリオン星人だそうです。ちなみに、売れない水彩画家だったヒトラーが、異次元のアルデバランの異星人、ゲルマンの神々といわれる「超人」に「人格転換」をうけたという奇説もあるそうです。「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」という民話がありますが、日本の「山女」も人格転換を受けた「元人間」なのかもしれません。「異人」はオリオン星人だったという説もあるそうです。

・高次元のマスター(大師)もゲイが多いそうです。想像もつきませんが高次元の異星人の世界では、人間界の感情と異なることが多いようです、また雌雄同体の異星人もいるそうで、想像を絶するようです。グレイとか人間タイプの金星人とか空飛ぶ円盤の「目に見える宇宙人」の時代から「目に見えない宇宙人」「目に見えない神々や天使や堕天使」の次元のアセンションの時代に移っていっているのかもしれません。

・インドのヒジュラとか同性愛者への死刑もある刑罰とか発展途上国でも多くのゲイの問題があるようです。日本でも大きな社会の論点にはなっていないようですが、私たち一般人には、不思議なテレビ・タレントが増えているように思えます。確かにゲイは増えているようだ。


***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/07のツイートまとめ
yamadori0250

これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパーコンピュータは1秒間に10の23乗回もの浮動小数演算ができるようになります。:図説…http://t.co/gzODhcRixB #yaplog
10-07 09:07

『これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパーコンピュータは1秒間に10の23乗回もの浮動小数演算ができるようになります。』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/LOrpcCMvp5
10-07 08:59

これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパーコンピュータは1秒間に10の23乗回もの浮動小数演算ができるようになります。 http://t.co/K98T5qf07r
10-07 08:58

これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると http://t.co/dOeZr5a8cS
10-07 08:57

ブログを更新しました。 『これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパ』⇒ http://t.co/ij5oaow83e
10-07 08:54

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパーコンピュータは1秒間に10の23乗回もの浮動小数演算ができるよう http://t.co/rgfs0vwCYs
10-07 08:52

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパーコ http://t.co/U56bl2jroE
10-07 08:52

[exblog] これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパーコンピュータは1秒間に10の23乗回もの浮動小数演算ができるようになります。 http://t.co/YwnaOr5AQz
10-07 08:49

『2014年10月06日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/E7Vvdg8Q5s
10-07 04:56


これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると2055年のスーパーコンピュータは1秒間に10の23乗回もの浮動小数演算ができるようになります。


図説『50年後の日本』   東京大学・野村證券 共同研究
たとえば「空中を飛ぶクルマ」が実現! 
未来プロデュースプロジェクト    三笠書房  2006/6



・この本は、東京大学の15人のさまざまな分野の研究者が、50年後の未来を考え、討論して作り上げたものです。


<核融合発電  月面から持ち帰った資源で行う「新しい発電所」>
・2005年現在開発中の核融合発電は、2055年頃には商業化され、CO2を排出しない主力エネルギー源として誕生するでしょう。
 さらに、核反応において放射能をまったく出さないタイプの核融合技術が開発され、月から採取したヘリウム3を利用することになるでしょう。

<超小型高性能コンピュータ  いまのパソコン機能が「砂粒ひとつ」で>
・2055年には、コンピュータが今まで想像もつかないぐらいの超小型になり、高性能化します。

・これまで通りムーアの法則にしたがってコンピュータの性能向上が維持されるとすると、2055年のスーパーコンピュータは、1秒間に10の23乗回もの浮動小数演算ができるようになります。

・現在のパソコン程度の機能は、砂粒の大きさのチップでできる。

<高密度3次元LSI 極細のトランジスタで「考える糸」ができる>
・LSIは1970年当初には最小の寸法が10マイクロメートルであったのが、35年後の2005年には、0.1マイクロメートル(100ナノメートル)を下回る寸法にまで微細になってきています。
 この進歩は今後も継続し、3次元製造加工技術が一般化します。
 それにより、LSIの処理能力が格段に向上し、小型化します。

<量子コンピュータ>
<21世紀は極限的にミクロな「量子(力学)」の時代>
・21世紀になった今日、科学やコンピュータはじめ、さまざまの分野が
「ニュートン力学」の古典的な世界から「量子の世界」に入ろうとしています。特に情報通信・情報処理の分野では、その動きが激しくなってきています。
 コンピュータの頭脳部分であるLSI(大規模集積回路)の性能は、約2
年で2倍になるといわれています。この「ムーアの法則」に代表されるように、LSIの微細化はどんどん進行しています。
 
・さらに、電子線やEUV(極短紫外線)といった、いうならば写真の焼きつけがより細かくできる技術の進化によって、LSIはさらに小さく、細かくなると考えられます。
 このような「ナノテクノロジー」の勢いはとどまるところを知らず、一つの電子や光子(光の粒)などが、電流や光全体の動きを支配する日もそう遠くないと感じさせられます。
 
・もちろん、このような領域、あるいは「世界」では、動作の原理はニュートン力学ではなく、量子力学です。21世紀は量子(力学)の時代といえるかもしれません。
 
<「量子効果」と「量子コンピュータ」>
・現在の技術革新のスピ―ドがそのまま保たれたとすると、2020年には1つのトラジスタを駆動するのに1個以下の電子しか使えないことになってしまいます。電子がひとつの状態とはすでに「量子状態」なので、これはすでに「量子コンピュータ」といえるかもしれません。
 もしこのような状況になったら、量子効果と呼ばれる、いままでなかった奇妙なことが観測されるでしょう。
・話がむずかしくなりますが、量子コンピュータでは、「量子もつれ(エンタングルメント)」という独特の現象を用いて、量子コンピュータ中のゲート数をケタ違いに減らしています。
 
・その結果、情報処理の速度はケタ違いに速くなります(CPUのクロックスピードが数千ギガヘルツのコンピュータを使って15万年かかる計算が、量子コンピュータを使うと1秒以下で解けるとされる問題すらあります)。
 また、量子を情報の担い手として用いる「量子暗号通信」では、絶対に解読できない究極の安全性が保証されます。
 2055年には、これらが実現していると考えられます。

<「量子コンピュータ」とは?>
・2005年現在、量子コンピュータの研究は、「量子ビット」と呼ばれる「0」と「1」の重ね合わせ状態をベースに研究が進んでいますが、2055年はこれをさらに拡張し、多くの状態の重ね合わせを基本情報とした量子コンピュータに発展しているでしょう。
 
・また量子コンピュータを実現するためには、分子や光子などを何でも使うため、「電子工学」だけでなく、「物理工学」など、複合系の研究が用いられていると考えられます。
________________________________________■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■
・「50年後のコンピュータ」は、ハードの面でもソフトの面でも現在とは想像もつかないような進化をしていると、科学者でもない私たち一般人でも予想します。「ブラジルではサッカーが生活の一部になっている」そうですが、「日本ではパソコンが生活の一部になりつつある」そうです。そしてケータイやスマートフォンは今や若者の生活の一部、ファッションになっているようです。「インターネット革命」といわれましたが、パソコンが個人の生活や社会生活の一部になってきています。個人情報の問題やネット犯罪やサイバー犯罪などこれから被害が大きくなる懸念のある問題もあり、対抗策を考えていかなければならないでしょう。

・米国の「特許戦略」というものがあり、基本特許が独占される懸念もあるそうです。日本の特許件数も相当に伸びてきておりますが、世界的に競争激化が懸念されます。特許による訴訟も金額が巨大になっているようです。米国のように研究開発に人材と資金を大きく投入し特許を獲得し、生産は発展途上国に委託するという工業生産のパターンも、さまざまな理由から変化してきているそうです。日本でも研究開発を中心にし、生産は海外でするというパターンが加速するのかもしれません。

・この本のような『50年後の日本』を予想する「未来学」が日本でも盛んになってくるものと思われます。シンクタンクが人口半減などの未来のシナリオを描き、それに基づいて、会社の戦略やベンチャー投資や国家戦略が組み立てられ、具体的な作戦計画が立てられるようです。技術的な企業の中期計画、長期計画には世界の科学やテクノロジーの進歩が考慮されているようです。この本は2006年に出版されているので、その後の動きはもっと激しいようです。

・近年、「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」とか「リバース・エンジニアリング(逆工学)」ということが言われているようです。私たち一般人は、科学者や技術者ではないので、詳しくは知りませんが、例の秘密基地「エリア51」などのエイリアンのテクノロジーの研究から新しいテクノロジーが開発されているそうです。

・米国政府が秘密協定を結ぶオリオン星人は人類に5万年進化しているそうで「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は、とてつもなく進化しているようです。『ペンタゴンの陰謀』(フィリップ・J・コーソー)に書かれているように、既にエイリアンのテクノロジーが兵器などに応用されているようです。またリバース・エンジニアリング(逆工学)から米国のノーベル賞受賞者が続出するともいわれているそうです。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

10/06のツイートまとめ
yamadori0250

グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配しているこの地球を搾取し人間からDNAを採取していたとしても私たちの政府はなす術なく見てみぬ振りをし:http://t.co/wC2bJlItmN #yaplog
10-06 21:17

『グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配しているこの地球を搾取し人間からDNAを採取していたとしても私たちの政府はなす術なく見てみぬ振りをしている』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/czq0UQBzl1
10-06 21:11

グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配しているこの地球を搾取し人間からDNAを採取していたとしても私たちの政府はなす術なく見てみぬ振りをしている http://t.co/gLySLdEZSE
10-06 21:10

グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配している http://t.co/GoDpAV3Zz2
10-06 21:09

ブログを更新しました。 『グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配している』⇒ http://t.co/YiWDTfhVbV
10-06 20:55

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受けるだろう : グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配しているこの地球を搾取し人間からDNAを採取していたとしても http://t.co/J1zAfinwhq
10-06 20:50

日本は津波による大きな被害を受けるだろう  UFO: グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配しているこの地球 http://t.co/bF41OiOslm
10-06 20:49

[exblog] グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配しているこの地球を搾取し人間からDNAを採取していたとしても私たちの政府はなす術なく見てみぬ振りをしている http://t.co/2r6DvOD6hB
10-06 20:46

第3の矢とは、これから議論されることになる国家中央情報局(日本版CIA)設置である。情報社会はギブアンドテイクが大原則:『危機管理』 定本 我が経験とノウハウ佐々淳行  ぎょうせい…http://t.co/UWJwOMWA9A #yaplog
10-06 16:44

『第3の矢とは、これから議論されることになる国家中央情報局(日本版CIA)設置である。情報社会はギブアンドテイクが大原則』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/ZnhSxp8q5A
10-06 16:36


続きを読む
グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が実質的に支配しているこの地球を搾取し人間からDNAを採取していたとしても私たちの政府はなす術なく見てみぬ振りをしている


『カルト・陰謀・秘密結社大辞典』
アーサー・ゴールドワグ  河出書房新社   2010/10/9




<エリア51、ステルス飛行物体、マジェスティック12、異星人による幽界、神の宣託>



・しかし、エリア51を本書に載せた理由はこの訴訟とは関係ない。今までテレビで『Xファイル』や映画館で『インデペンス・デイ』を見たり、『ナショナル・インクワイアラー』のようなタブロイド版新聞の一面を眺めたり、UFOに関する本をぱらぱらめくったりしたことがある人なら、ご承知の通り、衛星写真のなかに写っているエリア51内部の兵舎、格納庫、飛行場は巨大な氷山の一角にすぎないのだ。

・この区域の地下(いくつかの驚くべき説明によれば、40階ほどあるそうだ)には、墜落したUFOから回収した金属を研究し、この地上で説明することを可能にする最新式のハイテク施設があるらしい。米国政府が時空世界を圧縮して光速より速く移動することを可能にする電磁気学的パルスエンジンや「重力増幅器」などの、宇宙人の技術をかなり前から所有していたと何の疑いもなく主張する人々のなかには、月面着陸は嘘であると言い張っている者もいる。

・エリア51には、宇宙人の死体を解剖した医療施設や、生きている宇宙人を尋問する取調室がある。UFOの研究者のなかには、施設を実際に運営しているのは宇宙人だとほのめかしているものさえいる。グレイ、ノルディック、インセクトイドなどと呼ばれている生命体(異星人)が、実質的に支配しているこの地球を搾取し、人間からDNAを採取していたとしても、私たちの政府はなす術なく、見てみぬ振りをしている、と彼らは主張しているのだ。

・『青ざめた馬を見よ』(1991)の著者で、超陰謀理論家のミルトン・ウィリアム・クーパー(1943-2001)は、UFO、外交問題評議会、『シオンの長老の議定書』、エリア51はすべて同じものの一面だと述べている。

・新世界秩序の陰謀論者は、マジェスティック12だけでなく、一流の科学者が集う独立した秘密結社「ジェイソン」についても触れている。1958年から、この組織は軍事技術を評価するコンサルタントの集団として組織された。ジェイソンは、実際に存在している組織だ。

・実際に、空飛ぶ円盤のファンが、エリア51――具体的にいえば、ハイウェイ375の南西に置かれた距離標識29から30の間にある、伝説の黒い郵便箱に群がり始めた。その場所には、グルーム湖に向かって伸びる舗装されていない道路がある。ボブ・ラザーという名の男性がここで目撃できるかもしれない信じられないものについて人々に語り始めたときから、見物客が現れるようになった。1989年11月、ラザーはラスヴェガスのテレビのトーク番組に出演し、極秘施設S―4で自分が携わっていた仕事について話し始めた。

・その施設は、干上がったパプース湖の近く、エリア51の南約15キロにあり、彼はそこで山腹にある格納庫に収容された7機の空飛ぶ円盤を目撃したのだ。話はそれで終わりではなかった。彼はその空飛ぶ円盤の1機の推進システムの構造を解析する作業を手伝っていたのだ。(彼が「スポーツ・モデル」と呼んでいる宇宙船は、反重力エンジンで動いていて燃料にはかなり不安定なエレメント115と呼ばれる物質が使われていることがわかった。後に、ラザーはこの宇宙船の模型を売り出した)。


 彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)やカリフォルニア工科大学で研究していたと話しているが、どちらの大学の記録にも彼の名前は残っていない。ラスヴェガスに来る前、彼はロスアラモスで働いていたが、上級科学者ではなく技術者で、S-4格納庫やエリア51で働いていたと確証できる記録は何もない。ラザーは、政府が自分の信用を傷つけるため、在職していた痕跡を消したのだ、と反論した。

・1990年には、悪事に手を貸した罪を認めた(彼は売春宿の経理を手伝っていて、盗撮するためのカメラをそこに取り付けていたのだ)。1993年には、映画界に自分の伝記――まず映画化される見込みのない話――を売り込もうとしたが、現在はニューメキシコで隠居生活に近い暮らしをしているが、会社も経営し、車を水素燃料で動かす装置の開発にもいそしんでいるという噂もある。

・もちろん、すべてのスピリチュアリストが空飛ぶ円盤に興味を持っているわけではないし、空飛ぶ円盤の研究者も霊的世界に興味を抱いているわけではない。しかし、このふたつの領域は重なり合っている場合が多い。1970年代にジェーン・ロバーツと交信した4次元の生命体セトはUFOについてときどき述べている。スピリチュアリストのエドガー・ケイシーはケネス・アーノルドが「空飛ぶ円盤」を目撃する2年前の1945年に死亡しているが、伝説の失われた文明アトランティスやレムリア大陸と異星人の間の接触について詳しく話していた。

・エーリッヒ・フォン・デニケンのベストセラーは、古代文明の記念碑や宗教的信仰は、異星人が地球を訪れたことの紛れもない証拠である、と主張している。アセンディッド・マスター(悟りを得た生命体の小さな集団は、人間という姿を超越し、輪廻転生のサイクルを出た後も、地球の出来事に影響を及ぼし続けている、という神智学の考え)の信者の多くは、異なる世界から訪れてきたマスターがいる、と考えている。





『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』
銀河再生も可能   シリウスの超叡智1
パトリシア・コーサ      徳間書店    2011年5月31日



<私たちから見たら、あなた方は未来の宇宙人>
・どうして、最近は宇宙からの訪問者との遭遇についてあまり聞かなくなったのでしょうか?これが秘密になっている背景には、二つの理由があります。まず、すでに説明したように、あなた方はこの事実に対処できないとみなされています。二つ目の理由は、グレイと秘密政府の間で交わされた大々的な交換の取り決めの事実を隠匿することです。すなわち、秘密政府はエイリアンのテクノロジーと引き換えに人間をモルモットとして交換した、という極めて分かりやすい理由です。
 あなた方の政府は、かれこれ50年以上前から(執筆当時)宇宙人と交流しています。

・ほどなくして、“間(はざま)”の次元から、たくさんのグレイが開放され、人類に実験を施す技術者として、あなた方の物質的な次元を自由に歩きまわれるようになりました。代わりに秘密政府は無制限の宇宙飛行に関する基本的な知識、すなわち“回転ディスクの技術”を得て、重力をコントロールする技術を学びました。

・グレイによる個々の誘拐事件と人体実験に対する固定観念を超え、いったん恐怖の外側に歩み出て、彼らの行為を客観的に眺めてみるなら、彼らの宇宙での活動は地球に来る訪問者が実行するとされている行動と、全く同じパターンを描いていることに気づきませんか。

<月への侵入者という姿>
・あなた方が伝えられていないことーどんなことがあっても公にしてはいけないことーは、その宇宙プログラムで、秘密裏に月へも行っていることです。

<あなた方の新たな探検者は最初の有人月面基地を建設しています>
・宇宙からの爆撃と監視に対する防御のために、月面の自然な構造と、おそらくアヌンナキの遺跡の古代ドームの残骸を活用したようです。

<有人月面基地とテクノロジーによる創造>
・たとえば、回転の技術は重力同様に反重力を生むことを可能にし、この技術もまた、月面生活の基本的問題を解決しました。

<重力の制御に成功している>
・彼らは、『エリア51』という軍事施設で設計および製造された円盤型の宇宙船の船団を所有しています。あなた方が、その無邪気さゆえに地球外の宇宙人が乗っていると信じているUFOには、彼ら“人間・宇宙人”が乗って、定期的に宇宙飛行しています。
 それと同時に公的には今では完全に時代遅れになってしまった従来の宇宙旅行の方法論を追及しているのです。

・あなた方にとって不思議な存在でならない地球外訪問者に見える宇宙船は、ほとんどの場合、実際には人間が操縦していることは、まさに皮肉だとは思いませんか。あなた方の表現を借りるなら“一杯食わされている”のは、あなた方のようです。

<権力者たちはグレイゾーンに飛ばされるのに気づいていない>
・ガイアの初期の文明の時代から人類を操っていた存在も、母船である月から“間(はざま)”に飛ばされ、静寂の雲へと難破する運命にあります。そして、そこで宇宙の反逆者として彼らの変容した自己であるグレイとあなた方の表現する“永遠の間”とが容赦なく結ばれます。これがサイクルの終りです。
 結局、“一杯食わされている”のは、あなた方だけではないようです。

・アヌンナキ、グレイ、秘密政府、宇宙の陰謀、遺伝子組み換え、あなた方の現実と私たちが、みなしているものの中で、暗闇の要素のいくつかを私たちは、あえて暴露し、オープンに議論しました。これは、あなた方に必要な情報を提供するためと、何があなた方の内面に恐怖の感情を喚起するかをあなた方に気づかせるためでした。

________________________________________
私が思うこと、聞いたこと、考えること
「アセンディッド・マスター(悟りを得た生命体の小さな集団は、人間という姿を超越し、輪廻転生のサイクルを出た後も、地球の出来事に影響を及ぼし続けている、という神智学の考え)の信者の多くは、異なる世界から訪れてきたマスターがいる、と考えている」とのことですが、私たち一般人は、理解不能の事柄のようです。神や天使が人間界のあらゆる事に関与しているという考えを理解することは難しい話です。しかし、アセンディッド・マスターは存在するようなのです。また金星のマスター(長老)とのコンタクティも少なくないそうです。

・過去60年間、米軍は当然のように宇宙連合とコンタクトして、エイリアンの超テクノロジーを入手して、超兵器を完成しているそうです。また、莫大な宇宙人情報も蓄積していることでしょう。「彼らは、『エリア51』という軍事施設で設計および製造された円盤型の宇宙船の船団を所有しています」ということで、当然ながら米軍と異星人との提携はかなりすすんでいるようです。

・ボブ・ラザーとエリア51の秘密基地のS-4の空飛ぶ円盤の話も多くの書籍で取り上げられており公然の秘密のようになっています。エリア51では7機の「空飛ぶ円盤」があったということのようです。そこでは多くのエイリアンとともに「エイリアン・テクノロジー・リバース・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」が行われて地球製の空飛ぶ円盤が造られているようです。

・30年ほど前には、米国のマスコミも大騒ぎしたエイリアンのアブダクション(誘拐)やキャトルミューテーション(動物虐殺)事件もありました。現代では、メディアも国策に協力して、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』に関わる宇宙人情報の機密は、米国でも官民一体で、今後とも守られるようです。

・5万年進化している異星人が人間の体を異次元移動させて、宇宙船にまで引き上げて、そこでインプラントを施して、記憶を消してベッドに人間を異次元移動させて戻すという超テクノロジーは想像を絶するようです。またインプラントされた人数もかなり多いという説もあるようです。

・「“間(はざま)”の次元から、たくさんのグレイが開放され、人類に実験を施す技術者として、あなた方の物質的な次元を自由に歩きまわれるようになりました」とは、自由に異次元移動やテレポート(瞬間移動)や幽体離脱ができるそうです。「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象」ということで、情報も多くの異星人のコンタクティやチャネラー(霊的交流者)から流れてくるようです。

・昔から「米軍の中に異星人が混じっていた」とも言われ、「異星人情報は米軍から始まって米軍で終わる」と結論できるそうです。恐らく米軍は、『異星航路』に向かい、プレアデスやリラ、シリウスの領域へと進出していることでしょうか。むしろ異星人のイルミナティが地球を逆に管理しているともいわれているそうです。宇宙人が主となり人間が従となるような力関係のようです。「それにしても"一杯食わされている"人々の多い」ことでしょうか。

・米軍の秘密協定の相手がオリオン星人ということで、人類に5万年進化しており「人間の魂の交換」もできるともいわれています。3万年進化しているリラ星人が「人間を実験室で創った」そうですので、進化の程度が格段に違うそうです。またオリオン星人のネガティブ・グループのようです。爬虫類的異星人(レプティリアン)の部下として動いているリゲル人と言う長身のグレイといわれますので、他の異星人との争いやスター・ウォーズも多かったのかもしれません。また米国で暗躍したメン・イン・ブラック(黒衣の男たち)もオリオン星人といわれています。その超能力は凄まじく、異次元を自在に移動したそうです。爬虫類的異星人(レプティリアン)と同じで、オリオン星人やリゲル人も人間化しているのかもしれません。

***********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
(日本は津波による大きな被害をうけるだろう)
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか!?」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」
「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

第3の矢とは、これから議論されることになる国家中央情報局(日本版CIA)設置である。情報社会はギブアンドテイクが大原則

続きを読む
<白鳥座人>出身星座、白鳥座。約1万年前にレティクル座人の影響下に入ったが、後に反乱を起こした。「ラージ・ノーズ・グレイ」のリゲリアン(オリオン座人)とは盟友関係。

続きを読む
10/05のツイートまとめ
yamadori0250

『2014年10月04日のつぶやき』UFOアガルタのシャンバラ 日本は津…|http://t.co/zlo7dbWuTw
10-05 04:56



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR